アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「けものフレンズ」監督降板騒動 「たのしー!」って誰もが言えるように

この記事は

「けものフレンズ」の記事です。

世間が騒いでいる

流石にネットに少しでも触れていれば、今回の騒動は目にしない訳にはいかず。
「けものフレンズ」の騒動が凄いことになっています。

何故こうも騒がれているのか、アニメを見ていなかった僕にはイマイチピンと来ないのですが、ちょっと騒ぎ方間違えているよというのも見かけるので、筆を執ってみます。

監督解任騒動

結局本当のところは分からない訳で。
多分、「製作委員会が膨れ上がったアニメ版の利益に目がくらんで、対立していた功労者を外した」という陰謀論が一番しっくりくるのですが、本当のことが判明する事は無いでしょう。
だから、吉崎観音先生にとつるのは間違っているので、辞めて貰いたいです。
企画の中心人物に居るとはいえ、今回の決定は間違いなく組織が関わっています。
一個人…しかも漫画家先生に決定権があったとは思えませんし、実情も僕ら同様知らされていない可能性だってあります。
まるで先生が悪いかのようにツイッターで不躾なリプライをすることは、止めませんか。


もう1つ、眼にしたのがKADOKAWAの不買運動。
思い付いてもやってはいけない愚作の1つがこれでしょう。
絶対にダメです。
無関係の漫画家や作家がダメージを負うだけです。
KADOKAWAという企業の大きさを考えれば、ダメージはゼロでしょう。
不買運動だけはやってはいけません。

何故こうも騒ぎがでかくなったのか。

ちょっと調べてみたら、降板したたつき監督は、監督だけではなく、シリーズ構成から脚本まで担当されていたのですね。
将棋で言えば、玉角飛車堕ちってところでしょうか。
勿論こんなハンデ在り得ないので、勝負にならないって意味ですけれど。

ただでさえ、一度は終わったコンテンツをアニメ版の力で盛り返しただけに、ファンの監督への信頼度は絶大だったのでしょう。
一監督の降板劇として、収束しない理由も分かります。

1ファンが本当に出来ること。

f:id:nuruta:20170928160430j:plain
声優さんに謝罪させてきたというのは、本当にKADOKAWAというか製作委員会汚いと憤るまでありますが、そこは落ち着いて、本当の意味での「報復」を考えてみようじゃないですか。
「たつき監督降板は失着だった」と製作委員会に思わせるにはどうするか。

2期を見ないことでしょうね。

どんなに気になっても見ない。
批判したいから見る…なんてこともしない。

好きの反対は嫌いではありません。
無関心です。

自分達が好きだった1期だけを愛し、2期は目にも入れない。
深夜なので、それが視聴率に反映されれば面白くて分かり易いのですが、それは多分無い。

BD、DVD、関連書籍。
2期に関する商品を一切買わないこと。
これが本当の意味での不買運動なんじゃないでしょうか。

ただ、ね

ただ、それでも、監督解任劇に全く関わってない人のキャリアや生活に響いてしまう事は考えられます。
そんなの全然「たのしー!」くありません。

今回の件は悔しいかもしれません。
理不尽がまかり通って居た堪れないかもしれない。
一番悔しくて、堪らないのはたつき監督自身だろうから、ファンはもう少し冷静になって…。

不買運動も無視も止めて、2期も「たのしー!」って言えるのが一番だと個人的には思います。