読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第47話:感想

この記事は

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第47話の感想記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」第47話「Bright future〜ありがとう〜」 感想

ララを元に戻す事が喫緊の課題…!!
だと思ったら、あら。
自然に戻るのねw
てっきりデビルーク王が小さいままなので、元には戻らない程の一大事かと考えてましたが。
「王ほど重症ではない」らしいので、案外数回後には当たり前のように元の姿になってるのかも。

さて今回は「ダークネス編」のエピローグ。
ヤミが迷惑かけた人々に謝って回るお話。
美柑が綺麗に纏めてくれてました。
「またこうして二人でたいやき食べてる それで…いいじゃん?」
モモが「過ぎた事」と言っていた事を受けての台詞とはいえ、懐が深いというか。
実際に被害に遭った子達も一様に「いいから気にしないで」と言い、ララも同様のリアクション。
リトに至っては「ハレンチしてしまった事」を逆に謝るという。

このように彩南町の人々の姿勢がこの漫画の世界のスタンダードかというと、そういう訳では無いようで。
そりゃそうですよね。
僕からしても彼らの懐の深さというか、何でも受け入れ許してくれる姿勢というのはちっとばかし"異常"に思えますもの。
こんな「(ヤミら兵器から見て)良い人」達はそうそう居ない。
居たらおかしい。
実際「そうそういない」からこそ、此処での生活をヤミもメアも選択した訳ですしね。
彩南町の人々は、この漫画世界に於けるレアケースと見做せます。
この事を分かり易く思い起こさせてくれたのがザスティン達でした。
ほんの些細な描写でしたが、ザスティン達のような「終わった事はもう良いじゃん」では済まさない「一般的な反応」を入れ込む事で、余計に彩南町の人々の"特殊性"が感じ取れました。

なんだか1話使って改めてじっくりと「兵器が戦場以外で生きて行ける街」を印象付けられました。

さて、ツンデレっぷりを久々に見せたヤミ。
これを見ていたメアは、どう動くんでしょうね。
流れから自分がリトを落としに行くってことじゃないんだろうな〜。
ヤミの恋路を応援する側に回りそう。
とにもかくにも、メアもまた彩南町に腰を下ろす事を決めて、ネメシスと正式に袂を分かちました。

まだまだいるというネメシスの次なる下僕ってどんな娘なんでしょうね。
(勝手に女の子と決めつけてますがw)
近いうちに新キャラが登場したら、その子は間違いなくネメシスの下僕さんですね(笑

終わりに

「とらダク」の感想はこの辺にして、最後にちらっと。
「終わりのセラフ」TVアニメ化おめでとうございます!!!
是非。是非。是非にシノアの声はVOMICと同じにして下さいませ。
VOMIC聞いてないのに、声優が豊崎さんと知って以降、脳内再生余裕でしたからwww
絶対合ってるって。
他に適任者はいませんからあああああああ。



まあ、VOMIC版の声優がそのままアニメ版に引き継がれた事例って殆ど無かったと記憶してるので、ほぼ間違いなく変わっちゃうんでしょうけれど…。
変わらなかったら嬉しいな〜。