アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

誰でも出来る面白い漫画に出会う方法

この記事は

タイトル通りです。
畏まったような内容ではないです。

言及有難うございます

id:med2016さんが
www.manga-karte.com
という記事でこのブログを紹介して下さりました。
ありがとうございます。

一緒に並べられているブログは、僕でも知ってるところが多く、かつ、ここなんかより一枚も二枚も三枚も上のレベルの方々ばかりなので恐縮です。
たいしたブログじゃないですよ、ここは。ホントに。

んで、折角なので、僕なりに「誰でも出来る面白い漫画に出会う方法」を書いてみたいと思います。

多読が一番の近道

絵がどうとか、内容がどうとか言うつもりはありません。
簡単です。

自分が面白いと素直に感じた作品。
それだけです。

WEBで他人の評価なんて調べる必要ありません。
売上なんてクソ喰らえです。
書店員のオススメも二の次。
名だたる賞を取ったって関係無い。

絵でも、タイトルでも、作者名でも、あらすじでも、なんだっていい。
琴線に触れた作品に実際に触れてみて、自分でちゃんと読んでみる。
自分で読まないと始まらないし、誰にも分からないんですよね。

所詮多読することが、一番手っ取り早くて確実な方法なんですよ。


僕の場合、割と漫画喫茶を利用します。
漫画雑誌を手に取ってパラパラと捲ってみる。
コミックスで気になった作品を読んでみる。
そうやって、地道に探していくしかありません。

勿論、気に入ったらちゃんと新刊で買うのは大事ですし、僕はそうしています。
きちんと作者に還元しないと、面白い作品に出会う機会を自ら逸することにもなりかねませんからね。

なんだか僕のブログを紹介して下さったのに、「自分で探すのが一番だよ」と言ってるみたいで申し訳ないのですが…。
でも、それが一番だと信じています。

自分の感性を大事に。
自信を持つ事。

それが肝要なんです。

オススメ漫画

これだけだと味気ないので、最近の僕のオススメをジャンルごとに紹介。

先ずは、何と言ってもラブコメディ。
「僕らはみんな河合荘」、「天野めぐみはスキだらけ!」、「ななしのアステリズム」、「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」、「からかい上手の高木さん」をお勧めしたいです。

「僕らはみんな河合荘」はアニメ化もされたので、ご存知の方も多いでしょうけれど、鉄板の面白さです。
キャラクター1人1人が非常に濃くて、彼らの会話が爆笑レベルのコメディになっている。
嵌ると底なし沼の如く嵌っていくこと必至です。

「天野めぐみはスキだらけ!」はムチムチ女の子を眺めるのを好きな人にオススメ。
めぐみちゃんと学君の日常風景を微笑ましく見守りましょう。

「ななしのアステリズム」は百合成分があるので、そこが苦手だとお勧めし辛いのですが…。
大丈夫よ、かもーんって場合は、嵌る事請け合いです。
切なくも実らない恋。友情と恋愛の狭間で揺れる女の子達にキュンキュンしちゃってください。

「かぐや様は告らせたい~アホたちの恋愛頭脳戦~」。
恋愛(こい)は天才(ふたり)をアホにする。
天才の駆け引きを楽しみつつ、どんどん相手に惚れていく様を笑いながら見守りましょう。

「からかい上手の高木さん」。
高木さんが西片君をからかうのは、純粋に好きだから。
そして、何故からかう事が出来るのかは、常に西片君を想っているから。
ショート形式でサクサク読める至高のラブコメ。


コメディ成分薄めの恋愛漫画になると、「恋と嘘」、「恋は雨上がりのように」、「やがて君になる」の3本かな。

政府が遺伝子情報から「最適な結婚相手」を選別し、国民に実施している世界。
それでも、自分の愛を優先させる少年の切ない物語「恋と嘘」。
アニメと実写化が控えているので、手に取るには今がチャンスです。

人が恋をするのに特別な理由なんていらない。
歳の差なんて関係ない。
甘くも切ない女子高生がバツイチのオッサンに恋をした「恋は雨上がりのように」。
同じくアニメ化が決まってます。

これも百合百合してるんだけれど、切ないんだコレが。
恋を知らない女子高生2人の"恋愛ごっこ"と言っても言いすぎじゃないかもしれない。
切ないごっこ遊び。「やがて君になる」。


スポーツものなら「マイぼーる!」一択かな。
女子サッカー漫画。
ちょっとえっちいのでそういうの苦手な人はごめんなさい。
青春恋愛スポ根群像劇ですね。


コメディは「干物妹!うまるちゃん」かな。
ビバ!!アニメ2期。
ショートコメディなので、気軽に読めると思いますよ。


女子漫画に移ると「ODETTE」と「嘘解きレトリック」。

猫氏と彼女のデート漫画「ODETTE」。
彼女の多恵ちゃんが超絶可愛い。
ほんわか女の子で、その彼氏が猫というね。
いや、猫。
猫氏。
ほんわかしないで、他にどうするの?って感じ。

嘘を見抜ける少女が1人のズボラな探偵と出会って、彼女の世界が一変する。
「嘘を見抜く」という能力を物語の根幹にまで根ざしたストーリーが非常に面白い。
「嘘解きレトリック」。優しい気持ちになれるミステリでも如何ですか。


その他、「響~小説家になる方法~」。

歯に衣着せぬ物言いをし、冗談の通じない性格。
考えるより先に行動する、のではなく、自分の考えたことを「思いとどまる」ことをしない。

こんな少女が文壇をかき回す様が痛快にして小気味良い。
物語の面白さでグイグイ読ませる漫画。

まとめ

ラブコメ漫画ばっかり読んでる
実生活は乾いてるからな~。
やっぱり自分に今必要なものを体が欲してるんだろうね。
(バトルは心が病んでるからいらないw)