アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「FAIRY TAIL」完結記念!!マイベストシーン

この記事は

「FAIRY TAIL」の記事です。
ネタバレあります。

はじめに

「週刊少年マガジン」で無休で11年間の連載。
増ページとか2話掲載とか頻繁にやっていてなので、尚のこと凄い。
真島先生、お疲れ様でした。

さて、本誌では完結を記念して平野さんが名言・名シーンをチョイスされてました。

平野綾選第1位

1位はKC7巻のエルザの台詞。
f:id:nuruta:20170726173454j:plain
ルーシィ役の平野さんならではのセレクトですね。
「幽鬼の支配者編」で初めて描かれたギルド同士の抗争。
ルーシィを差し出せと迫られた時のエルザの返しがこの台詞でした。

シリーズ通して貫かれたギルドは家族だという考え。
ギルドの総意として、仲間を奮い立たせるとともに、今一度ひとつにする言葉ですね。
FTの結束力の強さをはじめて誇示できたシーンにもなってます。


さて、僕はほかのシーンを選びました。

マイベスト

24巻「エドラス編」のラストです。
2年前死んだと思われていたリサーナがエドラスで生きていたと分かったナツたち。
墓参りに来ていたミラたち兄弟と雨の中再会します。
f:id:nuruta:20170726180150j:plain

設定としたら後付けかもしれない。
でも、そんなの関係ないのです。
「死んだと思っていた人間が実は生きていた」というシチュエーションが僕は大好きなのです。

この世界観が「生き返りの魔法」が無いからこそですね。
現実と同じで死んでしまったら終わりだからこそ、実は生きていた…というのは相応の驚きと感動があります。

リサーナが生きていたというのは、寧ろ伏線とか無かったから余計に感動したんですよね。
これが計算づくで、伏線がこれでもかとあったら、そこまで感動出来なかったと思うのです。

終わりに

思い返してみて、一番印象に残ってたのが、リサーナのシーンなんですよね。
生き返ってからはてっきりルーシィとナツを取り合うのかなと思ってたのですが、そんなこともなかったですねw
以降、影が薄くなっていっちゃいましたが、この生き返りのシーンがよすぎて、僕の中では好きなキャラでありました。

コミックスは残り2巻。
アニメも最終シリーズまで作られるという幸福な作品。
残り少ないですが、最後の最後まで楽しませてもらいます。