読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

漫画にとって一番重要な要素は「絵」か「話」か?

この記事は

究極の問答だと思うの。
貴方はどちらですか?

究極の問答

スマスマで大号泣。今その腫れた目で書いてます、ぬる太です。(自己紹介)
さて、表題の問答、貴方ならどちらですか?
どちらか一方を選択しないとならなくなった時、どちらを優先させて作品を選びますか?

これは究極の問答で、皆1人1人答えが変わって面白いと思うのです。
色々な意見を聞きたいな。
(と言ってもコメントもはてぶも中々付かないブログなので、独り言に近いけれどw)

さて、先ずは僕の答えを述べておきます。
僕は、話。ストーリーに重きを置きたいです。
絵は二の次。

漫画にとっての「第一印象」は間違いなく絵です。
絵にはその漫画を構成する様々な情報が詰め込まれています。

制服を着てれば学園もの。
筋肉質だったらバトルもの。
男女が対等に描かれていれば恋愛モノ。

凡そ内容に見当がつく絵が一番に目に入ってくる事でしょう。

その次に文字情報でしょうね。
タイトル、作者、帯などの煽りコメントや背表紙などに書かれた概要。
絵で受け取った情報と文字情報が結び付いて、そこで初めて読んでみたいという衝動が生まれるのかなと。

絵はやはり大事な要素です。
絵が無ければ漫画として成立しませんからね。

好きな絵ならば、少しくらいストーリーに馴染めなくても、我慢できる…というのはあります。
ネットで見かけたのだと、例えば、「天上天下」とか。
「天上天下」は話も面白いと思うのですけど、当時のネット住民の意見に「美麗イラスト集として見てる」というのがありました。
恐らく文脈から「話はつまらないけれど、絵だけ楽しんでいる」という意味だったと記憶しております。

僕には無い経験です。
確かに絵を見てるだけで幸せって作家さんなら僕にだっています。
鳥山先生、井上先生。
この2人は僕にとっては神で、じっくりと絵を見ながら読み進めるのが癖になっています。

井上雄彦先生の絵。
f:id:nuruta:20161227004724j:plain
上手過ぎてヤバすぎ。
何時間でも見ていられる。

それでも、「その漫画を読み続けられるかどうか」で問われると答えはノーです。

絵が超絶上手くても、多少のつまらなさなら我慢して読める。
けれど、長編になったら読まなくなる可能性が高い。


漫画は、絵よりも話のが大事なんですね。
僕にとっては。

何故話の方が重要だと思うのか(1)

卑怯かもしれませんが、こういう風な想像をしてみて下さい。

「自分の大好きな絵で自分が大嫌いな話の漫画」があったとしたらば…。
最後まで読めますか?

量にも因るでしょうけれど、短編なら読むし、長編なら読めない…かな。
絶対途中でギブアップすると思う。


漫画を評価する時って、どうしてもお話に論点が行きやすいですよね。
絵だけを褒めて、絵だけ上手いから…という評価は殆ど見かけません。

それに絵が苦手でも、読み進めて行けば愛着が湧くこともあります。
技術的に絵がこなれて上手くなっていく。

絵は変わるんですよ、良い方向に。

だから、絵は我慢できるというか、二の次に置ける。



これはストーリーにもそのまま当てはめられることではあるんですけれどね。
最初つまらなくたって、ある時を境に急激に面白くなることはあり得る話です。

何故話の方が重要だと思うのか(2)

では、ほぼ在り得ないことを。

「絵が下手だから打ち切り」。
こんなことってほぼ無い…と信じたい。

絵が下手だからという理由だけで打ち切りが決まるなんて、どんな編集部でもしないと願いたいですね。
だって編集者は、絵が成長する事を誰よりも知ってる筈なので絵の下手さだけを理由とした打ち切りは無いでしょう。
そもそもその場合は連載すらさせてもらえないのではないかな。

打ち切り…つまり、世間がつまらないと判定する材料の大半はストーリーに起因してる筈です。



あとはそうですね、「原作者が付いたら大化けする漫画家」って誰しも1人位思い浮かべられるんじゃないかな。
絵はいいものを持っている。好きだ~~~。
でも話が…
みたいな作家さん。

僕にもいます。
敢えて名前出しちゃいますけれど、天野洋一先生。
「エグザムライ」。悪く無かったのだけれど…。
「ステルス交境曲」。面白いと思ったのだけれど…。
f:id:nuruta:20161227011130j:plain
クソゥ、ジャンプとSQ編集部め。
運とか巡り合わせが悪かったに違いない。


閑話休題。
上述した「原作者が付けば~」的な発想は、ストーリーが大事だと世間も思ってる証左の1つなんじゃないかと勝手に考えています。

では、萌えならばどうか。

萌え萌えの絵だったら、話は度外視出来るのではないか。
と自問してみると…。



うん。



我慢できるかもしれない。



例えば杏仁豆腐先生がみくにゃんを主役に、ただただ恋ダンスしてるだけの漫画があったら絶対買います。
間違いなく読みます。
てか、超読みたい。

全20巻の長編くらいなら耐えられるかもしれない。



絵は大事だよね

でも

話はもう少しだけ大事。
漫画にとって一番重要なのは話の方かな。

皆さんはどうですか?