アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「アクションヒロイン チアフルーツ」が今期で一番面白い

この記事は

「アクションヒロイン チアフルーツ」の記事です。

6本も見てるよ。

こんにちは。
昨日参加者さんのお陰でファイヤー捕獲チャレンジまで進めたものの、あっさりと取り逃したnurutaです。
ちくしょう。
伝説はやっぱり諦めよう。

今回は、「ポケモンGO」の話では無く、今期アニメに関してです。

今期は6本の作品を視聴していますが、今のところ、「アクションヒロイン チアフルーツ」が一番面白いですね。
(時点は「ゲーマーズ!」)
視聴前の予想を良い意味で裏切ってくれています。

感想

構造自体は、「ラブライブ!」シリーズと同じなんですよね。
学校の廃校阻止が地元活性に置き換わっているだけで目的を同じとし、スクールアイドルがご当地ヒロインに置き換わっているだけ。

ただ、「ラブライブ!」よりももっとリアリティを持っている。

「ラブライブ!」シリーズは、きちんと努力も失敗も見せてるし、仮定をきちんと描写しているのだけれど、現実感はありません。
高校生が見栄えの素晴らしい衣装を揃え、オリジナル曲で振付も自分達で作りあげて、「現実世界で商品として成り立つ」音楽を発信している。
これはもうリアリティがあるとは言えません。

どんなに作曲できる子がメンバーに居るからと言っても、そこにはプロとアマを分ける大きな隔たりがあってしかるべきであり、「ラブライブ!」はそういった壁を易々と乗り越えています。


こういった作劇を良い悪いで判断してしまうと話がそれてしまいますし、何よりそこに正答はありません。
「ラブライブ!サンシャイン!!」を愛する僕としては、全然気にならないし、悪いとも思ってない。

ただ単に作劇上の演出であって、「アクションヒロイン チアフルーツ」はその辺しっかりと地に足を付けて描いている。
これがこの作品では成功しているのかなと。


衣装を作るのにも予算の話が出て、振り付けもプロがやっている。
アクションは地道な稽古シーンを入れる事で補い、(新体操やっていてある程度運動神経が良いという設定もこれを補強している)ショービジネスとして成功するまでの過程がしっかりと描かれている。
やや古いのかもしれないが、努力が報われる様をしっかりと描いていくドラマには見応えがあります。
f:id:nuruta:20170805230004j:plain

第1話が面白かった

僕が今作に惹かれたのは、1話を見てから。
美甘が陽菜野市にやってくる予定のカミダイオーショーの中止で落ち込む妹・柚香を元気づけるためにカミダイオーを見せると言ってしまい、悩んだ末に杏に持ちかけて手作りのカミダイオーショーを開催しましたが、この「手作り感」がとても良かったのです。

動機も良かったのですが、なにより、一生懸命素人ながらも妹の為に努力するという直向きさが良いなと。
ここで、プロも顔負けのショーを開催してたらまた違った感想を持ったのでしょうけれど、素人の女の子2人が一生懸命頑張ったというのが伝わってくるレベルだったのが、逆に良かったのです。


以降も、このノリをしっかりと引き継いで、直向きに努力する様子が楽しいのですよね。

終わりに

短い記事となりましたが、今回は以上です。
拙い文章に最後までお付き合い頂きありがとうございました。