アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「ポケモンGO」歩行距離ごとにレアポケモンが現れる仕様とかどうかな

この記事は

「ポケモンGO」のプレイ日記。

はじめに

こんにちは。
今年もクリスマス、なにそれ?って感じで普通に過ごしたnurutaです。
僕は毎日ポケGOをやって過ごしています。
なので今日もプレイ日記を書いてみます。

楽しい

ポケGOが楽しくて仕方ありません。
僕の場合対戦とかは特に興味が無く、ひたすらポケモンを集めることを主眼に置いている為、第三世代実装はとても嬉しいニュースでした。
第二世代までは一通り集め終わっていて、暫くやっていなかったので尚更です。

今月22日からは、水・氷タイプのポケモンも追加され、増々面白さに磨きが掛かってますね。
水タイプのポケモン、全然出て来ないですけれど。
f:id:nuruta:20171224222458j:plain
さて。
第三世代が追加されて、なんか変わったなと思うことがあります。
これまでは、どれだけ歩いてもレアリティの高いポケモンには全然会えなくて、イベントや卵に依存していたのですが、歩けば歩いた分だけレアリティの高いポケモンに遭遇するようになったのです。

具体的に言えば、ラルトスとナマケロですね。
ここのところ、毎日5キロ前後は歩いてるのですが、どちらのポケモンも最低1体は捕まえる事が出来ています。
22日以降は、これらに追加して、まるで出て来なかったアチャモとミズゴロウもよく見かけるようになりました。
4体ともレアリティでいえば、Bランク。(Sが最高で、上から3番目のランク)
Bランクのポケモンなんて、1000キロ歩いて3度お目にかかれば良い方だったのに…です。

天気システムのお陰なのかもしれませんが、これはとても良い傾向です。
別の記事に書いた事ですけれど、ゲームというのは基本的に努力が報われる仕様になっています。
シュミレーションゲームとか一部例外こそあれ、基本はやればやるだけ上手くなったりしますよね。

ところが、ポケGOは違いました。
どんだけ歩いても、完全に運任せ。
またはサーチアプリという反則とも言えることをしないと、レアポケモンには出会えない仕様でした。
努力をしてもなかなか報われない仕様だったんですよね。

それが一転して、歩いた分だけ報われるようになった。
若しかしたら今だけなのかもしれませんが、これが永続してくれるならこんなに嬉しいことはないんです。
で、出来れば続いて欲しい。
現在Sランクに区分されているハスボー(2弾進化するのに、Sランクとか大概ふざけてると思うの)やヒンバス。
400ものアメを集めないといけないのに全く出て来ないBレア・ホエルコなどなど。
現時点においても影も形も見えないレアポケモンも、歩いた分だけ出会える可能性を高めて欲しいのです。

歩行距離ごとにレアポケモンが現れる仕様

要するに「卵のシステム」を取り入れて欲しいのです。
卵は、そのレアリティごとに2キロ、5キロ、10キロの3タイプに分かれます。
それぞれ孵化装置に入れて規定距離歩くと孵化し様々なポケモンが生まれます。
距離数の長い卵ほどレアリティの高いポケモンが生まれる可能性があり、僕らはその結果に一喜一憂してる訳です。

これを野生ポケモンにも適用して欲しいのです。
2キロごとにそのレアリティに応じたポケモンが現れたり。
10キロ歩けば、A~Sレアポケモンが現れる確率が上がったり。

ゲームシステム的には可能だと思うのです。

このゲームには、お香というアイテムがあります。
使用すると30分だけ野生ポケモンの出現確率が上がるというものです。

通常野生ポケモンは、全プレイヤーの端末に等しく出現しています。
どのプレイヤーも同じ場所にいけば、同じポケモンに出会える訳です。

しかし、例外があって、それがお香を使った場合です。
お香で呼び出された野生ポケモンは、そのお香を使っているプレイヤーの端末にしか現れません。
つまり、2人のプレイヤーが同じ場所でプレイしていても、お香を使っているプレイヤーと使ってないプレイヤーでは、現れる野生ポケモンが異なるということです。

これは「プレイヤーごとに出現ポケモンを操作できる」ことを意味します。
プレイヤーAが5キロ歩いてBポケモンが出現しても、他のプレイヤーには、そのBポケモンは現れない。
歩行距離ごとに(レア)ポケモンが現れる仕様は可能なんじゃないでしょうか。

もし実現すれば、努力すればするほどレア度の高いポケモンに出会えるようになる。
ゲームとして一層やりがいのあるものになります。

終わりに

散々文句を言っていた伝説レイド。
結局はこれも努力すれば報われる仕様だとようやく気づいたのです。

地元で取ろうとするからいけなかったんですよね。
人が集まらないで、勝てない。
奇跡的に人が集まって勝てても、ゲットチャレンジで失敗する。
故に取れない。

そうじゃなくて、努力しなきゃなんですね。
人のいっぱいいる都市まで赴く。
僕の場合、横浜駅とか川崎駅。
そこまで行くと、人がいっぱいいるから、レイドも集まる。
伝説ポケモン相手でも楽に勝てる。
楽に勝てるから、ゲットチャレンジにも何回もチャレンジできる。
そうして、何度目かのチャンスでゲットできる。
f:id:nuruta:20171224222523j:plain
そうしてチャレンジした対グラードンは、6戦6勝、3体ゲット。
半分の確率でゲットできました。

楽してはなにも出来ない。
努力(?)は実を結ぶ。

なら、もっと形として努力した結果をみたい。
歩いた分だけ、レアポケモンに出会える可能性があれば、もっと楽しくなる。
僕はそう思うのです。