アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

コーチャンフォー若葉台店へ行こう!!

この記事は

オススメの本屋さんの記事

はじめに

コーチャンフォーをご存知ですか?
北海道に拠点を置き、広く展開している複合書店です。

本、雑貨文房具、メディア、カフェの4つを柱とし、広大な敷地に店を構える安らぎ空間です。
今回は、その本土初出店となった若葉台店のレビューとなります。

基本情報

f:id:nuruta:20171101114701j:plain
東京都稲城市の若葉台駅から徒歩で5分ほど。
ワンフロアに、本、雑貨文房具、メディア、ドトールコーヒーが入った超巨大本屋さん。
それがコーチャンフォーです。

僕は普段車で行っているのですが、605台駐車可能という専用駐車場を完備。
1時間無料で、買い物(またはドトール利用)すると金額に関係なく4時間まで無料になります。

ゆっくりと本や雑貨を見て、カフェで寛げます。


オススメの巡り方は、先ず、書籍・文房具・メディアとご自身の気になるエリアを見る。
出来れば、そこで1000円以上のお買い物をして下さい。
理由は後述しますが、概ね1000円を基準として下さいね。

存分に店内を見て回ったら、足休めということで、ドトールでリラックスした時間を過ごす。

これが僕のオススメのまわり方になります。
では、いつも僕が回っている感じでご紹介します。


あ。そうそう。
ポイントカードがありますので、初めての方は発行してもらいましょう。

コミック売り場

f:id:nuruta:20170727001122j:plain
参考文献:
nuruta.hatenablog.com

やはり僕はこのエリアが目的で来ているのです。
上の記事にもあるように、2017年7月の改装で、書架の並び方が変わりました。
個人的にやや探し辛くなっている感は否めないのですが、楽しい事には変わりません。

作者の五十音順でレーベル関係なく本が陳列されていますので、人に因ってはやや探しづらいかもしれません。

そこで、雑誌のコーナーがオススメ。
買いたい漫画があるけれど、作者名まで分からない。
そういう時に便利です。
基本的に立ち読みOKとなっているので、ここで、お目当ての漫画の作者さんを探しましょう。

1つ注意があるとすれば、雑誌を購入する時。
ジャンプなど大手の雑誌はそういうこと無いんですが、マイナーな雑誌程既刊と新刊が混在して置いている場合があります。
基本的には、既刊は新刊発売時に撤去されるものですが、大型店故かその辺少し管理が曖昧になっています(汗
(既刊を売ってはいけない訳では無いので、「違法」と呼べるものではありません。)
しっかりと新刊である旨を確認の上、ご購入いただければと。

続いては、その月の新刊コミックスが平積みされた平台へ向かいましょう。
雑誌コーナーの奥にあります。
大まかにレーベル毎に新刊が置かれていますので、新刊はここから探しましょう。

稀にですが、ここに置かれていない新刊もあります(笑
発売直後に「金田一少年の事件簿R」の新刊が置かれて無くて、非常に焦ったことがあります。
そういう時は、慌てず騒がず作者の棚へGO。
「新刊」の札と共に、書棚に置かれている場合がありますので、全力で探しましょうw
難しいなって場合は、店員さんに聞くか、書籍検索機が設置されていますので、検索機を活用するのも一つの手ですね。

充分な広さを誇っているので、無い本は無いと考えてもいいかもしれません。


但し、所謂「店舗特典」のようなものはありませんので、悪しからず。

ラノベコーナー

基本的に見て回るだけなのが、ラノベコーナー。
何故ってシュリンクされて無いからw
潔癖なんです。僕は。

シュリンクされて無いので、軽く中身を試読したい場合は、OKなんじゃないかな。
5分ほどを目安にお店や他の客の邪魔にならない程度で、あとはマナーを守ってくださいませ。
(立ち読みしてる客は見たことがありませんので、基本NGかもしれません)

メディアコーナー

CD、DVD、BDが置いてあります。
アニメ専用の棚もしっかりとありますので、定価で問題無いよって方は、見て回るのも面白いかもしれません。

雑貨コーナー

書籍コーナーに匹敵する広さを持つ、雑貨コーナー。
文房具だけではなく、本当に色々なものが売られています。
見て回るだけでも楽しいです。

ディズニー、ポケモン、ジブリ、スヌーピー等々、アニメ等に関係している作品の専用コーナーもあり、お子様も満足されるでしょう。

ドトールコーヒー

f:id:nuruta:20171101121131j:plain
全国最大規模226席を有するドトール。
土日は、それでも満席です。
可能であれば、平日がオススメ。
勿論、コーチャンフォーのポイントも付きますよ。

この店舗の特徴は、「寛げる」点。
写真で見て分かるように、基本的にはソファー椅子(?)のような背もたれにゆったりと腰を落ち着かせる事の出来る椅子を採用。
長時間利用できるような配慮が行き届いた席となっています。

但し、土日など客の多い日は、「この時間帯は勉強はしないようご協力をお願い致します」という立札が立っていることがあります。
学生の皆さんは、その辺配慮し、長時間居座らない様に協力しましょう。

さて、最初の方に、1000円程度の買い物をしましょうと書きました。
その理由がここで活きてきます。
書籍、文具、メディアの部門で買い物をすると、この店舗限定のサービスチケットを発行してくれます。
ドリンクのサイズアップクーポンです。
SからM、MからL。
どちらかのサイズアップをしてくれます。

このチケット、前は無条件で貰えていたのですが、一度貰えない時がありました。
コミック1冊程度しか買わなかった時ですね。
以前からなのか、システムが変わったのかは定かではありませんが、別の日の会計時に「1000円以上ご購入のお客様に当店ドトール専用のクーポンをお配りしてます」と言われたことがありますので、そういうことなのかもしれません。
正確な情報ではありませんので、あくまで目安にして下さい。
クーポンが欲しい場合は、最低1000円のお買いものを頭の片隅にでも入れておいてくださいね。


もう1つ、特筆すべき点は、この店舗のケーキセットの販売時間でしょう。
以前は他の店舗と同様午後2時からの販売でしたが、それが変更となり、営業時間内全日販売になりました!!
甘党好きには堪らない変更です。

最近はパリパリチョコミルクレープが美味しくて、オススメです。
www.indoor-joshi.com
初めて食べたその日に、あわわこさんが記事にされていて感動しましたw


平日、ドトールでケーキ食いながらキンドルで「りゅうおうのおしごと」読んでるオッサンがいましたら、それが僕ですよろしくね。

終わりに

アイドルの握手会や特定の週末には稲城の野菜市なども開催されていたりとイベントも定期的に行われているコーチャンフォー。
一度訪れてみて下さい。
きっと癒されますよ。

www.coachandfour-wakabadai.jp