アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

やはり俺のロリータ観はまちがっている。

この記事は

アニメのロリコンについて考えた。

はじめに

最初に断っておきますが、僕は三次元の幼女にはこれっぽっちも興味がありません。
寧ろ大人のお姉さん(20代)が大好きまである。

でも漫画やアニメになると別ですね。
幼女かわいいです。
そこで、こんな戯言記事でも。

「りゅうおうのおしごと!」とロリ

アニメ「りゅうおうのおしごと!」が面白いです。
詰め詰めの構成ながらも、しっかりと原作の本歌取りをして、上手に再構築している。
原作ファンから見ても納得の面白さです。

さて、本作の見所の1つとなっているのが可愛らしいJS研達。
あまりの可愛さにロリコンが増産されています。


f:id:nuruta:20180303000907j:plain
この担当の方は真正のロリでしょうけれど(笑

僕も相当やられてます。
個人的にはあいが良いです。
f:id:nuruta:20180303001301g:plain
f:id:nuruta:20180303001312g:plain
かあいいです。
ロリ達はJS研に夢中です。

さてさて。
姉弟子の話でもしましょうか。
空銀子。
八一の姉弟子だけれど、2つ下の14歳。
中学生2年生です。
八一のことが大好きなツンデレさんです。
ゴスロリ衣装が最高ですね。
f:id:nuruta:20180303004053j:plain

勿論アニメ化によって、彼女の人気も上がった事でしょう。
踏んづけられて頓死したい人が続出です。
「しねぇ」とか「ぶちころしゅじょ……われぇ……!」を世界で唯一可愛く言える貴重な存在です。

だけれど待って欲しい。
良く考えて欲しい。
姉弟子を好きな人は、ロリとは呼ばれて無い事実を。

中学生とロリ

話を変えましょう。
「ご注文はうさぎですか?」。
未だに2期のエンディングは、アニメ史上最高のエンディングだと思っています。
萌えの全てを濃縮した最高の映像と歌。
至高ですね。

「ごちうさ」と云えば。
そう。ロリです。
世のロリ達は「ごちうさ」に夢中です。

例に漏れず、僕もそうですね。
好きなキャラはシャロとチマメ隊です。
チマメ隊です。
特にチノちゃん。
f:id:nuruta:20180303004624j:plain
いっしょにいた~い♪

その可愛さにロリも大興奮です。

そんなチノちゃんは初登場時13歳。
中学2年生です。

そうなのです!!
姉弟子と同い歳なのです。
タメです。

それなのに、チノちゃんを好きというとロリコンと言われ、姉弟子だと呼ばれない。
何故なのでしょうか。

やはり俺のロリータ観はまちがっている。

一般的にオッサンから見れば小学生も中学生も同じようなものです。
等しくロリです。

が、二次元になるとちょっと違ってきます。
「ロリの定義」が作品によって異なるんです。

定義をする際の基準は2つあります。
1つは、主人公の年齢ですね。
主人公視点で、他のキャラクターを見るということ。
そうすると、姉弟子は2つしか違わない訳で、八一が仮に姉弟子を好きでも八一をロリと呼ぶ人はいないでしょう。
作中では言われてません。
もっと年下のJS研を相手にしてる時だけロリ王と呼ばれてます。

もう1つは、メインキャラクターの年齢ですね。
メインキャラ達の中で、"一番年下の子"が基準になる。
「ごちうさ」で言えば、チマメ隊が一番年少です。
故に、彼女達を好きというと、ロリ認定されます。


同じ歳でも、作品によって定義が異なるので、ロリかそうでないか変わってしまう。
面白いものですね。

ちなみに、小町がヤバいほど可愛いですね。
f:id:nuruta:20180303010040j:plain
小町エンド。アリだと思います!!

終わりに

f:id:nuruta:20180303005547j:plain