読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「ニンテンドークラシックミニファミリーコンピューター2」がもし発売されるなら絶対に入れて欲しい名作6本

この記事は

ファミコンのなんたるかを示す必要があると思うの。

若者よ、本当のファミコンを思い知れ

「ニンテンドークラシックミニファミコン」。
www.nintendo.co.jp
確かに魅力的なラインナップだと思う。
でも、何か違う。

一言でいうとヌルイ。
そうじゃないでしょと。
ファミコンって、やっぱり鬼ムズだからこそ、ファミコンでしょ。
って、ことで、僕が当時苦しんだソフトを収録した続編を出して欲しいという記事。

戦場の狼

f:id:nuruta:20170425200918p:plain
www26.atwiki.jp
2面だか3面あたりまではいけるんだけれど、その先を見たことがない。
小学生にはあまりにも難しすぎた一本。
でも、世間的にはまだまだヌルイ部類に入るんだと思う。

元祖西遊記スーパーモンキー大冒険

f:id:nuruta:20170425201214p:plain
僕が知る限り、史上最高に難しいRPG。
兎に角何のヒントも無い。
だだっぴろい荒野に放り出されたプレーヤーは、どこに行ったらいいのか・何をすればいいのかのヒントも一切無く、ただひたすらにマップ上を彷徨う。
本当にそれだけ。
時折、敵らしきなにかに遭遇したり、町のようなものをみかけたりするけれど、それすらどうすればいいのか分からない。
renote.jp

このゲームは移動による探索がメインですが、そのマップが以上に広い。
容量の使い道を間違ったのかと思うほど広い。
それに加えてイライラ確実の鈍足移動。
快適なプレイは出来ません。
オープニングで出る「ながい旅が始まる……」の文章通り、非常に長い旅になります。

これをやらずにファミコンは語れないってほどのクソゲー鬼ゲー。

「遊ぼうと思ってプレイを始めたら、いきなりデバッグのような作業を強いられる」

↑wwwwwwwww


ドラゴンボール 神龍の謎

f:id:nuruta:20170425201917j:plain
キャラゲーだからと言って、舐めちゃいけない。
最初の面から先に進んだ記憶が一切無い。
だから、僕はこのゲームについて語れるものを一切持っていません。
世の中に最初のステージ(?)すらクリアさせないゲームってあるんだろうか?
画像検索すると、知らないステージばかり目につくw

トランスフォーマー コンボイの謎

f:id:nuruta:20170425202220j:plain
こんな敵見たことも無い。
これもクッソむずかったな~。
頑張れて2面まで行けたかな?
兎に角難しくて、先に全く進めない。
というか、開始1分以内に高確率でゲームオーバーになる。

仮面ライダー倶楽部

f:id:nuruta:20170425202742j:plain
小学生の僕を苛めぬいた究極のキャラゲー。
横スクロールのアクションゲームとしては、最高の難易度を誇っていると思うの。

先ず、長い。長すぎる。
凄い長いのにセーブ機能が無い。(実はあったと近年知ってショックを受けた)

最初から敵が強すぎる。
レベル1で怪人に遭遇すると100%詰む。
www.nicovideo.jp

バグがある。
天井とかに頭をぶつけると、ライダーの顔がぺしゃんこに潰れるんですね。
そうすると、狭い隙間とかに挟まって一定時間動けなくなるんですよ。

で、天井にちょうどライダーの頭一個分の凹部分があって、ココに嵌るとゲームオーバー。
はい、さよならです。
頭ぶつける⇒顔が潰れて天井に挟まる⇒顔が元に戻った瞬間にまた天井に頭をぶつける⇒顔が潰れて天井に挟まる
この永遠ループ。
これで何度涙を飲んだか。

詳細は、ニコ動のプレイ動画の視聴を強く、強くお勧めします。
爆笑しまくって、最後のゲームクリア見た瞬間のあの謎の感動ったら…。
www.nicovideo.jp

ドラゴンボール 大魔王復活

f:id:nuruta:20170425203805g:plain
ピラフ城までは行けるんですよ。毎回。
でも、ピラフ城を出れないんですよ。毎回。
同じところをぐるぐるぐるさ迷って、何が何だか分からなくなる。
ドラゴンボール 大魔王復活 攻略チャート

■ 新ピラフ城

□ 移動 ピラフ城
□ 調べる 扉
□ 移動 入る

□ 移動 進む×2
□ 移動 左
□ 移動 進む×2
□ 戦う ピラフマシーン
□ 移動 出る

□ 移動 進む
□ 移動 左
□ 移動 進む×4
□ 戦う ウクレレ
□ 移動 出る

□ 移動 進む
□ 移動 左
□ 移動 進む×2
□ 移動 右
□ 移動 進む×4
□ 戦う ウクレレ
□ 移動 出る

□ 移動 進む×2
□ 移動 右
□ 移動 進む×3
□ 移動 右
□ 移動 進む×2
□ 移動 右
□ 移動 進む×2
□ 戦う タンバリン
□ 調べる 石像×3
□ 移動 戻る
□ 移動 出る

こんなの分かるか。

終わりに

世の中には「たけしの挑戦状」とか「スペランカー」とか僕でも聞いた事のある名作がまだまだありますが、やったことないので割愛。
なので、本当にやったことのある名作だけを厳選してみました。
どこれもこれも世の中のゲーマーに語り継いでいって欲しい名作ばかりなので、是非是非収録してもらいたいな。