アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第23話:感想

この記事は

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第23話の感想記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」第23話「Summer festival〜祭りの始まり〜」

なんか絵柄が変わった!?
という事で、遂に現れましたネメシス。
トランス能力を駆使して、美柑に"変身"するなんてことをしてましたが…。
これは驚きでした。

ヤミ曰く「私やメアと同じ…しかし全く異質な力」。
この直感が正しいのであれば、他の人間に化ける能力は、ネメシスならではなのかもしれません。
ヤミやメアには出来ないと思われます。

とすると、なんとなく先が見えてきますね。
何べんも書いていますけれど、今作はキャラクターの心情を丁寧に描いています。
この事を大きく活用した展開が待っているんではないかな。

ヒロインの誰かに変化して、リト等の命を狙うネメシス。
しかし、ちょっとした事…普段だったら言わない様な台詞だったり、取らない行動だったり…をして、正体がバレる。
とかとかいう王道展開。
こういうのは、キャラの心情を予め丁寧に描けば描くほど効果が出る展開だと思うのですね。

下地は十分。
可能性も示唆された。
ネメシスとの決着もまた、「人の心を理解出来るかどうか」で落ち着きそうな気がします。

モモを語るだけ

なんだか鬼畜中島君が段々良くなってきました(笑
勝手にエロ妄想して、天丼なオチ(鬼畜はお前だとツッコまれるトコ)もあって、彼1人だけで芸が完成していて。
使い勝手も良さそうですし、今後も鬼畜中島君には目が離せませんね。

そんな名キャラを生んだのも、モモの魅力があればこそ(ぇ
今回は、まさにモモメイン回ですよ。
今まで覗かせていた意外にもピュアな部分。
体を張って、リトに果敢に迫っているけれど、恥ずかしくない訳では無い。
恐くない訳では無い。

そういう歳相応…っていうとなんか違うけれど…。
恐くて恥ずかしいけれど、恋の為に頑張る健気な部分が存分に楽しめた回だったなと。
本心を言えず誤魔化しちゃうところにモモの「本来の姿」が見て取れる様な気が致します。

さて、次回は表紙&巻頭カラー。
ネメシスとの邂逅で、どのような物語が紡がれるのか。
期待です。