アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

アイドルに大金を使うのは自己責任だ

この記事は

声優アイドルについての持論。

須藤凜々花さんの件

www.wtnbyou.com
渡辺総研さんでも触れられていますが、須藤凜々花さんの騒動は声優がアイドル的な活動を展開する現在に於いて、決して対岸の火事では無いということ。
その上で、やはり僕自身もお金の使い道は自己責任であり、「裏切られた」アイドルに対して非難を浴びせて良いモノでは無いと考えています。

AKBグループに関してはとんと疎いので、今回の騒動も掻い摘んでしか知りません。
なので、事実と相違することを書くかもしれない事を最初に断っておきます。

えと、総選挙のシステムは、CDに付いている投票権を好きなアイドルに入れて、順位を競わせるというものという認識であっているのでしょうか。
確かにシステム的に、運営側はCDを複数枚購入させる事を前提としたような歪なシステムであると思います。
けれど、強いている訳では無く、あくまでも「複数投票は可能ですよ」と許可しているにすぎません。

強制されている訳ではないCDの大量購入をし、推しメンに投票するのは、もうこれは各個人の自由意思です。
大金を使ったのは、己自身であり、他の誰でもありません。
その時は、自分の意志で好きでお金を投資し、見返りが無いと分かった途端に発狂する。
「お金を使わせておいて」と批判する。

そもそも握手券等見返りがあったとしても、基本的には、「一方通行の愛情表現」に他なりません。
見返りなんて無いし、期待するものでも無い。
裏切られたなんてのはもっての他です。

発言のタイミングは確かに悪かったように思えます。
しかし、多くのファンが大金を投じた結果20位に着けたのは事実で、この順位自体が見返りと言っても良い。
結婚発言と順位は分けて、大金を投じたことに関しては、「20位に着けたから良かった」で終わらせられる感情なんじゃないでしょうか。

そして、考えて欲しいのですね。
本当の最悪は、マスコミが一報を伝えることであると。

クソマスゴミ

須藤凜々花さんの件は、文春が追っていたという報道がありました。
近々発表の段階まで迫っていたと。

僕自身、過去苦い思い出があります。
声優の豊崎愛生さんを心から好きだった時の話。
f:id:nuruta:20170626095216j:plain
自称報道カメラマンのストーカー野郎に「Tom-H@ckさんと同棲してる」とネットを中心に「報道」された事件。
あれは本当にダメージデカかった。

大好きだったんです。
豊崎さんを。
あんな美女いない位に思っていた。

そんな時にどこの誰とも知れない人間が曖昧な情報をネットで拡散。
真偽も分からないモヤモヤと共に甚大なる心労を被りました。


芸能報道(モドキ)って、最低の行為だと痛感した次第です。
芸能人のプライベートなんて知りたくもないし、見たくもない。
知らないからこそ良いんです。
夢を持てる。

でも、本人が公表する分には別です。
もうそれは仕方ない。
そもそもが付き合える訳でも、ましてや、結婚なんて出来る訳もない住む世界の違う人々。
本人が結婚発表や、お付き合いを公言する時は、諦めがつく。

けれど、芸能記者がスクープ欲しさに暴いたことは、知りたくなかったことを強制的に知らされる訳で。
大抵本人がその件について言及しないことが多いから、余計にもやもやが溜まる。


脱線しましたが、本筋に戻りましょう。
須藤凜々花さんがファンの頑張りによって20位に上り詰めたその場で、そのファンを怒らせる言動を取ってしまった事は、タイミングが悪かったと言うほかない。
けれど、報道が差し迫っていた現状を鑑みれば、「本人の口から第一報が聞けたこと」は寧ろ良かったのではないでしょうか。

Aqoursを応援する身として

僕は現在声優アイドルグループのAqoursを応援しています。
グッズにもお金を投資してます。

そんな中、メンバーの…特に僕が好きなメンバーが誰かと付き合ってるとか結婚するとかいう話題が出てしまった時…。

まあ、落ち込む事でしょう。
けれど、それまで応援していたのは事実だし、自己責任でお金を使っていた。
決してその事でメンバーを非難する事はしないと誓えます。


嫌いになる事もないかな。
だって、僕は未だに豊崎さん好きですし。