アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「ONE PIECE」実写ドラマ化には期待しかない

この記事は

奇しくも連続で「ワンピ」記事になりました。

ハリウッドで!!!

20周年企画の一環として、驚くべき事にハリウッドでの連続ドラマ化が発表されました。

「ONE PIECE」実写化 ハリウッドでTVドラマ化されるワケ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
f:id:nuruta:20170721215052j:plain

人気漫画「ONE PIECE」がハリウッドでテレビドラマ化されることが21日、分かった。
同日、東京・芝公園の「東京ワンピースタワー ONE PIECE LIVE ATTRACTION」にて開催された「週刊少年ジャンプ」連載20周年記念イベントで同誌の中野博之編集長から発表された。
人気ドラマ「プリズン・ブレイク」などを手がけたマーティ・アデルスタイン氏率いるトゥモロースタジオの制作となる。


中野編集長は取材に応じ、「実写化のオファーはいろんな方向からいただいていたが、最後まで着地できなかった。いろいろな要因があるが、発表できたのは我々のいろいろなハードルを超えて企画が成立したということ。期待していただきたい」と自信。
日本の漫画の海外ドラマ化は「聞いた中では、初めて」という。
「プリズン・ブレイク」超えという制作費に関しては「我々が安心できる、納得できる額」。
今回の企画は3年前からでていたといい、日本ではなく、海外での制作に至った経緯は「いろんな理由はあるが、尾田(栄一郎)先生も我々もマンガのファンを裏切らない、クオリティーが担保できるかどうか。(日本では)なかなかそれがクリアできなかった」と話した。


テレビドラマという形にしたのは「いろいろな才能、資金面も含めて、ドラマが一番クオリティー高く作れると判断した」とした。
尺という部分でも映画より、ドラマを選んだという。
放送開始予定、日本での放送に関しては「未定」とした。
CGを多用した作品になることは予想され、キャストについても「ノーコメント」。
「これからの制作になっていくが、マンガのキャラクターの芯の部分がしっかり備わっているというのはチェックしていきたい」。
日本のファンがどのような形で視聴できるかなどは「検討事項」とした。


実写化に期待しかない訳ですが、その理由を書いていきます。

実写化が避難される理由

先ず、実写化が漫画ファンから敬遠されがちな理由について私見を述べてみます。

漫画というのは静止画と台詞で出来ています。
だから、アニメ化には意味があるんです。

漫画そのままの絵が動くこと。
キャラクターが喋ること。
これがアニメ化に於ける最大の読者視点のメリットです。

このアニメ化ですら、だからこそ、ファンから批判が上がることもあります。
曰く原作の絵にキャラクターデザインが寄っていない。
曰くキャラに声が合っていない。
どう作った所で、こういった声は必ず上がります。


では、実写化の読者にとってのメリットは何か。
近年映画化されまくっている少女漫画を例に取ってみます。

美男美女で構成される少女漫画は、基本的に現実に則した世界観で展開されることが多く、そういった作品が好まれて実写化されています。
今をトキメク若手役者が割り当てられ、日本国内でロケをして作れる。
特殊なメイクや壮大なセット、緻密なCGは必要としません。

読者の興味はすると、配役と脚本になる。
脚本は公開されるまで分からないので、矢面に立つのはいつだって配役ですね。

そもそも二次元を三次元で表現しようとするのですから、どんな役者であれ、批判は免れません。
適役だと歓迎されることだってありますが、読者としては、日本での実写化には何のメリットもないんですよ。

実写化である必然性が感じられないんです。


ただ、非現実的な世界観を舞台とした漫画だと、実写化のメリットが出てきます。
公開前から非難轟轟の「ジョジョの奇妙な冒険」。
僕としては楽しみなんです。

日本映画の現在のクオリティで、スタンド能力がどのように再現されるのか。
やはり実写といえばCGの本領が発揮されるんですよね。
手書きのアニメよりもずっと相性が良い。
これはアニメにはなかなか表現できないことで、「実写ならでは」の部分がこういうところに見出せる。

ただ、そういった世界観の構築・再現性含めて、ファンは心配なのでしょう。
故に実写化は非難されてしまう。

ワンピは期待しかない

「ワンピ」の実写について、1つずつ確認していきます。
先ずキャラクターの再現。
ゴムゴムの能力。ウソップの鼻。サンジのぐるまゆ。他
どうやって再現されるのか。

TVシリーズというのが今回のミソですよね。
色々な意味で。

潤沢な資金を、役者に割かなくて済む可能性が高い。
日本では無名のアメリカのTV俳優が選ばれる可能性が高いからです。
これがハリウッドの一線級の役者ばかりを揃えたら、資金は彼らのギャラで消えていきます。
他の部分がおざなりになる心配が出てくる。

けれど、今回はTVシリーズ。
その可能性は低そうです。

がっつりCG、特殊メイクで違和感なく、また、日本では真似できないクオリティで再現してくれると信じています。


世界観も同様ですね。
島ごとに、全てが変わるというグランドラインの島々。
これも潤沢な制作費で再現できます。


お金を掛ければ良いという訳では勿論ありませんが、制作費が高いというのは、それだけで期待値が高まるんです。
そして、肝はキャラクターの命です。
「マンガのキャラクターの芯の部分がしっかり備わっているというのはチェックしていきたい」
編集部直々のチェックが入ると予告されている。

ルフィがルフィであり、ナミがナミである。
ゾロが居て、サンジとウソップがいる。

キャラクターがしっかりしていれば、脚本が変えられても、それはもう「ONE PIECE」だよね。

終わりに

CGの力でどうあの世界観を再現してくれるのだろうか。
期待しかないんです。

脚本に関しては、ガンガン遊んでほしい。
肝だけしっかりとしてれば、「ワンピ」であることは揺るがないのですから。