アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「週刊少年ジャンプ」 2012年第33号 感想

この記事は

「週刊少年ジャンプ」2012年33号感想記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「SKET DANCE」 第241話 スイッチ・オン①

伏線回収やっとこさ来た〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
長かった〜。
「スイッチ・オフ」って何話でしたっけ?あの続きが5周年を迎えてようやく開始。

スケダンの長編って正直あまり面白いのって無くて、今回もまた鬱鬱とした話になりそうなのですが…。
今回の導入は凄くワクワクします。
3人が出会って、スイッチが救われるのが確定しているからかな。
絶対盛り上がると想っているし。

あ、そうそう。関係ないですが、アニメのボッスン過去編は泣きました(笑)
声優さんの演技とか演出とか音とか。もうそういうので心揺さぶられてしまいましたw

「ONE PIECE」 第674話 "傍観者達"

あ〜にゃるほど。
ガスは確かに気体の事ですからね。
空気を操って窒息させていたと。

対抗策としては…。
事前に息を止めておく事ですかね…。
まぁ、これは長時間持たないし、自殺行為かな。

となると、ヒントはやはり錦えもん…というより体が分かれていたという事実。
つまりはローの能力ですかね。
顔をシーザーの能力の届かぬ範囲外に退避させておけば、窒息させられる事は無くなります。
これで何とか戦う事は出来そう。
窒息なんてさせられたら、流石に誰も適わないですしね。


首の無いルフィ達とガス人間の壮絶なる戦闘シーン。
想像するだに不気味な戦いになりそうですが(汗

「タカマガハラ」 第二回 神業

ネット掲示板とかで、カルト的な人気になる作品になるかもですね。
顔芸の面白い作品として…。

「黒子のバスケ」 第173Q やめとけよ

これは本当に予想外でした!!!この展開は素直に面白いと言わざるを得ません。
本当に申し訳ありませんでしたと言う感じです。
黄瀬がバスケで勝ったのは本当に嬉しい事。
その後で青峰に喧嘩でも負けるとは…。
灰崎がこんな使い捨てキャラだったとは…。
いや〜面白かったです。

「ニセコイ」 第34話 ツイセキ

やってる事は非常に古典的な王道展開なんですけれどね。
今回のデートを尾行というのも「ラブコメ作品」にはつきもの。
で、尾行されている事をデート相手が気付いているというのも定番。

という事で、万里花が「10年前の真相をすべて知っている」というのも嘘の可能性がありますよね。
これを餌にして、楽と千棘を別れさせるのが本当の目的なのでしょう。

これに釣られて、楽が別れる事になったら大成功。
自分に有利となる適当な嘘で固めた「真相」を話して、それで終わり。
過去を忘れている楽が嘘だと気付く可能性は限りなく低いですからね。

また、楽が即答せずに悩んだ態度を見せても、先ずOK。
近くで聞いている千棘を疑心暗鬼にさせ、2人の仲を気まずくさせる事になるから。

まぁ、本当の恋人で無い2人が、それでどこまで気まずくなるのかは分からないですし、それは万里花も知らない事なので計算が狂う可能性もありますが。

兎も角。
楽は即答で断らないとダメと言う事ですね。
楽が今回のめだかと同じ事が出来るかどうか。注目です。

「ハイキュー!!」 第21話 エースへのトス

軽く泣いた…。
感動する。
あまりにも良過ぎても感想って出て来ないものですね。
感動した。
もうこれだけでいいやとなります。

「暗殺教室」 第3話 サービスの時間

ハンディキャップの所、笑ったw
器が小さい部分とか最高でしたw

「恋染紅葉」 シーン11 ドキドキした

前から思っていたのですが、紗奈って前髪下した方が良いですね。
初期の髪型より、今のが良い…。
それはさておきまして。
ラブコメとして段々面白くなってきましたね。
由比の存在が次第に大きくなってきたからかな。

今回の話って割とシリアスだと思うのですよ。
これまでだけを見るとただの友達付き合い。
翔太が紗奈に好意を寄せているとは言っても…ただの友人以上の関係では今の所ないですから。
だから、それすら女優業に差し障る危険性を孕んでいるから辞めろというのは、一般的な感覚すると理不尽。
でも、芸能人と言う特殊性を鑑みると当然の事のようにも思えるから、またややこしくて。

こういう割り切れない大人の事情が絡んでいるので、とってもシリアスだと思うのですが…。
由比がデフォルメ顔でちょこちょこカットインしてくるだけで、シリアスさが薄れるw
超気が抜けるような表情ですしね。

今回も彼女のカットインが多かったから、コメディとしての色合いが強かったと思うのですね。
まぁ、あのマネージャーの顔芸も相当でしたがw

「べるぜバブ」 バブ164 嫌なところ

何だか良く分からん魔族のモノとはいえ、女性が立ちションって…。
一部の男性読者から人気が出そうですね(汗

「めだかボックス」 第154箱 「今の私に大事なものは」

まだまだ自分はこの漫画を理解できていないのかも。
めだかは「助けられるお姫様」では無いのですね。

確かに期待通り、涙を見せるだけ以上の感情を出してくれためだかですが…。
こんな展開は予想できない。
人吉が刺されたシーンは下手するとギャグですよね…。
こんなシーンが描かれる事になるとは。

さてさて。いよいよ最終戦らしいです。
本当に2期始まる前までに終わるのかも…。