アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

これ以上一般に薦めにくい漫画は無い「金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿」

この記事は

「犯人たちの事件簿」1巻の感想記事です。
ネタバレあります。

はじめに

SNSで話題らしい「犯人たちの事件簿」を購入しました。
装丁・ロゴ、作者メッセージまで隅から隅まで初期シリーズのコミックスを踏襲していて、見てるだけで懐かしくなります。
「金田一少年」と云えば、やはり初期のこの装丁が一番好きだな。

さて、感想に入ります。

感想

究極のファンブックと言って良いでしょう。
「金田一少年」を知らないと、多分面白くもなんともないという意味でwww
犯人視点なので、当然本編を読んでる事前提の為、読者層が限られます。
本編を全く知らない人からすると、何が面白いのかさっぱり分からないんじゃないかと思う。
そんな訳だから、1つの漫画作品とすると、ちょっとなぁという感じ。

ただ、僕としては本編を知ってるので、「くだらないな」とくすくす笑える作品になってました。
SASUKEのシーンは腹抱えましたが。
f:id:nuruta:20171119221250g:plain
本編既読前提という意味では、初期シリーズのみをパロディ化していく流れが良いんじゃないかなと。
いや、だって…ファンとしては言いたかないですけれど、とっくに旬は過ぎてる作品なので。
「金田一少年」は。
一時は初版100万部をゆうに超えていたとか、今の子は知らないんだろうなぁ…。
年間売上1位だったこととかもあるんだよなぁ。知らないんだろうなぁ。
悲しい。

今後の要望

全くオリジナルのシリーズを立ち上げられるようになると、凄く幅が広がると思うのですよ。
目指すは「星見島 悲しみの復讐鬼」ですね。
あれのパロディ版。

セガサターン(って知ってますか?)で発売されたゲームソフトで、プレイヤーは犯人として、ターゲットを次々と殺していくという斬新なゲーム。
当然はじめに推理で追いつめられたらバッドエンドです。

ニコニコ動画に実況動画が上がっていますので、お暇な方は見てみて下さい。
凄く面白いです。
コメントが(笑
「犯人視点で見ると、金田一が怖すぎる」とか名言が飛び交ってますw
dic.nicovideo.jp

求めるハードルがかなり高いですが、オリジナル作品には期待したいです。

画力

あとは、そうですね。
基本的な画力を上げて欲しいかな。

さとう先生の連載当時のタッチの再現は、表紙とか見てお分かりのように、結構似てます。
細かい部分になると素が出て、似なくなるんですが、大コマとかは再現率高いです。

でも、絵はあまり上手とは言えないです。

連載と共に画力の向上も望みたいですね。

終わりに

絵が上手くなって、オリジナルが展開できるようになれば、読者層を広げられると思うのですよね。
ただのファン漫画として終わるんじゃなくて、誰にでも薦められる漫画として今後変わっていってくれると、僕としても面白い展開になるので期待したいところです。

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (週刊少年マガジンコミックス)

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (週刊少年マガジンコミックス)