アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

うつ病患者を大笑いさせた「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」4巻

この記事は

「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」4巻の感想記事です。
ネタバレあります。


僕は実はうつなんです。

あまり喧伝するような事じゃないのですけれど、僕はうつ病に罹患しています。
これまた連呼する事じゃないのですけれど、今は休職中です。
ちょっと症状が思わしくないのです。

そんな僕。
人生とはなんだろう。
生きる意味ってあるんだろうか。
とか常に考えちゃってる僕を、この1冊は腹を抱えて大笑いさせたのですから。

それがどれ程凄いことなのか。
メッチャすごいことなのですよ。

進化する笑い

正直に言いましょう。
nuruta.hatenablog.com
この記事を書いた時は、そこまでの評価ではなかったのです。
普通よりやや面白い程度かなって。
特に笑える事もなく、淡々と「買ったから読んでいた」。

2巻を読み終えたあたりから、徐々に楽しくなってきて、石上会計出て来たあたりで「これは…」となって。
4巻はだから楽しみにして、当たり前のように購入したのです。

だけれども、僕の予想を遥かに上回る笑いがそこにはありました。

1巻と4巻の違いが何かと言えば、やはり、かぐやと白銀主人公2人がお互いをどう想っていたのか…ですね。
1巻の頃は、「どうやったら相手に告らせるか」に感情の全てが費やされており、「相手を好きだ」とは伝わってこなかった。
でも、4巻になってると、ガチで相手を好きになっていることが分かる。

完全に両思いだと分かった上で、読めるのです。

この違いはかなり大きい。

4巻の帯に「ガチの両思いだから笑える」とあるのですが、まさに正鵠を射ています。
ガチの両思いだからこそ、笑えるんです。

第32話「かぐや様は嫌われたい」とか、本当に最高です。
生徒会室で恋愛マニュアル本を偶然発見した白銀。
「絶対にオトす」の文句に惹かれ、持ち帰って熟読してしまいます。

翌日、白銀が自分にだけぎこちないのをかぐやは察します。
そして気づきます。
「自分が仕込んだマニュアル本を白銀が熟読した事」を。
そして、「マニュアルの中の敢えて冷たくする」を白銀がかぐやに対して実行中なのを悟るのです。

流石天才です。
そんな罠まで張ってたことに、既に笑えます。

かぐやの思惑通りに冷たくする白銀。
しかし、白銀は元来無暗に他人に冷たく接する事が出来ない性格。
だからか、非常に微妙な冷たさ。

ガムを少しだけ安いやつをかぐやだけに渡したり、コーヒーをちょびっとしか注がずに渡したり。
普通は気づかない些細なことなんだけれど、観察丸鋭い石上君が気付いて、よせばいいのに、白銀のサポートと称してかぐやにちょっかい出したり(笑

かぐやの無言の圧力に怖気づいた石上君が退場すると、白銀はステップ2を実行します。
「敢えて嫌いと言ってみる」を。
かぐやもその一言を待ちわびます。

冷たく出来ない白銀は、頑張ってなんとか嫌いとかぐやに言う。

計画通り。
かぐやの計画通りにことが運びます。

あとは、告白させるよう誘導するのみ…。

なのに、かぐやさん、白銀の「嫌い」の一言に精神的大ダメージを負います(笑

自分でその言葉を引き出しておいて、普通にショックを受けるかぐや。
もう爆笑です。

1巻の頃ならば、白銀に嫌いと言われても、こんなことにはなってなかったんじゃないかな。
だって、然程好きじゃないから。
今は白銀の事が大好きだから、例え嘘だと分かってても「嫌い」の一言に精神的に傷ついてしまう。

両思いだと分かってるからこその笑いが此処にはあるんです。

途中までは完ぺきにシナリオ通り白銀をコントロールしてたんですよ。
それなのに、自分が白銀を大好きだということまで計算に入れてなかった。

最終的には、ちゃんと冗談だという言葉を頂戴して、精神恢復。
f:id:nuruta:20170211132613j:plain
この満面の笑みですよ。
可愛らしいw

もう天才でも何でも無いな。
ただの恋する乙女だなと思ってたら…
f:id:nuruta:20170211132709j:plain

「天才たちの恋愛頭脳戦」という看板はそろそろ外すべきではないだろうか

ここに大笑い。

まさかこうも笑いに進化するとは思っても居ませんでした。

終わりに

連呼する事じゃないんですけれど、僕はうつ病なんです。
いい加減しつこいかもですが、事実なんです。

そんな僕を、症状が重い状態の僕を、大笑いさせる。
何て凄いんだ。

笑いに飢えてる人には是非にオススメしたい一品です。