アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「名探偵コナン」の黒の組織のボスが特定されないのは何故か

この記事は

「名探偵コナン」の記事です。
これだけネットで議論されていて、有力候補が絞れてないのが凄い。

あの方とは

黒の組織の総帥であり全ての元凶。
原作24巻でジンが「これはあの方直々の命令だ」と言ったのが事実上の初登場。
メールアドレスが「#969#6261」ということしか判明していない。

ネットでは議論が盛んに行われているあの方の正体に関して。
ですが、未だに特定されないのは何故なのでしょうか。

これだけヒントがある。

青山先生が色々とヒントを出してくれているのです。

1.少なくとも53巻までに名前は作中に登場(顔は出てない可能性あり)
2.黒の組織の正式名称と関連性がある(インタビューより)
3.ピスコが「長年仕えた」と語っている
4.ベルモットがお気に入り(→過去に何らかの接点あり?)
5.灰原「あの方の正体は、到底信じ難い意外な人物かもしれない」
6.組織は半世紀前から極秘プロジェクトを進めている(50年前というキーワード)
7.灰原の研究の目的は死者を蘇らせるような夢のような薬ではなく、この地球のほとんどの人間にはその価値を見いだせない愚かしい代物
8.登場した単行本を教えると誰だかわかってしまうらしい(佐藤健との対談より)

これだけヒントが出ていて、何故誰も正体に辿り着けないのでしょうか。

有力容疑者はいるようです。
1人は、烏丸蓮耶。
f:id:nuruta:20170712222605j:plain
第30巻「集められた名探偵!工藤新一vs怪盗キッド」で登場した大富豪です。
40年以上前に100歳で謎の死を遂げたとなってますが、実は生きていて…という推理。
殺された羽田浩司の部屋に落ちていた手鏡の文字を並び替えると「ASACA RUM」になり、「浅香」という人物がラムだとコナンたちは推理していますが、これをさらに並び替えると「CARASUMA」となることからも、疑われています。

2人目は大黒連太郎。
f:id:nuruta:20170712222404j:plain
第28巻「そして人魚はいなくなった」に名前だけ登場した人物。

テキーラ事件の時に、”大黒”ビルのカクテルというバーが組織の待ち合わせ場所に指定されていたことから、この大黒が怪しいと疑われている。

どちらにせよ「到底信じられない人物」には当たらないんですよね。
組織名が分かると正体も分かる、コミックスの巻数で誰だか分かってしまう…。
ヒントが出てるのに、誰か分からないのはもどかしいです。

参考文献:【名探偵コナン】黒ずくめの組織のボス「あの方」考察まとめ - NAVER まとめ

意外な人物像

灰原の言を前提に考えるのであれば、先ず「老人」では無いのではないでしょうか。
黒の組織の目的考察で、アポトキシンで若返り、灰原の薬で年を取ることを繰り返し、国の金の流れを牛耳るというのがありました。
ベルモットも若返っているので、ボスも若返っている可能性があります。
それこそ、未成年にまで若返っていても不思議ではありません。

そこで、ですよ。
小学1年生とは思えない頭脳を持って、最も意外な人物。
円谷光彦。
組織の名前は円谷プロ。
ウルトラマンを使って世界征服を目論んでいるに違いない。
(青山先生に否定されてますw)


冗談はさておき、若者というのは、在り得ると思うのですよね。
皆老人にばかり目が言っているから、特定に至らないのかなと。

終わりに

それにしても凄いですよね。
ここまでヒントを出していて、時間もタップリ与えられているのに、誰も個人を特定できないでいるのですから。
よっぽど意外な人物なんだろうな~。
早く正体判明してくれないかな。