読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「君の名は。」のメガヒットは深夜アニメの認識をガラッと変える好機

この記事は

君の名は。」を切り口にした記事です。
オチは受け狙いでは断じてありません。

予想外の超大ヒット

君の名は。」が空前のヒットを飛ばしています。
興行収入は100億を軽く超えて、現在179億円。
もうすぐ200億に届こうかという勢いです。
洋画含めても200億以上を記録したのは過去に4作品しか無いと言えば、この数字がどれほど偉いことなのか伝わるでしょうか。
いや、「伝わるでしょうか」と書いている僕自身映画業界ともアニメ業界とも何の繋がりも持ってないただの一般人なんですけれども。

作品自体は2度鑑賞しましたし、BDは速攻で予約することでしょう。
外伝の小説も読んで、凄く好きな作品だと胸を張って言えるのですけれど、公開当初は正直20億も行けば大・大・大成功だと思っておりました。
というか、何故に東宝はこんな大規模公開に踏み切ったんだろう?勇気あるな位思ってましたよ。
ド素人が失礼にも。
それが圧倒的な初動を叩き出したかと思えば、その初速を9週間も維持して連続1位。

分からない物だなと。

さて、では何故僕は「興行収入20億上限」と考えたのか。
作品が、「深夜アニメの延長線上にある」と言う風にしか見えなかったからです。
いや、正確に言えば今でもその認識は間違っていないと思っています。

キャラデザ的にも、監督の経歴的にも。
深夜アニメの型に嵌められた作品であるなと。
そうすると、深夜アニメの劇場版の上限が20億前後にあり、その辺りが着地点ではなかろうかと踏んでみたのです。

それがこうも大きく外れるとは。
世間的にも深夜アニメが受け入れられる土壌が形成されつつあるのかなと。

キャラデザ

ところで、世間では新海監督や「バケモノの子」等の細田守監督を宮崎駿監督の後継者に位置付けて「ポスト宮崎駿」などと評していますが、それは違うだろうと常々思っているんです。

勿論ジブリ作品のように「国産アニメ映画」で「コンスタントにヒット作」を作り続けて欲しいという意味合いでの後継者であるならば否を唱えません。
事実細田監督は、「時をかける少女」以降3年おきに新作を発表。
観客の裾野を徐々に伸ばし、最新作の「バケモノの子」は興行収入58.5億円を記録。
興行面で言えばジブリの歴々に並ぶ作品を何れ生み出しそうな気配だってあります。
こういった興行面としての後継者という意味では無く、作風に関して言えば全然違うよねと。

アニメに深く染まった僕等からすると忘れがちな事ですが、一般人*1はキャラクターの見た目を何よりも重視するようです。
キャラの顔で、見るかどうか決まってくると。

有名な逸話は、「けいおん!」でしょうか。*2
2期制作にあたり、「普段アニメを見ない人にも見て貰いたい」という一心でプロデューサーからだったかな。
キャラデザである堀口さんに注文が掛かったそうです。
顔や眼の大きさを小さくして欲しいと。
f:id:nuruta:20161114154600j:plain
ファンの間でもキャラデザが変わったと言われてますが、意図的に変えられていたんですよね。

このように眼の大きさで、「オタ向き」か「一般向き」かが線引きされるというと、大げさでしょうか。
流石にそれが全てでは無いけれど、比重的には重め。

そこで、「風立ちぬ」、「バケモノの子」、「君の名は。」を比較。
f:id:nuruta:20161114155622j:plain
眼の大きさから、このようになるのかなと。

君の名は。」の田中将賀さんのキャラデザがウケたのが大きいんですよね。


とすると、源流はジブリでは無くて、深夜アニメの「あの花」になると思うのですよ。
長井龍雪監督の「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(10.4億)⇒「心が叫びたがってるんだ。」(11.2億)ときての「君の名は。」。
この流れとは別に細田作品の「おおかみこどもの雨と雪」までの貞本義行さんがオタ向けと一般向けの垣根を徐々に崩してきたのも大きいのかもしれない。

まとめ

アニメに抵抗感の少ない現代の若者には分からない感覚でしょうけれど、団塊の世代
僕らの親世代のアニメに対しての考え方って酷く偏ったものがあります。

特に深夜アニメを嫌悪すらしてる節が未だにあります。
画を見ただけで「気持ち悪い」って言っちゃう世代。

恐らくなのですが、親世代の深夜番組がアダルティックな「子供に見せられない番組」が多かったのが根源にあるんじゃないかな。
深夜番組ってそういうものっていう認識は誰しもが持ってるでしょうし。
(近年は深夜と言えどという風潮になって、そのような番組自体根絶されてしまったのがなんだかな~って)

確かに、「子供に見せられない表現」を多用した深夜アニメはあります。
けれど、それだけじゃないですよね。

様々な理由から止む無く深夜枠で放送しているというだけで、子供に見せても問題無い、一般に広く見てもらいたい作品はいっぱいあります。

キャラデザによる抵抗感は、「君の名は。」を見る限り、かなり薄くなってきてる気がするのです。
これまでアニメを見なかった人たちには、これを切っ掛けとして多くのアニメ作品に触れて頂きたいものです。

あわよくば、このブログがその僅かでも一助になれたらなと思い、個人的にオススメを最後に紹介して終わりとしますね。
オリジナル作品で、しっかりと物語が完結している作品。
SHIROBAKO」とか紹介したいのですが、初心者へのオススメとしては、やっぱりこれかな。
f:id:nuruta:20161114162113j:plain
「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」

まっすぐゴー!!!

ふざけてません。クソ真面目でお勧めです。

*1:ここではアニメを然程見ない人という意味

*2:ソースが見当たらない。かなり前にどこかで見た話ですので、詳細違うかもです。すみません