アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「Wake Up,Girls!新章」 変わってしまった"雰囲気"の話

この記事は

「Wake Up,Girls!」の記事です。
ネタバレあります。

監督交代の影響

監督交代の影響ってやっぱりあるんだなと実感しながら、新章を見ているnurutaです。
こんにちは。


先ず最初に言っておきたいのは、前監督ですね。
お願いですから、裏のゴタゴタをわざわざ公表せんで下さい。
萎えます。
裁判でもなんでも好きなようにすればいいですけれど、裏でやっててほしいですね。

閑話休題。
「WUG」の雰囲気が変わっちゃったねという話です。

WUGらしさって何だろう?

nuruta.hatenablog.com
この記事で僕の思うことを言及したんですが、素人くささがWUGなのかなと。
これを作中のアイドルグループである「WUG」ではなく、アニメ作品の「WUG」に当て嵌めると、そうですね。
前作までの監督の言葉を借りましょうか。
「美少女動物園」。
萌えアニメを皮肉った言葉でしたっけ。
これの反対を行っていた作風だったなと。
作中で自らネタにしてましたけれど、アニメ的・漫画的シチュエーションを悉く排除した生っぽさがあったんですよね。
キャラクターに可愛さは求めずに、出来る限りリアルなアイドル像を映していくような。

良くも悪くも、その雰囲気が好きだったんですよ。

作画は確かにお世辞にも良いとは言えなかった。
BDで改善してたし、新劇場版は凄く良かった。

作画面の萌えなさもあってか、キャラクターに萌えるようなことは見た目かもらも無く、雰囲気からもそういうのは排除していたのかなと。

それが新梢に入って、スタッフが一新されて。
普通の"アイドルアニメ"を目指す指針に変わったのかなと見ています。

キャラデザの変更が象徴的。

象徴的なのがキャラデザインの変更ですね。
前作よりも萌えを意識したような見た目に変わりました。
演出的にもキャラの可愛さを見せるような感じになってますし、全体的に雰囲気が変わったなと。
f:id:nuruta:20171025210226j:plain

とはいえ。

悪いって言いたい訳ではないです。
前作TVシリーズに比べれば作画は丁寧だし、ライブシーンもCGを導入した結果、しっかりと描くようになりましたしね。

このシリーズを以て、WUGがどんなアイドルになるのか。
そこに着目しつつ、見守っていきたいです。