アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「金田一37歳の事件簿」を読んで、「金田一」シリーズの展望を予想する

この記事は

「金田一」シリーズの展望予想です。

はじめに

最初タイトルを知った時は、誰得だよと本気で想いました。
37歳なんてくたびれたオッサンにして、なんてことしてくれたんだと。
その想いが本編を読んで氷解したので、記してみます。
f:id:nuruta:20180124125801j:plain

「金田一37歳の事件簿」

外見が殆ど変って無くて安心したw
本当によれよれのオッサンになってたらどうしてくれようと思ってたから。
ただ、美雪と結婚してないとか、サラリーマンになってるとか、色々と気になる事があって…。

中でも一際気になったのが「俺はもう謎は解きたくないんだ」の一言。
一見ギャグ調で処理されてるものの、美雪からのLINE(風)メッセージを見ながらの呟きには、シリアスな意思が込められていました。

「美雪が心情を理解出来る場面で、謎解きをしたくないと思うような事件があった」。

それは、はじめが大人になってからではないでしょう。
暫く事件に遭遇してない様な感じだったから。
美雪が側にいないから。

恐らく、高校生時代に「何か」があった。
だから、その事件は、「金田一37歳の事件簿」では語られない。

再び事件に向かう情動を描くことが「金田一37歳の事件簿」の核になりそうです。
そんなはじめが向かったのが、かの歌島。
三度陰惨な事件が起こった島に4度目の来訪を果たしたはじめ。

でっかく「歌島リゾート殺人事件」編開幕のアオリ文句は身震いを禁じ得ませんでした。
震えたね。
はじめを奮い立たせる惨劇が、謎が待ち受けているかと思うと、楽しみで仕方ありません。


ではでは、高校生時代の「何か」は描かれないのか?
僕は折を見て、必ず描かれると踏んでいます。

「金田一少年の事件簿」

「週刊少年マガジン」にはじめは帰ってくる。
「R」最終回でそのようなことが書かれてましたが、文字通り帰還するものと踏んでいます。

何故なら、高遠絡みの伏線が回収されて無いからです。
彼が実父の遺した奇妙な建物群を巡っている理由、その先にある事件がいまだ未回収であり、高遠との決着は、はじめの悲願です。

流石に20年もこの平行線に決着がついてないという訳ではないでしょう。
それに、未だ未解決なら、はじめが諦念しているとは考えられません。

「37歳時点で、はじめが謎解きを放棄してる時点で、高遠との因縁に決着が着いている」証左になるのかなと。

ならば、自然と「高遠との決着」そのものが「はじめが謎解きを辞めた直接の理由」になる気がします。
その為の事件が、「マガジン」で「金田一少年の事件簿」のタイトルで描かれるんじゃないでしょうか。

「金田一くんの冒険」

一方、はじめの小学生時代を追っている本作。
青い鳥文庫で小説という形式で続刊が示唆されているこのシリーズでも、なんらかの仕掛けがあるのかなと予想してみたり。

例えば、高遠の父との「邂逅」。
彼が残した館にはじめ達が迷い込んで、悲惨な体験をする…。
そういうことも考えられますし、そこにシリーズに繋がる伏線が張られるかもしれません。

「金田一37歳の事件簿」と同時期にスタートした企画です。
同作に繋がる仕掛けがあると見ても、疑い過ぎという訳じゃないでしょう。
勿論、読んでなくても問題無い程度の伏線の可能性は大きいですが、ファンとしてはきっちりと捕捉しておく必要がありそうです。

終わりに

「金田一37歳の事件簿」でばらまかれた謎。
これは「小学生」、「高校生」、「サラリーマン」とはじめの半生を貫く謎になるんじゃないかな。

シリーズの新たな試みとして、ただ事件の謎を解く訳じゃない、はじめの物語が始動した。
そんな気がしました。