アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

今夏一番の感動作!!「きみの声をとどけたい」感想

この記事は

「きみの声をとどけたい」の感想記事です。
ネタバレあります。

凄く良かった

見て来たのですが、物凄く良かった。
感動した。
絶賛します。

評価

作画
4.0
脚本
5.0
キャスト
4.0
音楽
4.0
総評
4.5
f:id:nuruta:20170825200345j:plain

感想

江ノ島をモチーフとした架空の海辺の町・日ノ坂町を舞台に、普通な女子高生・行合なぎさが小さな奇跡を起こす物語。
先ずは、キャストに触れていきましょう。
この作品の為に選ばれた新人声優ユニット「NOW ON AIR」の演技は、新人らしさをちょっと残した瑞々しい演技で、これが実に作品の世界観に浸れるほど相性が良かった。
演技でも作中でも少し足りない部分を皆で補うようなイメージが伝わってきて、微笑ましくも団結力の強さみたいなものを感じました。

そして脚本ですね。
王道を斜に構えることも無く、奇をてらわずに真正面から描いている所に好感が持てました。
事故で寝たきりになってしまった女性。
彼女がやっていたミニFM局・ラジオアクアマリン。
なぎさ達は女性の為にこのラジオ放送を復活させて、最後には小さな奇跡を起こす。
言霊は本当にあるんだと最初から提示して、その力が奇跡を生む。
僕はこういう王道ものに弱いんです。

なぎさを中心とした青春群像劇は、本当に瑞々しいの一言で纏められるほど、美しく、どこか儚さを持った映像でした。

音楽も良かったな~。
作中曲もエンディング曲も。
クライマックスの歌唱シーンは、歌の良さが物語を盛り上げていて、感動を煽る煽る。
素晴らしかったです。

なぎさのキャラクター

元気で優しい女の子。
初めて会った女性の為に泣ける女の子。
彼女視点のお話だったから、優しい物語が紡がれたのだと思う。

終わりに

これは見て欲しい映画。
BD出たらどうしよう。
買っても良いかもしれない。

非常に鑑賞後の後味が良くて、「いいもの見た~」って感じました。
今年では「名探偵コナン から紅の恋歌」以来2度目の感動。
本当に面白い映画でした。