アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR」埼玉公演初日感想

この記事は

HAPPY PARTY TRAIN TOUR」埼玉公演初日行って来た~。

はじめに

「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR」埼玉公演初日。
長い。
やたらとタイトルが長くなりましたが、初日のレポートです。
再三言ってます通り、人生初のライブ体験でした。

セットリスト

1.HAPPY PARTY TRAIN
2.届かない星だとしても
3.少女以上の恋がしたい
4.夏への扉 Never end ver.
5.真夏は誰のモノ?
6.地元愛満タン☆サマーライフ
7.夏の終わりの雨音が
8.未熟DREAMER
9.恋になりたいAQ UARIUM
10.Daydream Warrior
11.スリリング・ワンウェイ
12.P.Sの向こう側
13..LONELY TUNING
14..Guilty eyes fever
15.青空Jumping Heart
16.SKY JOURNEY
17.MIRAI TICKET
18.君のこころは輝いてるかい?
EN1.サンシャインぴっかぴか音頭
EN2.太陽を追いかけろ!
EN3.ユメ語るよりユメ歌おう

感謝

先ずは僕の隣の席だった好青年さん。
1人、何も持たずに突っ立っているだけだった僕に、ラブライブレードを1本貸して下さり、誠にありがとうございました。
お陰様で大変楽しむ事が出来ました。

何も買えなかった。

15時開演のところ、鈍行でゆっくりと行ったら、16時過ぎにメットライフドームに到着。
もうこの時点で凄い人。
入場制限掛かってました。

1時間もあれば余裕で物販にもよって、席に着けるかなと考えていた僕が大アマでした。
物販の列に並んでいる余裕すらなく、速攻で席に向かわないと余裕の無い状態。

いや、これは大失敗でした。
最低限パンフだけは買うつもりでしたので。

感想

ここからは感想になります。
f:id:nuruta:20170418203452j:plain
1曲目は、ライブタイトルにもなっている「HAPPY PARTY TRAIN」。
衣装が超絶可愛い。
パフォーマンスの完成度も高く、ノリの良い曲もあって、いっきに会場全体がクライマックス状態でした。

4曲目からは、埼玉公演の目玉となるユニット曲。
会場の様々な場所から登場してくれるなど、遠くのラブライバーにも気を使ってくれた構成に。
個人的には、曜ちゃん…斉藤朱夏さんが割と近くまで来てくれたので、とてもよかったです。

12.P.Sの向こう側
13..LONELY TUNING
14..Guilty eyes fever
ここはユニット曲だったけれど、どれもこれも聞いたことの無い曲。
あれ?と。
1人ぽかーんとしてしまいましたが、このレポ書く際に検索して納得。
円盤全巻購入特典曲だったようですね。
知らない訳だ。

物凄く贅沢な構成だったのでは…。
もっとしっかりと聞いておくんだった。

15曲目。
青空Jumping Heartからはテンションアゲアゲですよ。
(周りからは、低テンションにしか見えなかったでしょうけれど。)
会場のボルテージも一層上がって、ラストまで突っ走りました。

特にアンコールはMC含めて盛り上がりましたね。
うちっちー登場したり。
曲も3曲とも個人的に好きな楽曲だったので、凄く良かったです。

まさかのμ'sとの"共演"

既に公式で動画が公開されてますが、先日発表された新作アプリゲームの動画。
μ's登場時のドームの揺れが凄かった。
ある意味一番の歓声だったんじゃないかな。
改めてμ'sの人気の高さが窺えました。

いつか、ガチ共演するアニメを見てみたいものですね。

終わりに

お相撲さんやらリアル幼女ヨハネちゃん(多分小学生。可愛かったw)とか、客層の広さを改めて感じました。
そして、一体感ですね。
Aqoursのパフォーマンスの完成度、本気度、愛情がビリビリと伝わってくるから、より一層この作品を好きになれました。

来週からの2期。
そして、更なる発展を見せてくれるであろうAqoursの未来に夢を馳せ、ここらで終わらせてもらいます。
短く拙いレポート、最後までお読みいただきありがとうございました。