アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

絆=カップリングって考えちゃう腐った脳みそ 「ラブライブ!サンシャイン!!」アンソロジー絆編がとても面白い

この記事は

「ラブライブ!サンシャイン!! 絆編 公式電撃コミックアンソロジー」の感想です。
ネタバレあります。

はじめに

もうアンソロジーは買わないって決めてたのに。
それなのに。
表紙がようちかだから買ってしまった。
f:id:nuruta:20171214225434j:plain
ねぇ、本当に馬鹿なの?
でも、後悔しないレベルだったので、バカで良かった。
感想を書いていきます。

感想

「君にミセバヤ」 ムッシュ神

一発目からようちか。
巻頭からようちか。
ラストの「めっちゃキレー!」って言うのは間違いなく夕陽の事じゃ無くて、ちかっちの事だよね、曜ちゃん?
曜ちゃんが千歌ちゃんのことを好きなのが伝わってくる短編でした。

「ないしょの登下校」 もけさん

曜×善子のお話。
自分が一番人気ないんじゃないかと落ち込む善子を励ます曜ちゃん。
アニメ本編ではなかなか絡むことの無い2人の会話はなにか新鮮だったり。
ドラマCDとかG'sでは絡んでる印象あるんだけれどね。

「summer for sisters」 深山おから先生(知ってる作家なので先生呼び)

「俺のぱんつが狙われていた。」の深山おから先生による黒澤姉妹のお話。
姉妹ならではの気づきっていうのかな。
ルビィのちょっとした表情の機微をしっかりと感じ取ったダイヤが良い感じでした。
姉妹の絆を感じる一遍。

「デーモン・ミーツ・ガール」 亀小屋サトさん

善子×花丸。通称よしまるコンビは、コミカルな掛け合いを魅せてくれるので、かなり好きです。
2期3話の「冗談はよしこちゃんずら」「ヨハネ」とか。
(ってか、このギャグ絶対今の子には伝わってないよねw)
このお話も、そんな2人の関係性をきっちりと描いてくれているのでかなり満足感高いです。

「変化すること」 D否さん

果南と鞠莉のお話です。
今作も表情の微妙な違いから、鞠莉の真意を読み解く果南というシークエンスがあり、それが物語を引き立たせています。
絆というテーマがしっかりと盛り込まれた佳作だなと。

「花丸ちゃんもがんばルビィ!」 ヒロイチさん

花丸ちゃんの歌詞なら、自分も見てみたいかも。
花丸とルビィを中心としながらも、Aqours全体の絆が感じられるような作り。
2人のAqoursへの想いが歌詞として具現化したという意味で。

「私の知らないあなたの気持ち」 ぺけ神

これは傑作。
ようちか大好き人間にとってはご褒美でした。
曜と梨子が入れ替わってしまったという突拍子もない始まり方で、えええと思ったのですが、これが凄く良い。
なかなか自分から気持ちを聞き出せない1期11話の曜ちゃんを見てるようで、「梨子ちゃんの身体を借りてるから聞けること」っていうのがとても納得出来る。

「花丸ちゃんと内緒の料理」 石川瑶さん

花丸×ルビィ!!
2人で皆の為に肉まんをつくるお話。
料理を通して、2人の仲の良さを描いています。

「リア充デート大作戦」 とこのまさん

よしりこ第2弾。
素直なヨハネのなんとも可愛らしいこと。
アニメ本編で描かれても不思議じゃない様なお話になってたと思います。

「ダイヤを取り戻せ!」 くみちょうさん

3年生の話だけれど、梨子が良いトコ持って行ってるw
ツッコミ担当の梨子の本領発揮ですね。
バカバカしくて、かなり面白かったです。

総括

中には、絆をテーマにしてるのだろうかという話もあったものの、全体的にレベル高くてかなり満足でした。
ただ、こうやって書いてきたように、梨子の出番が極端に少ないです。
梨子推しのラブライバーさんには、ちょっと厳しいかもしれません。

アンソロ苦手なのですが、今作は良かった。
とても楽しんで読めました。