アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「名探偵コナン」 第75巻 感想

この記事は

「名探偵コナン」第75巻感想記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

FIle.227「毒と幻のデザイン」

第74巻から続く長編の解決編。
で、実は推理とかしてました。それが↓。

【犯人】佐竹好美
動機は不明ですが、佐竹か家政婦さんが若松社長の娘なのかなって。

整理しつつ書いていきますと。
1.育郎が若松を殺害。
2.芹香が現場を外部犯に見せかけるよう偽装(タイルの張り替えも行う)
  この時、佐竹はその様子を見ていた?
3.佐竹、事件の謎を解かせる為服部に怪文書を送ったりする
  「EYE」はそのまま錯視を連想させたかったのかな
4.芹香が育郎を殺害。
  動機としては事後共犯関係だった育郎が裏切ったからとか何とか
  (横領の件で強請ったとか)
5.佐竹が芹香を殺害

こんな感じかな?話の流れ的には?
3が回りくどい上に意味不明でかなり苦しいですがw

芹香殺害のトリックは、育郎の時と同じ感じかな。
書類を読む際、親指を舐める癖がある芹香。
引き出しの取っ手(若しくは、書類の右下隅)に毒を塗っておいたんじゃないかな。

うん。まんまと犯人(作者)の策略に嵌っていますね(笑
いやはや、この長編は凄かった。
トリックが凝っていたな〜。視覚のトリックにとことん拘った素晴らしい一編でした。

File.228「偽小五郎の名推理」

以前出て来た偽小五郎とは違って、今回は良い人でしたね。
特にそれ以上の感想は無かったのですが、結構小ネタ満載回。
作中のTV番組が
「夏のサンタクロース」、「YAIBA」と青山先生の漫画。
比護は連載時期的にも、今公開中の映画を意識してかもですね。
そしてお久しぶりの探偵左門寺。
色々と小ネタが。
その中で「小五郎が弟子を取らない」というのは、やはりこの後の事件の布石…だったのでしょうかね。

File.229「赤い油性のシュウ事件」

事件名がまんまやないですか(笑)
珍しくも途中で犯人から動機まで、全て分かったのですが…。
何ともやり切れない事件。
決して他人事では無いなと。
車を運転する者として気を付けねばならないと思いますし、今回の犯人とやはり同じような立場になったら、このような行為に駆り立てられるかもですし。
動機こそしんみりした物でしたが、でも全体的にはラブコメなお話。
由美の後ろに隠れている三池さんが可愛すぎる(笑
やっぱり恋する女性は可愛いものですね。

んで、このエピソードで最も面白かった点は高木・佐藤コンビの会話から痛デコメされた佐藤車のコマの流れですね。
シュール&酷過ぎて爆笑(笑
由美は鬼畜ですねwww

File.230「謎の探偵と運命のネイル」

これもほぼ真相が分かってしまったお話。
やりきれなさでいえば、この前のお話を上回っていたかな。
初期の「カラオケボックス殺人事件」並の悲しいお話。

さて。新キャラ…となるのでしょうかね。
これで3人目。
沖矢昴
世良真純
安室透

それにしてもどうしてこうも切れ者ばかりが出て来るのでしょうかね。
勿論バーボンが切れ者であるという設定であり、彼らをバーボンではないかと疑わせる為…だとしても。

それでも、バーボン以外の2名が無関係者だと考えるのは、無理がありますよね。
たまたまコナンの周辺に現れた切れ者で妖しい言動をする人々…というのはw

なんらかの役割が与えられている筈で。
コナンがどうして沖矢に手心を加えているのかも不明ですし…。
信頼のおける人物だと分かっているからなのか、はたまた疑っているからこそ敢えて近くに置いているのか。
後者の場合は、灰原の方が近くに住むことになる為、考えにくい。
とすれば前者…なのでしょうか。

とすると、沖矢は「バーボンの容疑者」からは外れてしまう訳で。
とはいえ、世良や安室って出て来たばかりなので、バーボンだと言われても…ね。
いや〜分からないですね。

いっそ3人とも違う可能性もありますしね。
あとは、バーボンが1人とは限らないんじゃないかなと。
組織の情報チームのチーム名で、実は複数いる…とかだと面白いかなとか思ったのですが、それを示す確証も何も無いので、これ以上の言及はやめときます。

さて〜。
次巻予告なんてこれまでありましたっけ?
ちょいと記憶に無い。
恐らく7月発売だと思いますが、いよいよバーボン編が大きく動き出すのでしょうかね。
緊迫した予告ページで、コミックス派の僕はワクワクが止まりません。

名探偵コナン 75 (少年サンデーコミックス)

名探偵コナン 75 (少年サンデーコミックス)