読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「声優への「付きまとい」警告に異論 「アイドルに寄せた」事務所の責任問う声」に異論

【アニメ】その他 アニメ

この記事は

声豚から一言。

この件で事務所に責任なんて無い

J-CASTニュースでこのような記事が配信されました。
全文掲載します。

声優への「付きまとい」警告に異論 「アイドルに寄せた」事務所の責任問う声


声優プロダクション大手「81プロデュース」が2017年2月27日、公式HPトップに「一部のファンによる行き過ぎた行為が発生している」と警告文を掲載した。


 声優のアフレコ現場にまでファンが来て、「出待ち」「付きまとい」をしているというのだ。今後一切このような行為はしないよう呼びかけているが、ネット上では、声優のアイドル化は現実のものであり、各事務所もそれに乗っかり稼いでいる。警告は必要だが限界があり、声優についても一般的なアイドルのように事務所主導で守るべきだ、という声が多く出ることになった。


■「ドル売り」がここ10年で急速に進んだ


 「お願い」と書かれた警告文の内容は、最近になって一部のファンによる「入り待ち」「出待ち」「追いかける行為」「付きまとい」「無断撮影」といった行為が発生している、というもの。イベント等の公演やテレビ、ラジオなどの番組収録時だけでなくアフレコスタジオ周辺でも発生している。周りに迷惑がかかるだけでなくトラブルや大きな事故の原因になる可能性もある。


  「一切お止めいただきますよう、お願い致します」


と結んでいる。



 「声優はキャラを演じる役者」という概念だった昔から、出入り待ちや追っかけは存在した。それがここ10年「ドル売り」と呼ばれるアイドル化が急速に進み、本人名義による音楽CDの発売、コンサートやイベントの開催、写真集やイメージDVDが作られるなど一般的な芸能人アイドルとの差が無くなった。「81プロデュース」も声優名義ではあるが「i☆Ris」「Wake Up, Girls!」といったリアルなアイドルグループを抱えている。結果的に声優はジャニーズやAKBといったアイドルが遭遇する状況と同じになり、出入り待ちや追っかけはさらに激しさを増した。


 「声豚」と呼ばれる声優ファンも声優自身も、自分は役者なのかそれとも芸能人アイドルでもあるのか境界線はあやふやだ。しかし、声優に最近興味を持ったファンはストレートにアイドルとして認識し接触してくる。一方で声優はというと、本来は裏方だという思いがあり、「出入り待ち」や追っかけに驚き、こんな事をブログやSNSで発信することになる。


  「スタジオでのいわゆる出待ち入り待ちはお控え下さい。応援して下さるお気持ちは大変嬉しいのですが…。その場でのお手紙の手渡しやサインの求めなどには応じられません」(諏訪部順一 、13年5月5日)
  「会場の移動中、後ろをずっとつけられていてとても残念でした。応援してくださるファンの方々はすごくありがたいです。なので、良い距離感を保っていたいです。よろしくお願いします!」(小野賢章 、14年3月29日)
  「イベント出待ちでスマホで写真や動画撮るのはどうなの?」(中村悠一、16年9月22日)


「タレントを守る金やノウハウは持ってない」の声
 今回の「81プロデュース」の警告についてネット上では、迷惑行為をするファンは許せない、とし、


  「いくら収録時間がなんとなくわかっても、アフレコ現場でつきまとったらあかんって言うのは 昔はオタクの常識だったのに」


という声が挙がる一方で、警告し続けることは必要だが限界がある、という声が多い。掲示板には、


  「アイドル売りをしているが、アイドル事務所のようなタレントを守る金やノウハウは持ってないからな」
  「声優業界は売り方だけアイドルに寄せた弊害じゃないの。まぁ守れないならそんな売り方をした側がアホなだけだな」
  「出待ちっていうのやめて、ストーカーとはっきり言おう」


といった書き込みが出て、事務所側が声優を守るために動くべきだと考える人が多い。


 J-CASTニュースが17年2月28日に「81プロデュース」に、警告文を出すに至るどんな状況があったのか、対策はあるのかについて取材しようとしたが、


  「この件についてのお話はできません」


という答えしか返ってこなかった。


元声優学校で声優を目指していた友人曰く声優のギャラは完全なランク制だそうです。
出演数や年数などで「ランク」と呼ばれるシステムに組み込まれ、ランクが上がるとギャラも上がるようです。

近年若手声優の入れ替わりが激しいのは、これが起因していると思われます。
制作費を安く抑えたい制作側が、ギャラの安い…ランクの低い若手主体にキャスティングをする。
一度主演級でアニメに出ると、他の作品からも呼ばれる。
僅か数年でランクが上がり、ギャラも上がる。
ギャラが上がったので、使われにくくなる。

こういう良いのだか悪いんだか外からは判別できないサイクルで、今の声優業界は廻っているのだと思うのです。

放送作品数の増加によって、昔に比べて「声優の賞味期限」が非常に短くなったんでしょう。
稼げるときに稼ぐのは正しい在り方であって、その1つの手段でアイドル売りも有りだと思います。

この考えを踏まえ、記事中の「まぁ守れないならそんな売り方をした側がアホなだけだな」という意見には辟易するものがあります。
何故自分達の行為を是とするのであろうか?

事務所側に声優を守ることを求める前に、自分達の行いを反省し、是正する方が先なはずです。


例えアイドル売りしていなくても、この手の人間は必ず現れます。
何もアイドル売りが原因ではありません。
アイドルなら、出待ちしても構わないという考え自体が間違っているんです。


声優を応援するのと、声優に迷惑を掛けてまで自分の都合を優先するのとでは意味合いが異なります。
応援したい気持ちがあるのであれば、先ずは相手側に誠意を持ち、迷惑の掛からない様努めるのが先ではないでしょうか。
そういう迷惑行為をしてるファンを見つけたならば、迷惑行為は止めましょうと声を掛けるのが筋なんではないかな。

事務所の責任は無いよね。