アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

アニメ「DRAGON BALL」シリーズの作画について語る

この記事は

「DRAGON BALL」シリーズの記事。

はじめに

僕は作画厨でも無いし、調べもせずに曖昧な記憶で書いてます。
なので、間違いもあるかもですが、ご了承下さい。

三大巨匠

僕が好きなアニメーターさん。
「ドラゴンボール」シリーズでは3名います。
それぞれ所感を。

前田実さん

「Dr.スランプ アラレちゃん」~「ドラゴンボールZ」第199話までのキャラクターデザインを担当。
初代鳥山アニメ・メインアニメーターですね。
その腕前は別格でした。
やや横顔にクセがあるんですが、鳥山先生のタッチに近い絵を描かれる方。

特に「ドラゴンボール」を見てると、氏の上手さがはっきりとします。
時折、滅茶苦茶上手い回があって、作監を確認すると必ず前田さんなんですよね。
50話とか凄く好き。

映画のアニメコミックスで、前田さん作画のポスターがくっついてましたが、それ見ると「ああ超うめぇ」って感想しか出ません。

中鶴勝祥さん

「ドラゴンボールZ」第200話~「ドクタースランプ」(山室さんと共同)のキャラクターデザインを担当。
ドラゴンボックスとか「トルネコ」とか担当していて、鳥山先生のタッチに最も近いと個人的には思っている。
中鶴さんが描いた「GT」のデザインボードを見た鳥山先生が「僕の描いた絵かと思った」的な事を「週刊少年ジャンプ」誌上で言われたのは今や伝説ですね。

「ちょっとだけかえってきた Dr.スランプ」とか「貯金戦士キャッシュマン」見て下さいよ。
いや、今や絶版になってるから見れないかもだけど…。
書き文字まで鳥山先生そのもの。
マジ上手過ぎる。
f:id:nuruta:20180313231247j:plain
確か前田班出身だったと記憶しています。
「ドラゴンボール」の頃から、前田実さん作監回に作画としてクレジットされていた…と思う。

取り敢えず「ドラゴンボールZ」44話を見て欲しいです。
氏が「Z」で作監をされたのはわずか2話ですが、そのうちの1話がこれ。
前後の回との作画レベルに差があり過ぎて、普段が作画崩壊してるかのように錯覚するまである。

山室直儀さん

「ドクタースランプ」(中鶴さんと共同)と「ドラゴンボール超」のキャラクターデザイン。
「Z」映画の多くでキャラデザ・総作監、「復活の『F』」では監督を務めていますね。
漫画では、「ドクタースランプ」を担当。

進藤満尾班出身で、「Z」から作監になったのかな。確か。

個人的な印象では、「鳥山先生の絵を忠実にアニメ絵にした」という感じ。
上手いことは間違いない。
凄く似てる。
ただ、「アニメの絵」なんですよね。

鳥山先生のわざと雑にしてる部分まできっちりと再現するのが前田さん、中鶴さん。
綺麗な線に修正するのが山室さん。
そういうイメージ。
イメージ。

「現役の」アニメーターでは、トップですよね。
一番安心して見られます。

他、好きな作監。

増永計介さん。
「Z」後期から参画。特に「魔人ブウ編」での印象が強いです。

佐藤正樹さん。
「Z」64話はネットでも話題になるほどですね。
個人的には「SLAM DUNK」の人。(アニメ「スラダン」キャラデザ)
f:id:nuruta:20180313235441j:plain

袴田裕二さんとか島貫正弘さん青嶋克己さんとかも割と好きでした。
特に青嶋さんは、一人原画されていたので記憶に残ってますね。

シリーズ毎の雑感

何度も何度もくどいですが、個人的所感を。
シリーズ毎に括ると、一番作画が良いと思うのが「GT」ですね。
特にエンディングの「Blue Velvet」時の映像が異常。
www.youtube.com
映像の後半に「鳥山先生の原画らしきカット」が連続して続きますが、ここどうなってるんでしょ。
東映アニメーションってエンディングクレジットで「誰がエンド映像を作ったのか」明記しないので分からないんですよね。

元の鳥山先生の絵は存在してるから、それをそのまま使ってるのか。
アニメーターが元のイラストから原画を起こしたのか。
どっちなんだろう。

僕はずっと後者だと考えてました。
それ位の技術力を有したアニメーターが揃っていると思ったから。
昔カードダスの1つに「ビジュアルアドベンチャー」というのがありました。

鳥山先生のイラストをセル画で再現したものです。
悟空の道着の色とか当時のアニメでは再現できなかった部分も、忠実に再現。
僕が知る限り世界一クオリティの高いシリーズなのですが、こんなことが出来る位なのだから、可能なのかなと。

という訳で、全てアニメーターが描いていると考えてのセレクトでした。

話を戻して、以降シリーズ毎に作画レベルを僕なりに並べると、
「Z」後半(ブウ編)>>「DB」>「Z」前半
って感じですね。
やっぱり海老sげふんげふん。内yげふん。
……まぁ、作監のレベルも高低あったということで…。

「超」は……………。
後半(未来トランクス編あたりから)は大分改善されてましたよね^_^;

終わりに

なんで今の時期にこんな記事書いたかというと、映画「超」のメインスタッフが発表されたからですね。
まさか山室さんが外れるとは…。
作監は、新谷直大さん。
Wao. 存じ上げない。
参った。
ざっと調べたら、「DB」シリーズ初参加なのかな?
どういった絵を見せて下さるのか。
楽しみに待ちたいと思います。