アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「名探偵コナン ゼロの執行人」に対する期待感と不安感

この記事は

映画「名探偵コナン ゼロの執行人」に関する記事です。

遂に発表

遂に2018年のコナン映画のタイトルが発表されました。
「から紅の恋歌」のラストで流れた予告通り、安室がメインに据えられた「ゼロの執行人」。
ロゴが格好良い。
執行人はそのまま「しっこうにん」と読むんでしょうか。
変な英語の当て字をしないで、そのまんまでいってほしいですね。

特報動画の公開は、現時点ではまだですが、少し情報が解禁されたので、それについての感想を書いていこうと思います。

期待

あらすじが面白そう。

先ずはあらすじから。

東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。
サミットが開催される5日1日には、2万2千人もの警察官が出動するという超巨大施設で、ある日突如大規模爆破事件が発生!
そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。
サミット当日ではなく事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の不可解な行動に違和感を禁じ得ないコナン。
その時、現場の証拠物に残された指紋が、かつて警視庁に在籍していた毛利小五郎の指紋と一致してしまう!
これは何かの陰謀なのか。
小五郎の逮捕を巡って敵対し始めるコナンと安室。
果たして謎の存在・安室透は、敵なのか、味方なのか?
「極秘任務」のカウントダウンは、既に“その時”へと動き始めていた……。
f:id:nuruta:20171129203604j:plain

「5日1日」は「5月1日」の間違いかな?
「サンデー」では、歴代最大の事件が起こるというようなことが書いてありましたし、この辺は期待ですね。
小五郎が逮捕というのは、原作でもありましたが、今回はどのように乗り切るのか。
「極秘任務」のカウントダウンとは一体何のことか。
あらすじだけでワクワクが止まりません。

安室の活躍

これまではどうしてもライバルである赤井秀一か黒の組織と共に出演することの多かった安室。
「公安の降谷零」としての活躍がほぼほぼ無かったので、「単独主演」の今回は彼の素顔が見れそうで楽しみです。
早速コナンと対立するようなことが発表されてますが、その背景にある動機は何なのか。
「小五郎の弟子」安室として動くのか、黒の組織のバーボンとしてなのか。
はたまた公安の降谷零なのか。

ティザービジュアルに書かれている「それがお前の真実か」の言葉の1つの解釈としては、安室の"本当の貌"が描かれるのかもしれないです。
この辺、期待ですね。

黒田兵衛

警視庁刑事部捜査一課管理官・黒田兵衛(くろだ ひょうえ)。
組織のNO.2であるラムではないかと疑われている「3人の容疑者」のうちの1人。
現在原作では、このラムの正体に迫る可能性が示唆されています。
ネタバレになるので、多くは触れませんが、もしかするとその正体が近いうちに描かれるのかもしれません。
もし、黒田兵衛がラムであったなら…。
ティザービジュアルの印象は大きく変わるでしょう。

何故黒田兵衛が描かれているのか?
ラムだからなのか、それとも、もっと重要な秘密が隠されているからなのか。

ここ数年、原作と絡めて映画で先行的に発表ということもしている中で、黒田兵衛の存在は「2度目の先行発表」を窺わせるものとなっています。

不安

監督変更

静野監督が、7作を以て降板ということになりました。
4代目監督に就任されるのは、立川譲さん。
さて、知らないぞと。
アニメスタッフ音痴を遺憾なく発揮する僕。
調べてみたら、最近では「モブサイコ100」の監督をされていたり、「いぬやしき」のオープニングを手掛けたりしていらっしゃるようです。
おう。どっちも見てない。
こりゃ参った。


静野監督否定派には、今回の監督交代は期待感しかないのでしょうけれど、僕はどちらかというと肯定派。
特に今年の「から紅の恋歌」が僕個人の歴代でも1・2を争う程好きなので、監督交代は不安でしかありません。

ただ、「コナン」に関わってない方を監督に据えるというのは、静野監督の時もそうでしたが、賛成なんですよね。
キャラ理解など不安な面も勿論ありますが、それ以上に「新しい血」が入ることの期待感の方が大きいんですよ。

期待感はあるんですが、「無知は最大の不安」。
てことで、何も知らない僕自身の不甲斐無さからですが、不安な点に入れておきます。

何故金曜公開?

今回一番謎なのが、これです。
初動記録更新する気ゼロなのかなと。


日本の興行収入ランキングは、週末の土曜と日曜2日間のデータで取られます。
その後土曜から金曜のデータを「週間ランキング」として集計。
基本的にマスコミに取り上げられるのは、週末の興行ランキングだけで、週間の方は扱われません。
つまり、「初動」というのは、公開初週の土日のデータということです。


「コナン」の初動はというと、今年が12.9億。去年が12.1億円。
年々上がっており、今年が勿論最高です。
ちなみに「コナン」の場合、この初動の約5倍が最終興行収入となっています。
初動が良ければ良いだけ、最終興行収入が高く出るということですね。

この12.9億という初動。
邦画の初動歴代記録では、第4位の成績となります。
1位は「妖怪ウォッチ」の16.3億円。
この記録を抜くのは、難しいですけれど、迫ることは十分可能だと思っています。

近年は初動記録というのは、大々的に報じられてきました。
一定の宣伝効果があるんです。
ここで大きな数字を出して欲しいと思うのですよね。

金曜公開にすると、この初動が落ちることが懸念されます。

追記。
金曜公開は、東宝、松竹が打ち出した施策らしいです。
洋画の初日が金曜に集中し始めた昨今、邦画も金曜で合わせる事で「働き方改革」(土曜の労働を減らす)、「劇場側の配慮」などの為に「コナン」を皮切りに切り替えていくとのこと。
他の配給会社も最大手の東宝の施策の為、歩調を合わせるのではないかと読んだ記事では結ばれていました。

数字が全てではないが。

数字が全てではありません。
特に僕のような人間には関係の無い事。
でも、好きな作品の数字が良いと嬉しいというのもまた人情。
今年の興行収入が68.7億円。
邦画歴代28位。
日本公開の全映画でも貫録の85位。
凄い数字です。

5年位前までは、30億行けば御の字だったんですよ。
それが今や30億が通過点になってしまった。

今後も右肩上がりを続けるというのは、それは無理があります。
いつか下ることもあるでしょう。
けれど、上るんなら、上を目指して欲しい。

金曜公開で、初動こそ今年より低く出るかもしれません。
けれど、最終興収で上回ってくれたら…。

不安点に上げてしまいましたが、立川監督に期待ですね!!