アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

2017年上半期TVアニメ総括(「ジョジョ」方式が理想形という結論)

この記事は

今年見たアニメの総括です。
だらだらっと。

相も変わらず消化されるだけの原作

こんにちは。nurutaです。
今回は僕が見た2017年上半期のアニメを総括してみますね。

深夜アニメの本数が年間100本前後になってもうどれくらいの年月が過ぎ去って行ったのか。
相も変わらず原作が虫食いのような状態にされている現状には、アニメファンとしても、漫画ファンとしても複雑な心境を抱いています。

「亜人ちゃんは語りたい」を先ずは語って見ましょう。
原作既読。
これは上手い具合にアニメ化されていたと思います。
最新の5巻のエピソードまで前借して、萌えと考察のバランスが非常に鮮やかだったなと。
声優さんの声の演技力と動きによって可愛さを表現。
しかし、萌えに寄せきらずに、しっかりと先生のデミ考察が頭に残るような演出が志されていて、原作漫画の持つ空気感を再現出来ていたと感じました。

逆に残念というか、本当に原作をなぞったまま中途半端に終わってしまったのが「政宗くんのリベンジ」「ソード・オラトリア」
前者に関しては、細かい部分を端折りつつも、文化祭劇までをさらっと流して、見事なまでのオレ達の戦いはこれからだエンド。
ついつい引き込まれて見てしまうんですが、それは原作の力というか。
アニメらしい+αが感じられずに残念でした。

後者に関して言えば、シナリオの飛ばし過ぎが大きなマイナスポイントでした。
オラリオ屈指のファミリアが苦戦を強いられるという緊迫感・緊張感を演出出来ずに、さらっと描いてしまっていた。
これは「ダンまち」の頃から改善されていなかった部分なので非常に原作ファンとしては残念でした。
オリジナル展開で締める位の余裕を見せて、もう少しじっくりと原作を引き出して時間を掛けて描いて欲しかったですね。

そして、最も残念だったのが「つぐもも」です。
原作のエロさの再現なんてこれっぽっちも期待してませんでしたよ。
地上波ですしね。
残念なのはすなおをラスボスにしといて、彼女の可愛さを見せる前に中途半端に終わった所。
あんな尻切れトンボ見せられても…ね。
どうせなら、すなおは全く出さずオリジナルのつくもつき退治で綺麗に締めて欲しかった。
なんだかんだいいつつ、それなりの終わりを見せた上記3作品と比較しても、最も最後が綺麗に出来ていなかった作品となってしまいました。

原作者がシナリオに!!

一方、原作者がシナリオに参画した作品では、大胆なアレンジをしつつしっかりと構成を纏めて来た作品がありました。
「エロマンガ先生」ですね。
エロマンガ先生Gなど原作から大幅にキャラクターと物語をオミット。
必要最小限のキャラクターを魅せ、かつ、主題である義兄妹の物語を前面に押し出した構成になっていました。

けれど、なんていうのかな。
1人1人のキャラクターが、作者の前作「俺妹」と比べると薄いんですよね。
というのも、どのキャラクターも小説(ラノベ)が好きという根本を同じにしているからです。
あやせのようなオタクを嫌悪しているキャラクターもいないし、黒猫のような家庭とネットではキャラを使い分けているような子もいない。
良く言えば純真で真っ直ぐ。
悪く言えば個性が無い。
そんなキャラクター達しか描けていないのは、これは原作からの「エロマンガ先生」の弱点だと思っており、それをそのまま強調する形になってしまったのかなと。

もう1つ「冴えない彼女の育てかた♭」
こちらは原作未読なので、原作との関わりについては何も言えないのですが…。
しっかりと物語が畳まれていたという印象の最終回でした。
個人的に加藤恵が好きだから…というのも大いに関係してくるのかもしれません。

詩羽や英梨々などのクリエイターに翻弄されつつも作品を1つ完成させ、しかし、サークルの核を見失った倫也。
しっかりと立ち直って、「冴えない彼女の育て方」という作品を惠をメインヒロインに於いて作るところまでこぎつけた。
紆余曲折ありつつも、恵とのデートと言う終わり方は「作品として彼女がメインヒロインであることを印象付ける」とても綺麗な落としどころに思えました。

アニメオリジナルの2本は好対照

「BanG Dream!」は残念ながら既存作品の枠を脱し切れてない印象が強く、最後まで惰性で見てしまいました。
オマージュも良いのですが、オリジナリティが不足しており、物語的には見るところが無かったかな。
キャラクターも物語も主人公の香澄を好きになれるかで左右されるほど、主人公に依存した作品。
僕は彼女を好きにはなれなかったので…。


劇場作品時代から好きだった「リトルウィッチアカデミア」のTVシリーズ。
流石のTRIGGER。
広げた物語が綺麗に畳まれてゆく主軸の物語が圧巻で、1話1話も非常に手が込んでいて面白い。
キャラクターも立っており、脚本も面白い。
上半期を代表する作品として推挙したいくらいです。

「ジョジョ」方式が理想形

NHKアニメが本当の一番の理想なんですよ。
今でいうと「境界のRINNE」。
原作のラストまでアニメ化されるかは不明ですが、半年ごとの休止を挟んでの3期目。
この枠に入れれば、原作アニメとしては安泰出来ます。

が、これを深夜アニメ枠に求めるのは酷なのでしょうね。
よく分かりませんが、商業モデルが多分全然違うのでしょうから。

なので、深夜アニメでの原作付きの理想は「ジョジョ」に落ち着くのかなと。
勿論人気が無ければ、「ジョジョ」と言えどここまで続いていなかったのでしょうけれど。
1部2部を2クール。
3部を分割4クール。
4部を3クール。
こんな自由で、物語にあった構成はなかなかに真似できることではありません。
故に理想と言えるのかなと。


NHKで深夜に「Q.E.D.-証明終了-」のアニメ化してくれませんかね。
1時間枠で。
ずっと見たいなと思ってる理想の形なの。
人気が出たら2期、3期と出来る程にはストックが山ほどありますし。
ドラマやったんだから、アニメもやって欲しいな。