アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「こみっくがーるず」があまりにも僕の中で覇権過ぎた

この記事は アニメ「こみっくがーるず」の記事です。 あばばばば。

大暮版「化物語」 第1巻感想:台詞の多さにストレスを感じさせない大胆な構成が読み易さを担保する!!

この記事は 漫画版「化物語」の感想です。 ネタバレあります。

「たとえとどかぬ糸だとしても」切なすぎる恋愛劇がスゲエ!!

この記事は 「たとえとどかぬ糸だとしても」の感想です。 ネタバレあります。

「Wake Up, Girls!」解散に寄せて

この記事は WUG解散についてです。 久々の悲報。

「金田一37歳の事件簿」 第1巻感想 4代目ファントムがはっちゃけすぎてる理由

この記事は 「金田一37歳の事件簿」第1巻の感想です。 ネタバレあります。

「デスラバ」1巻を読んでみた(困惑)

この記事は 「デスラバ」1巻の記事です。 ネタバレあります。

これぞ少年漫画の新王道!!「セイギダイ~明治警察伝~」

この記事は 「セイギダイ~明治警察伝~」の感想です。 ネタバレあります。

「ラブライブ!サンシャイン!!」ファンブック厳選トップ11

この記事は 「ラブライブ!サンシャイン!!」同人誌の感想。 よーしこー

「あさがおと加瀬さん。」 感想

この記事は 「あさがおと加瀬さん。」の感想です。 ネタバレあります。

「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 3rd LoveLive! Tour ~WONDERFUL STORIES~」埼玉初日感想

この記事は 「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 3rd LoveLive! Tour ~WONDERFUL STORIES~」の感想です。

「椿様は咲き誇れない」 パンチラに込められた漫画の本質

この記事は 「椿様は咲き誇れない」の感想です。 ネタバレを含みます。

「DRAGON BALL超」 第6巻感想 相変わらずアニメ版には無い納得の物語だった(キリッ)

この記事は 「DRAGON BALL超」第6巻の感想です。 ネタバレあります。

「悪役王子は恋ができない」 第1巻感想

この記事は 「悪役王子は恋ができない」の感想です。 ネタバレあります。

「デッドプール2」の感想。ヴィランの登場しないヒーロー映画

この記事は 「デッドプール2」の感想です。 ネタバレあります。

「劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人」が2018年年間1位を取れるか検証

この記事は 「ゼロの執行人」の記事です。

「お従兄さんの引っ越しの片づけが進まない」 第1巻感想

この記事は 「お従兄さんの引っ越しの片づけが進まない」第1巻の感想です。 ネタバレあります。

実写版「恋は雨上がりのように」ネタバレ感想

この記事は 実写映画「恋は雨上がりのように」の感想です。 ネタバレあります。

「弱キャラ友崎くん」 6巻ネタバレ感想

この記事は 「弱キャラ友崎くん」6巻の感想です。 ネタバレあります。

二次元美少女ヒロイン総選挙!!

この記事は …。

「青春ブタ野郎は初恋少女の夢を見ない」で号泣した

この記事は 「青春ブタ野郎」シリーズの感想です。 ネタバレあります。

「金田一37歳の事件簿」 七瀬美雪死亡説

この記事は 「金田一37歳の事件簿」の妄想記事です。

「ウマ娘 プリティーダービー」でウマ娘がライブするのは何故なのん?

この記事は 「ウマ娘 プリティーダービー」の記事。

「ゲーマーズ!」10巻 ネタバレ感想:何故伏黒真音が登場するに至ったのか考えた

この記事は 「ゲーマーズ!」10巻感想記事です。 ネタバレを含みます。

「ソード・オラトリア」 第10巻 感想 大きな満足感を得られた2つの理由

この記事は 「ソード・オラトリア」第10巻の感想記事です。 ネタバレを含みます。

「ポケモンGO」の育成論が謎すぎる

この記事は 「ポケモンGO」の記事です。

「探偵ゼノと7つの殺人密室」第1話でガッカリのちビックリ

この記事は 「探偵ゼノと7つの殺人密室」の感想です。 ネタバレあります。

腹抱えて笑えた「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」

この記事は 「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」の感想です。 ネタバレを含みます。

「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR」感想であります

この記事は 「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR」の感想です。

【聖地巡礼】「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」なりたけに行って来た!!

この記事は 「俺ガイル」聖地探訪レポートです。

茶戸センセ(徒歩二分)の「ようようちかちか」で萌え死んだ

この記事は 同人誌「ようようちかちか」の感想です。 ネタバレあります。