アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

アベンジャーズ(マーベル・シネマティック・ユニバース)に今からでも追いつく為に見ておきたい4本

この記事は

アベンジャーズが面白い!!
ということで初心者さんを増やせたらいいな。

マーベル・シネマティック・ユニバース

マーベル・シネマティック・ユニバース(以下「MUC」)をご存知ですか?
DCコミックと対を成すアメリカが誇るアメコミ会社・マーベルコミック。
その実写映画のプロジェクトを壮大な計画で進めており、その計画名みたいなものです。

単独の作品だと思ってみたら、同一世界観を舞台とし、キャラや設定が細かい部分で別作品と繋がっているのです。
故に「MUC」は時系列順に見ないと、話を100%楽しめない作りになっています。
でも、今から全てを追うのは大変な作業です。

なんたって現在公開されている『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』まで含めれば15作品も公開されているのですから。
以下にリストで書きますと、こんな感じ。

フェイズ1
『アイアンマン』(2008年)
『インクレディブル・ハルク』(2008年)
『アイアンマン2』(2010年)
『マイティ・ソー』(2011年)
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
『アベンジャーズ』(2012年)

フェイズ2
『アイアンマン3』(2013年)
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
『アントマン』(2015年)

フェイズ3
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)
『ドクター・ストレンジ』(2017年1月公開)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年5月公開予定)
『スパイダーマン/ホームカミング』(2017年8月公開予定)
『マイティ・ソー3/ソー:ラグナロク』(2017年10月公開予定)
『ブラック・パンサー』』(2018年公開予定)
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

フェイズ4は省略しますと、これだけの作品があります。


全部見ないと楽しめないなんて、ハードル高すぎる。
そんな風に思ってしまうかもしれません。
けれど、そうじゃないよと断言したい。

つまみ食いするだけでも充分面白いシリーズなのですから。

フェイズ1

  1. 『アイアンマン』(2008年)
  2. 『インクレディブル・ハルク』(2008年)
  3. 『アイアンマン2』(2010年)
  4. 『マイティ・ソー』(2011年)
  5. 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
  6. 『アベンジャーズ』(2012年)

僕が見たのは「アイアンマン」と「アベンジャーズ」のみです。
「アイアンマン」はテレビで見ました。
この時は正直面白いと思えなかったんですね。

で、いきなり「アベンジャーズ」を映画館で見てド嵌りしたのです。

だから、僕はこのフェーズに於いては「アベンジャーズ」のみの鑑賞をお勧めします。


その前に最低限知っておいて欲しいのが登場するヒーローのこと。
f:id:nuruta:20170516141557j:plain
一番手前がトニー・スターク / アイアンマン。
滅茶苦茶格好良いです。
チームの中心ですね。

女性を飛ばして、左奥に居るのがスティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカ。
「ファースト・アベンジャー」と言われている伝説の超人です。
星をあしらったでっかい盾で戦います。

右手にいる長髪の男がマイティ・ソーです。
半分神様なので、彼の持つハンマーは彼にしか扱えません。

この3人が中心になっているので、3人のことさえ把握しておけばOKです。
アイアンマンしか知らなかった僕が言うので大丈夫です。

あと、味方組織がS.H.I.E.L.D.、敵組織がヒドラというのだけ覚えておいてください。

フェイズ2

  1. 『アイアンマン3』(2013年)
  2. 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
  3. 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
  4. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
  5. 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
  6. 『アントマン』(2015年)

見たのは、『アイアンマン3』、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、『アントマン』の4本。

全部面白かったけれど、内容把握するには、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を見ておけば十分です。
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は今のところ、「アベンジャーズ」シリーズに顔出ししてないので、無視して良いかな。
『アントマン』は、この後出てきますので、ちょろっと紹介。

アントマン=蟻人間ということからも分かるように、アリほどの大きさになれるスーツを手に入れたスコット・ラングが世界の危機に立ち向かう話。
「MUC」シリーズの特徴として、エンディングロール後に後続の作品との繋がりが示されたりしますが、今作もそうでした。

フェイズ3

  1. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)
  2. 『ドクター・ストレンジ』(2017年1月公開)
  3. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年5月公開予定)
  4. 『スパイダーマン/ホームカミング』(2017年8月公開予定)

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は絶対に見て欲しい1本。
ただの「キャプテン・アメリカ」の3作目ではありません。
1本の映画としても素晴らしく面白いし、縦の繋がりという意味でも重要な1本だからです。

先日『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』を鑑賞しましたが、やはりこれも殊更見る必要性を感じませんでした。
この先、本当にアベンジャーズと合流するのかも疑わしいですし。
『ドクター・ストレンジ』は、出てくるという噂があるので、今度見て置こうと思っています。

見るべき4本

以上を纏めますと、

  1. 『アベンジャーズ』(2012年)
  2. 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
  3. 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
  4. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)

この4本を、この順番で見れば、追いつけると思います。

この夏公開の『スパイダーマン/ホームカミング』は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初登場したスパイダーマンの単独主演作品。
これまでも2度シリーズ化されてきたスパイダーマンですが、今回で3回目のシリーズとなります。

アイアンマンとタッグを組んで、どんな事件を解決してくれるのか。
今からわっくわく~のどっきどき~です。

拝啓、藤原啓治様

藤原啓治さん、お願いです。
お願いですから、『スパイダーマン/ホームカミング』のアフレコには間に合って。
もう貴方の声じゃないと、アイアンマンって気がしないの。

その痺れるほど渋く恰好良い声音をもう1度聞かせて下さい。
他の声だったら、僕は字幕を選択するかもしれない。
それほど合ってるし、他のキャストでは嫌だから。

本当、間に合って欲しい。

終わりに

細部まで知るには、やはり上に上げた順番(アメリカでの公開順)で全作品を見るのがベストです。
ただ、最新作に手っ取り早く追いつく為だけならば、この4本で十分じゃないかなと。