読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

ライブの愉しみ方 空気を読むべきか己を貫くべきか~Aqours 1st LIVE ライブビューイングを経験して~

【アニメ】ラブライブ!サンシャイン!! アニメ

この記事は

先日のLVを経ての個人的な考えについて纏めてみました

はじめに

ライブの楽しみ方についての個人的な考えを纏めてみました。
f:id:nuruta:20170302071454j:plain
全力で声を張り上げて応援すべきか、静かに集中すべきか。

生ライブ鑑賞動機

僕は生のライブ鑑賞ってまだしたことがありません。
気になるライブに関しては、全てBDを購入して、部屋で1人楽しむタイプだったのです。

ただ、ライブに行きたいという気持ちだけはあって、機会があれば行ってみようと思っておりました。
そんな中発表された「Aqours 1st LOVELIVE~STEP ZERO to ONE~」。

これは是非生で見たくなりました。
BDも購入してましたので、先行抽選に応募してみましたが、結果は惨敗。
1次、2次共に落選してしまいました。
一般購入も検討したのですが、遠くの席で豆粒みたいな状態で鑑賞するよりかは、大スクリーンで"近くで"鑑賞出来るライブビューイングの方が良いかなと判断。
そちらに切り替えて応募。
無事当選して、先日の1日目を映画館で鑑賞しました。


僕がライブを生で見たい動機は2つ。
1つは、歌を楽しむこと。
CDだけで聞いてても分かりにくいのが、パート分けです。

誰がどこを歌ってるのかって、凄く気にするタイプなんです。
ライブになるとそれが分かる。
だからこそ、ライブで見たくなりました。

実際「青空Jumping Heart」とか「あ~ここは彼女が担当なのか」と確認しつつ、歌を楽しめました。


もう1つは、ダンスですね。
「ラブライブ!」シリーズは、もとより、アニメを端に発したグループだと、アニメと同じ振り付けで実際にダンスしています。
それを生で見たいという欲求は、同じファンであれば共有できるかと思います。


この2つの欲求があり、つまりは、じっくりと静かに鑑賞したかったのです。
だけれど、それはちと無理でした。

LV鑑賞時の本音

僕はどこか冷めた人間です。
周りの空気に合せられない性質なんです。
特に、はしゃぐのを苦手としています。
どうしても気恥ずかしさが邪魔をして、はしゃげないんですよね。

LVはもう少し落ち着いた雰囲気の中見れるものだと思っておりました。
所詮はスクリーン越し。
応援の声は、演者には届かない訳ですから、せいぜいがラブライブレードを曲に合わせて振る程度かなと想像していたのです。

けれど、甘かった。
ファンは基本総立ち。
ブレードを振りつつ、全力コール。
声のあらん限り叫んでいました。


これに僕は付いていけなかったのです。
回りが立って応援している中、1人座って鑑賞していました。

周りを見ても、同じように座っている人は、確認できただけで3名。
圧倒的少数派でした。


座って大人しく鑑賞したいというのは、KYなのでしょうか。


正直に言えば、コールが邪魔に思えた時もありました。
例えば「恋になりたいAQUARIUM」2番サビ直前の「I LOVE YOU」の部分。
果南役の諏訪ななかさんの可愛いボイスでの「I LOVE YOU」。
CDで聞いていて萌えまくっていた僕は、ここを生で聞きたかったのです。


が、それは叶いませんでした。

ラブライバーの全力「I LOVE YOU」コールにかき消され、すわわの声は聞こえませんでした。


この時ばかりは「己、ラブライバーめ」と場違いにも周りを恨みました。


ただね。
今になって振り返ってみても、自分が間違いだったのではないかと思い始めているんです。

折角のライブ。
演者と共に一緒になって楽しむというスタイルは正しい。
Aqoursだって、言ってました。
「楽しんでますか~」
「まだまだ(体力)大丈夫ですか~」
「一緒に着いてきてください~」

これは、声を上げ、ブレードを振って、一緒に一体となって楽しみましょうという意思表示。

客観的に見て、客が静かにしーんとなって鑑賞してるライブよりも、演者と共に楽しんで声を上げて鑑賞しているライブの方が見ていて楽しいのは事実。
この辺、静かに鑑賞すべきコンサートと異なる点。
その場に自分も居たのであれば、一緒になって声を上げて楽しむべきだったのではないかと。
恥ずかしいとか言ってないで。


でも、生で歌を聞ける機会ってそうそうありません。
生歌は、CDとは違った良さがあります。
今回ライブビューイングとはいえ、生歌であることに変わりはありません。
そこを純粋に楽しむには、コールは寧ろ邪魔です。
かき消され、聞こえにくくなりますから。
コール無しの鑑賞もしてみたかったという考えも捨てきれていません。


僕の考えって間違ってるのかな。
少数派なのかな。
そういう人間はBDで鑑賞してろって言われてお仕舞いなのかな。

空気を読んで、周りと一体となって全力で応援すべきなのか。
己を貫いて、静かに干渉すべきなのか。


1つ確かなのは、自分のスタイルを周りに押し付けてはいけないってことですかね。
マナーを守ってさえいれば、それぞれの楽しみ方があって、それを阻む権利は誰にも無い訳ですから。



マイノリティなのかもしれませんが、こういう考えの人間もいるってことで。

終わりに

2nd LIVEに参加したいと思っております。
ちょっと遠いので迷っているのですが、埼玉くらいなら行けるかなと。

当選する保証は無いのですが、もし当選したら…。
当日コールとかせずに、1人静かに応援してるかもしれません。
でも、気分を害さないで下さい。
そんな僕を見て、テンションを落とさないで下さい。

応援の気持ちを外に出してないだけで、気持ちとしては一緒に応援してるのですから。
ただ、純粋に生のパフォーマンスに集中したい。
だから静かに鑑賞してるだけなので。


こういう鑑賞の仕方も、アリ…だと思ってもらいたいな。