アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「ご注文はうさぎですか?」 心がぴょんぴょんしちゃう理由

この記事は

「ご注文はうさぎですか?」の記事。
6巻を読んだの。

はじめに

6巻を購入して、読みました。
楽しかった。

可愛い萌え系漫画は数あれど、僕はやっぱりこの作品が好きです。
ちょっと理由を考えてみました。

一点イラストと漫画の差

プロの漫画家の中にもたまにいらっしゃるんですが、一点物のイラスト…例えば表紙絵とかですね。
と、中身の漫画の絵に「画力の差」がある方がいらっしゃいます。

イラストになると上手いんだけれど、漫画は一枚劣る…とか。
その逆でイラストはイマイチなんだけれど、漫画になると上手く描けている…とか。

後者は単純に画力不足なのかな。
前者は、少し複雑で、絵の基本が出来ている人。
けれど、漫画という「動きのついた絵」になると苦手なのかなと。

漫画は静止画なんだけれど、僕としては動画と大差無いと考えています。
動きのある様子を1コマ1コマ切り抜いて、静止画として見せているだけで、動きのついた絵であると。

一枚絵は完全なる静止画ですね。
被写体の動きをピタッと止めて描いている。

漫画描いたことの無い門外漢の言う事なので、説得力が全然ないんですが、イラストと漫画では習得する技術が全然違うんだと思うのですよね。
それぞれに特徴があって、「上手い漫画家」はその両方を得意としている。


んで、Koi先生はというと、その「上手い漫画家」に入ると思うのです。

Koi先生の凄まじい画力

イラストとしても見応えがあるチノ達可愛いキャラクターの絵。
Koi先生の最大の特徴。
この作品の最大の武器がこれに当たるんではないかなと。

アニメ版は原作の再現度高いのですが、華やかさに欠けています。
この辺りは、Koi先生にしか出せない部分なのでしょう。
CGの使い方が上手く、煌びやかで華やかな印象のイラストを数多く上げていらっしゃいます。
f:id:nuruta:20171109220002j:plain
f:id:nuruta:20171109220012j:plain
イラストとして見ても惚れ惚れする巧さです。

中身の漫画は、このレベルのまま動いているんです。
イラストと同じ可愛さ・上手さのチノ達が画面狭しと動き回っている。
時には崩した表情を魅せつつも、漫画として「動き」ある絵で描かれている。
活き活きと描かれているから、とってもかわいく見える。

上手さと可愛さ。両方の意味で「絵」を魅せてくれる。
だから、僕は好きなんです。
心がぴょんぴょんしちゃうのです。

6巻感想

ついでに6巻の感想を少しだけ。
皆可愛いんですが、凛ちゃん良いですね。

アニメ版の声が木村珠莉さんで、それだけでお気に入りでしたが、こうやって本格的に描かれると可愛さが増しますね。
ワンテンポずれつつ翠ちゃん愛を貫いている所が良いですね。

そして、触れておかねばならないハロウィン回とクリスマス回。
ハロウィンの方は、チノ母の出し方が秀逸ですね。
喋らないまでもドジっ子っぽいところを見せつつ、「あ~チノのお母さんなんだ」と一目で分かる雰囲気を纏っていて。

クリスマスは、そんなチノ母の夢が予想を超える形で叶った事が描かれている。
皆仲が良く、可愛く、華やかで…。

チノ母がココアの前に現れたのは、この場を作り上げたと言っても良いココアに対する感謝の気持ちの現れなのかもしれませんね。
娘を大事にしてくれていること、夢を叶えてくれたこと。
ありがとうという感謝と共に、ココアを助けに出て来てくれたのかなと。

そんな想像をすると、素敵だなと思えて来ます。

終わりに

週末は映画です。
こころがぴょんぴょんしちゃいますね。
f:id:nuruta:20171109222550j:plain
アニメイトで購入しました。
表紙絵も特典のイラストカードも可愛いです。
(シャロとチノが特に好き。)