アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第24話:ダークネス化とは何か考察!!

この記事は

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第24話の感想・考察記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」第24話「The door of fate〜そしてこれから〜」 感想

尻尾をアレに見立てて、えろいことする行為も段々エスカレートしてきますねwww
もうやりたい放題じゃないですか。

ただ、あまりにも直接的というか…分かりやすい表現が進むと、読者が引きかねないのでほどほどにして欲しいかなとは、最近とみに思う。
この漫画は、少年誌(「SQ.」は少年誌では無いけれど)のエロの限界に挑むという形で評価されている面はあると思うし、僕自身そういうところでも好きな作品ではあるのですが…。
もっとドラマ面も評価されて良い作品だとも思っていて。

あまりにもある一面を目立たせてしまうと、折角のドラマ面の影が薄く見られがちになりますから。
そこは上手くバランスを取ってほしいかなと…。

なんつうか、少年誌のエロ描写って、直接的表現が無いからこその良さってあると思うし。
最近はだから特にエッチい事してるようには見えないんですね(汗
ネメシスの股間にリトが顔を突っ込むなんて、最早お家芸のギャグと化してますしw

さておきまして…。
今回は感想はほどほどに、ドラマ面の考察を中心に記事を書かせていただきます。

ダークネスとは何か?

心理的に攻めてくる…けれど何もしないで見守るだけ…。
今回、ネメシスの戦略が彼女自ら発せられました。
これは心理攻撃の中では、最も厄介で怖い事のように感じました。

何も仕掛けてこないという事は、打開策を自ら考えなければならないというのもありますし、どうしても後手後手になってしまう。
「事が起こってから」…作中の言葉を借りるならば、ヤミがダークネス化してからしか対応出来ないという事にもなる。
唯一ティアーユがダークネス化とは何なのか察しているようなので先手を打てるかもですけれど、それが「彩南町の皆がいれば」という無策に近い手。

物語的には当然の展開となりますが、ヤミがこの「ダークネス化」するのは時間の問題ですね。
今回のサブタイトルも直訳で「運命への扉」。
運命というのは、今のところ「ダークネス化」を指しているっぽいですし。

にしても「ダークネス」って何ですかね。
これが示唆されたのは、8話以来でしょうか。
何のことなのか、パッと思いつくこととしては…
1つ、他人へのトランスが出来るようになる事。
ネメシスがやっていたように。

それの何が悪い事なのかは分からないですが…例えば、他人に化けることで、その人物の心まで理解出来ちゃうようになると…。
外見だけでなく、中身まで含めてのトランス。
人間の暗部を否応なく知る事で、不信感が募り、自ら兵器へと戻ってしまう…。

これならば「禁断のトランス」と比喩されてもおかしくない事であると思うのですね。

2つ。心の無い兵器へのトランス。
今は体の一部分のみ兵器へとトランスさせているわけですが、これが全身に及んだ場合。
自我が失われ、文字通り「動く兵器」となってしまう。

ただ、こっちは可能性としては低いんじゃないかな。

こうなる原因として考えられるのは、やはり「裏切り」です。
美柑達に裏切られて心に深い傷を負い、意思とは関係なく兵器に堕ちる…な〜んてありがちな展開が考えられるわけですが、これは無いと断言して良いかと。
美柑がヤミを傷つけるようなことは絶対にしないでしょう。

だから、この2つ目の可能性は低いと思っている。
けれど、1つ目ならあり得そう。

他人へのトランスの場合、「そうしよう」と考える動機が必ずしも負の感情とは限らないから。
大好きな彼(彼女)になってみたいという一種の憧れからの変身願望。
こういうのって誰しもが一度は経験したことのある感情だと思う。
これって相手への好意が高ければ高いほど考えがちだし、ヤミが美柑らにそういう感情を抱いたとしても不思議ではない。

また、好奇心旺盛なヤミの事。
人間がどんな事を考えているのか知りたくなり、他人へのトランスを繰り返すようになるかもしれない。
これもまた、人間への好意が高くなればなるほど「したい」と思う行為ではないでしょうか。

ネメシスが人間との交流を推す真の理由。
人間への興味を最大限に引き出して、人間になりたいと思わせる事…なのかもしれません。
その上で人間の汚い面を見せて、絶望させ、兵器に戻すという事…なのかな?

まとめ

と考えたのですが、早速自分の案を否定してみます。
第8話で、こんなシーンがありました。


「メアと関わっていけば自覚せざるを得まい
どんなに"人"に憧れようと"兵器"としての運命に抗えない事を
ヤツが…金色の闇がそれを認めた時
トランス"闇(ダークネス)"への道は開く…」

相変わらずの写メでお見苦しくて申し訳ありません。
メアの内面には、ヤミが想像できない深い闇が隠されているらしく、それを理由にネメシスはこんな発言をしているようです。

やはりメアがキーとなるという事でしょうか。
ここはよく分かりませんが、少なくとも「人間へのトランス」=「ダークネス」という訳では無いという事かな。
人間へのトランスは、あくまでもダークネス化への切欠に過ぎず、第2案である「自我の無い兵器」化こそがダークネス化…なのかもしれない。
あるいは、全く別の事なのかもしれなくて、その可能性が最も高いw(僕の推論は、基本的に外れるので)

ところで、そのメアはダークネス化出来るのでしょうか?
ネメシス自身はどうなのでしょう?

もしもヤミにしか出来ない事であるのならば…。
3人の変身少女達の「違い」…ヤミだけが持っている特徴を知ることが出来れば、そこからダークネスとは何か考えられるのかもしれませんね。
今後はその辺を注意深く見ていけば良い…のかな???
何にしろ、ヤミが闇に堕ちてしまうようで…。
そこからどう光の指す方へ助け出すのか。興味が尽きません。