アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「スパイダーマン:ホーム・カミング」ネタバレあり感想

この記事は

「スパイダーマン:ホーム・カミング」の感想記事です。
ネタバレあります。

はじめに

f:id:nuruta:20170811103830j:plain
日本語吹き替え版を見てきました。
ネタバレありで感想です。

評価

映像
3.0
脚本
3.0
キャスト
5.0
総評
3.0

感想

『スパイダーマン』吹き替え版に人気声優陣がさりげない役で登場!? | アニメイトタイムズ
声優陣が無駄に豪華。

さて本作ですが、こちらの期待が高すぎてたのか、非常に地味に纏まっていました。
敵ヴィランとの戦いもあっけなく終わりますし、映像的に目を見張るような衝撃的な圧倒されるようなシーンも無く。

高校生の少年の葛藤を軸にコミカルに描かれていました。

今回のテーマはなんだろう。
スパイダーマン(ピーター)の正義でしょうか。
敵が好きな女の子の父親だと知ったら…。

あっさりと彼は倒す事を決意しましたけれど、それが彼の正義感なのでしょう。
身内や恋人であろうと、悪には与しない。
寧ろ、彼はだからこそ動いたのかもしれない。

悪の道に走った好きな人の大切な人を守る為に。
実際、倒すというより、守りに行きましたからね。
スーツもなしで。

体1つで、好きな人の父親を守り抜いた。
悪の道から引きづり上げた。
なかなかに出来る事ではないからこそ、トニーも最終的には認めて、アベンジャーズに加えようとした。


コメディタッチで心理描写も殆ど無かったので、あくまで憶測です。
ですが、描かれていたシーンから、彼の心情を汲み取れば、なかなかに深いテーマが流れていたのかもしれないと想いました。


派手なシーンは無い。
大人が求めるような恋愛劇も無い。
等身大の高校生が精一杯の正義感の下、人々を助ける様を描いていた映画。

評価としては普通という感じでした。

終わりに

成長した彼の活躍を見たいと思えた作品だけに、はやく次回作を見てみたいものです。