アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

フィギュアの「存在価値」を問う

この記事は

フィギュアに関しての記事です。

取ってきた。

「巡愛・沼津」シリーズから曜ちゃんが登場!!!!!!!
取って来ました!!!!!!
f:id:nuruta:20171026211715j:plain
まだ開封してませんが、見本は相当可愛い。
はにかんだ笑顔が堪りません。

いや~~。
もうフィギュアは手出さないと決めてたんですが、やっぱりダメですね。
可愛いとついつい取ってしまいます。
買ってしまいます。

でも、本当にそれでいいの?と思い始めているんです。
物にはそれぞれ価値があって、最も存在価値がある取り扱い方ってあると思うのですね。
最適解ってやつが。

フィギュアの場合、僕はその最適解を取れないでいるんですよ。
だから、もう買うべきじゃないのかなと思い始めています。

タンスの肥やしで良いの?

さて、先ずは僕のコレクションをちょろっとだけ見て貰います。
f:id:nuruta:20171026212037j:plain
f:id:nuruta:20171026212052j:plain
f:id:nuruta:20171026212109j:plain
全てIKEAで揃えています。
背面ミラーもLEDもですね。

フィギュア棚と呼べるのは、これだけで、もういっぱいいっぱいな状態です。
これ以外にも未開封のフィギュアが押入れの中で眠っております。

やはりフィギュアって飾ってナンボだと思うのですよ。
別に豪奢なケースに入れなくたっていい。
どこかいつでも見れる場所(出来れば埃対策位施した…)に飾れればいい。

けれど、色々と趣味を持ってたりすると、それも中々に難しい。
僕の場合、コミックス収納の為の本棚が狭い6畳間の大半を占有している為、フィギュアを飾れるスペースが無いんです。

本やディスクに比べても、嵩張るコレクションですからね。
相応のスペースが必要な訳です。


そうなってくると、買ったは良いけれど、そのまま眺めることもなく、押入れへGO!!
残念なことに陽の目をみることは無いんです。


買う意味あるんだろうか…と。
自問するようになりました。

本音を言えば欲しい

話し変わって…。
欲しいフィギュアがあります。

電撃屋で予約を受け付けている「『ラブライブ!サンシャイン!!』Birthday Figure Project」シリーズ。

プロジェクトが発表された時は、全員揃える決意を固めました。


しかし、うつで職を追われ、今や無職の身。
お金的な理由と、前述の「飾れない問題」で泣く泣く全員見送ることにしました。


曜ちゃん推しとしては、曜ちゃんだけでも買うべきなのかもしれませんが、ここは「Aqours好き」としては全員揃えたいもので。


何度も書くようですが、フィギュアは飾って、眺めてナンボのアイテム。
それが出来ない環境では買うべきではないのかなと。

結論

お金が欲しい。
(BIG6億プリーズ)