アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

とってもゲスな巻頭カラーだね! 「週刊少年ジャンプ」 2012年14号 感想

この記事は

「週刊少年ジャンプ」2012年14号の感想記事です。「SKET DANCE」の感想はありません!
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「ONE PIECE」 第658話 "ビスケットルーム"

またしても予想が外れましたwww
青雉と赤犬の決闘場所というのは、パンクハザード編初回後に方々で予想されていましたが、まさしくその通りだったのですね。
これ気づいた方たちは凄いっすわ。

さて。謎が増す一方の展開。
幽閉されている子供たち。病気とは何か?「M(マスター)」を頂点とする者達の目的は?
分からないことだらけです。
取り敢えず子供たちが連れ去られた理由は、生首サムライに聞けば解決しそう。
彼の息子?も同じ理由でこの島に"誘拐"されたのでしょうから。

ちなみにですが。
この「M」一派とケンタウロスらは違う組織なのでしょうね。
「M」らは「PH」を掲げていて、空想上の生き物らは「CC」。
ココだけ見れば、別の組織と見做せそうですから。
「CC」は「Creature Company」とかそんな感じですかね?www

「M」もゲル状だか液状だか不思議な形を取っていて、なんだかよく分かりませんので、深い事は考えずに次回を待ちます。

「べるぜバブ」 バブ146 修学旅行に行くのダッ!!

この漫画のこういうバカバカしい話大好きw
それにしても酷い学校だ。石矢魔って。
行事と名のつくものは悉く消え去っているって流石に笑った。
学園を舞台にしているのに、体育祭等々の素敵イベントの悉くを自ら出来ないようにしてるドM設定ですねw

「ハイキュー!!」 第3話 単細胞生物

面白いな〜。いや〜、ここまでまだまだ面白い。
展開としては非常に王道だし、目新しい部分というのはあまりないのだけれど、だからこそ面白い。
ていうか、王道って実は難しいですよね。
過去作を教科書に全く同じようにトレースしちゃうと、パクリになっちゃうから、そこはオリジナリティを入れないといけない。
それと、そうなるような「動機付け」も必要で。

今回で言うと、2人が試合をする事を言いだすまでの理由ですよね。
主将の大地君がしっかりと「チーム」を考えているから説得力があるんですよね、展開に。
1話で大地君が日向らの試合を観戦していたという点があるから、大地君の考えは芯が通っている。
この展開にもっていくまでの理由にしっかりとした合理性があるから、自然にお話に入れる。
全く持って面白い漫画です!
話も絵も良いですので、マジで続いて欲しい。

「ニセコイ」 第16話 ケットウ

予想通りの展開キターーーーーー!!!!!
これさ〜、つくづくクロードこの野郎って感じですよね。
きっと「ギャングの人間は男のみ」とかなんとかで「男として」育てて来たんでしょうね〜。
彼女も彼女で、小さかったから最初は疑問に思わなかったのかもしれない。
でも、徐々に「疑問」の種はグングン育っていたに違いないんですよ。
「わたし、女の子…だよね?こんなの間違っているよ」と。
それでも彼女は言い出せなかった。いや言わなかったんだと思うんだ。
どんな風に育てられても拾ってくれた大義があるから。
健気にクロードの為に、お嬢の為に、大好きな人たちの為に「男」をやってきた。
そんな彼女の想いも知らずにクロードは、男として育て上げたんでしょうね。
酷い話ですよ。女の子としての普通の人生を奪った外道ですね。
でも最終ページの恥じらいの顔がグッとだったので許しちゃうよね(笑

「黒子のバスケ」 第155Q ヒネリつぶしてやるよ

紫原君ってスポーツやっているのに、どうしてこんな捻くれちゃってんの!?
でもさ。オフェンス参加しちゃいけなくない?
なんかオフェンス参加が脅威みたいになってるけれど、速攻かますだけで簡単に逆転出来るんじゃないの?(汗
いや。違うか。そこは超人バスケ。
紫原君は、誠凛コートで相手のボールを悉くスティールする…ことになったら流石に酷いなw
最初っから攻撃参加しとけよって話になるしw