読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「ポケモンGO」のマナー違反者の気持ちが少しだけわかってしまった出来事

この記事は

反省をしています。
どうかしてました。

痛ましい事件・事故が起きているという現実

「ポケモンGO」が7月に公開され、アメリカを皮切りにブレイクした頃、度々ニュースになっていたのが、ゲームプレイヤーのマナー違反でした。
また、それに付随した事故・事件も数多く報道されています。

僕が覚えているのは、崖から落ちてしまった。私有地に入り込んで、泥棒と間違われ射殺されてしまった。等です。
日本でもバス運転手が業務中にプレイをしていた事が度々発覚。
運転者が事故を起こし、いたいけな少年を巻き込んでしまうという悲劇も記憶に新しい所です。

そういうのを見るたびに、どんな素晴らしい発明も節度ある使い手があってこそだなと思っておりました。
マナーを守り、ルールを順守し、他人に迷惑を掛けないようにする。

当たり前のことであって、そうじゃなければ、折角の楽しいゲームが楽しめなくなるからです。
自分だけではありません。
きちんと守っている人たちにまで迷惑が掛かります。
まして、人命を奪うなんて在ってはならない事です。

今日あった事

今日会社帰りに何気なくポケモンGOを起動しました。
どうせコラッタとかポッポしか出て来ない地域です。
卵を孵すためだけに起動したんですね。

ただ、くせで周囲のポケモンをチェックしました。
そしたら、ラッキーの影があるじゃあないですか。
f:id:nuruta:20170123010759p:plain
超が付くほどレアなポケモン。

もうね。
僕ってば年甲斐もなく大興奮しちゃったわけです。
うおおおおおお、ラッキィィィィキターーーーーーーーー
ってなった訳ですよ。

この瞬間僕は「他社の敷地内だろうと入っていって、探し出してやる」というマナー違反がどうこう言えないことを本気で考えてしまいました。
結局、ポッと出て来たドガースを取ってる間に、影は消滅しちゃって取れなかったんですけれどね。

何故ドガースを取りに行ったのかと後悔しつつ、マナー違反を平気でやろうとしてしまったことを猛省致しました。

レアポケモンの魔力

やっぱり、滅多に。
本当に滅多にお目に掛かれないから…ですね。
というか、影を見たのも初めてでした。

それ程のレアポケモンだから、我を忘れてしまった…と。
言い訳でしかありませんが。


いや、本当にニュースをバカに出来なくなりました。
実行してないとはいえ、考えちゃったんですからね。


本当に反省。
マナーを守って、楽しくゲームを続けようと思います。

という訳で、明日2度目のダイバー遠征に行ってきます。

今度こそ、ラッキーを!!!!!