読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第32話:今回の長編はメアがメインなのかもしれない

【漫画】月刊ジャンプSQ.

この記事は

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第32話の感想記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」第32話「Danger〜危・剣〜」 感想

まさかの3話構成。
矢吹先生がコメントで仰っていた事を鑑みるに2話構成の予定が3話になっちゃったパターンなようで。

という訳で、珍しくというかシリーズ始まって以来初めてといって良いかもしれない位のバトル・バトル・バトル。
って言う程ではないか…。
でも、基本的に全編戦っていたので(リト達は一方的に交わし続けていただけだけれど。)、新鮮な展開でした。

ただ、何故に服だけが破れるのかw
いや〜、皆器用に躱しますね。

さておきまして。
そんな訳なので、今回特に感想として書く事が無かったり(汗
リトがこのまま凜の精神世界にダイブして彼女を救い出し、凜の気持ちが(少しだけ)素直になる…みたいなオチにはなると思うし、それについてダラダラ書く事も無いですし…。
だから凜の事は想像するのは止めて、少し視点を変え、今回の長編のもう一人のヒロインになりそうなメアに目を転じてみます。

メアが地球人では無いとバラす為のエピソードではないか?

前回メアがトランスを躊躇する発言がありました。
普通の地球人として過ごすとマスター・ネメシスと約束したので、地球人では無いと思われる事はしたくない…と。
沙姫らに正体がばれたくないという事ですよね。

でも、リトの要求はこの意に反する事でした。
サイコダイブもトランスの一種ですから、やはりその場を見られてしまうと、ばれかねません。
しかもです。
ザスティンの存在がその可能性を高めてしまったと思うんですね。

何故、このエピソードでザスティンが出て来る事になったのか?
特に理由なんてものは無いかもしれませんが、敢えて理由を探すならば、一つは魔剣の処理係としての出番でしょうか。
どうやら手にした者の精神をジャックしちゃうらしいので、凜の手から離した後の処分も難儀しそうです。
その点ザスティンならば、何とかしてくれる気がしますのでw
根拠は無いけれども。

二つ目としては、沙姫をこの場の中心に誘う事でしょうか。
ザスティンを追ってきそうじゃないですか。
そうでは無くとも、彼女の家の敷地内。
土煙など上がっていようものなら、様子の一つも見に来ても不思議では無い。
すると、目撃者としての役割を沙姫が担う事にもなります。

このままリトの要求を呑むと、沙姫にバレる可能性が高い気がします。

でもでも、これで良いのでしょうね。
前回はヤミの心遣いで払拭された事ではありますが、このままだとメアの心配は今後も続く事でしょう。
常にばれないよう気を配る必要がある訳で。
それがダメという訳では無いけれど、きちんとした解決策が用意されていると思うんですね。

その解決策まで盛り込まれたのが今回の長編であって。
展開の流れ的に、メアがリトのサイコダイブ要求に応えることは確実です。
で、そうなると、多分沙姫か凜あたりにバレます。

バレた上で、自然と受け入れられるんではないかなと。
こうする事で、「正体を隠す必要はそんなないんだ」とメアに思わせる事で、問題の解決を図るんではないかと推測します。

次回はそんなメアの物語が描かれるんではないかなと感じました。

凜の心とメアの心を同時に揺さぶるリトが見れそうな次回

とはいえ、メインは凜であり、彼女をどう救うか…ですよね。
リトはどうするのか?

きっと、魔剣の方を説得するんじゃないかと思うんですね。
剣にはどうやら「知能」があり、「自我」を有していそうです。
だから、説得は可能でしょうから、その可能性はあると思うんです。

ところで、この剣とヤミ、メアらは非常に似ております。
人型か剣かの違いだけで、出自がそっくりです。

もし、この剣をリトが説得出来たんなら。
メアの心にも、リトの言葉が響くんじゃないかな。

サイコダイブ中は、恐らくメア自身も凜の精神の中に入ると思うんです。
メアの仲介が無いと、リトと凜だけでは不可能な事なので。
という事は、リトの言葉は全てメアも聞く事になり…。

剣への言葉が、そのままメアへの言葉にも成り得るんじゃないかな。


こう考えると、やっぱりこの長編のもう一人のヒロインはメアだと思ってしまいます。
実は凜を差し置いて、メアの方がメインなのかもしれない。
次回恐らく解決編。
どうなるのか楽しみに待ちたいと思います。