アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

処女厨男性は何故18禁同人誌を読めるのか

この記事は

単純な疑問なので、調べてみました。
憶測も混じってます。

処女厨とは

女性に対して、処女であることを強く求める男性を一般的に処女厨と言います。
日本人には多いと言われている処女厨ですが、では、一体どれくらいの割合存在するのかネットで調べてみました。
すると、アンケートを取っている記事に巡り合えました。
www.men-joy.jp

処女厨って一体どのくらいの割合で存在するものなのでしょうか?

そこで、『Menjoy!』では男性500名に対し「付き合うなら処女、非処女どちらがいいですか?」「結婚するならどちらがいいですか?」というアンケートを実施しました(協力:クリエイティブジャパン)。
同アンケートの結果をもとに、処女性にこだわる、あるいはこだわらない男性の本音を早速チェックしていきましょう!


■処女厨はおよそ●割だと判明!
まず、「付き合うなら処女、非処女どちらがいいですか?」という質問では、「絶対に処女がいい」(17%)、「どちらかというと処女がいい」(44%)と約6割の男性が“処女推し”であることが判明。
他方、「どちらかというと非処女がいい」(30%)、「絶対に非処女がいい」(9%)となっており、“付き合う段階においては非処女のほうがいい”という男性はおよそ4割という結果がでています。


さらに、「結婚するなら処女、非処女どちらがいいですか?」という質問では、「絶対処女」(19%)、「どちらかというと処女」(45%)、「どちらかというと非処女」(31%)、「絶対に非処女」(5%)という結果に。
結婚となると、処女厨がほんの少し増えるものの、“処女派:非処女派=6:4”というのは変わらず、恋愛とほとんど差異はないという実態が明らかになったのです。

このアンケートによると、6割もの男性が「(付き合ったり・結婚する女性は)処女が良い」と回答しているそうです。

女性にとっては気持ちの悪いアンケートに映るかもしれませんね。


この「処女厨」ですが、なにもリアルの女性に対して抱いている感情では無いというのが、オタクって人種です。
アニメや漫画に出てくる二次元美少女に対しても処女であることを望んでいます。
この割合も、やはり6割と見て間違いないと思われます。

処女厨は、二次元美少女に彼氏が居るというだけでNG。
ネットを中心に暴れまくります。
「裏切られた」「俺の純情を返せ」など、付き合ってる事が確定した二次元美少女に対しての非難が集中します。

僕が覚えている限り、凄かったのは「下級生2」ですね。
メインヒロインの柴門たまきが、散々叩かれてました。
f:id:nuruta:20170127092547j:plain

ゲーム開始時点で彼氏が存在し、さらにメイン級のヒロインとして押されていた、という事態によりゲーム発売後は相当な騒ぎとなった。

18禁アダルトゲームです。
そのメインヒロインが、彼氏持ち非処女と分かった瞬間、大炎上。
どうやら単純に「非処女だから」という理由だけでは無いようですが、それでも凄い騒ぎを垣間見ました。
ディスクを割ってる人も居たな…。


兎も角ですね、オタクにとっては二次元美少女も処女であって欲しいという人が一定人数居るということです。

18禁同人誌の割合

http://www.comiket.co.jp/info-a/C81/C81Ctlg35AnqReprot.pdf#search='%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88+%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E9%83%A8%EF%BC%90%E3%81%99'
面白い資料がネットに転がっていました。
コミケの来場者や性別、年齢、頒布物の種類など細かく分析した資料です。

コミケに数度しか行った事が無く、かつ、同人誌を買った事の無い僕の勝手なイメージとしては、18禁同人誌が殆どを占めていると思っていたのですが、そうではないらしいです。

5)成人向け作品の発表割合
成人向け作品を発行したサークルは全体の 35.4%である。
また、女性(37.3%)が絶対数・割合ともに男性(32.1%)より大きい。

僅か3割程なんですね。意外に低かったです。
しかも女性向けの方が多いとは…。

また、一般参加者の支出額は3日目が18禁エロ同人誌中心という憶測で見てみると
平均3万円の支出額となっています。

購入物の内訳は殆ど漫画購入となっているので、1冊500円の同人誌を3万円分として計算。
1人平均60冊は買ってることになります。
多いなぁ。

んで、更にそのうち18禁同人誌はどれほどなのか。
憶測に憶測を重ねますが、3割がエロ同人誌サークルな点を勘案し、購入物も3割がエロとすると、18冊。

1回のコミケで、男性が購入する平均的なエロ同人誌は15冊前後ってところかな。

本題です

さて、本題です。
処女厨が18禁同人誌を購入していないと考えるのは無理があります。
来場する男性の中やはり6割が処女厨で、その人たちは平均で15冊ほどエロ同人誌を購入している…と推論します。

公式で彼氏設定があるだけで怒る処女厨が、何故18禁同人誌を読めるのでしょうか。
もちろん中には女性同士の関係性を描いた、所謂百合ものも存在するでしょうから、そういうの中心に買ってるからと考えられなくもない。

しかし、大半はオリジナルの男性と交わる姿が描かれているのでしょう。


考えられるのは、2つ。
あくまでも非公式だからというもの。
公式で認められると、赦せないけれど、非公式なら許容できるという考え。

エロに限らず、これは分かる気がします。
「所詮非公式設定でしょ」と一蹴できるくらいには、非公式では自由に設定を膨らませても許される土壌がある気が致します。


もう1つは、「下級生2」がヒントなのかな。
主人公とエッチする事はOKなんですよね。
処女厨は。
いや、これもNGとかだと流石に…。
18禁アダルトゲームを何故買ったんだと抗議するレベル。

アダルトゲームだから当然主人公とのエッチはある。
それは処女厨だってOKである。

では、何故主人公はOKかといえば、プレイヤー自身だからなのかな。
自己を投影した存在だから大丈夫という理論。

公式が設定した彼氏はどう頑張っても自己投影出来ない存在です。
しかし、それが主人公であれば、自己投影は可能であり、また、それが可能なように主人公は設定されているのでしょう。
ボイスが無いとか顔が描かれて無いとか。

エロ同人誌もそうなのかもしれない。
影の薄い男主人公を出して、美少女とエッチさせる。
「非公式」なのも手伝って、自己投影が可能なので、許容できる。

そう考えると、処女厨も18禁同人誌を読めても不思議ではないと思えますね。

で?

僕は何がしたかったのでしょうか?
途端に虚しくなってきたんですが…。

平日の朝っぱらから、何を考えて、何を書いてるんだか…。
調べて、考える事で、自分の疑問が解けたのでよしとします。

ここまで下らない事に付き合って下さって、ありがとうございました。