読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「金田一少年の事件簿」 事件の裏で苦労した真犯人さんを苦労順にランキングしてみる

【漫画】週刊少年マガジン 漫画

この記事は

「金田一少年の事件簿」のネタ記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

犯人たちの苦労

白鳥は水上では優雅に見えて、その実水面下では必死に足をばたつかせていると言います。

f:id:nuruta:20170121181910g:plain
画像引用元:羊の国のラブラドール絵日記シニア!!|水面下では・・・

謎とトリックに彩られた連続殺人劇の裏では、目に見えない真犯人達の涙ぐましい努力があるのです。

「金田一少年の事件簿」第1期から、厳選してどの犯人が最も大変だったのかをランキング形式で紹介していきます。
真犯人の個人名は、彼らのプライバシーにかかわる為伏せますが、トリックについて言及しています。
十二分に考慮の上、お読みくださいますよう重ねてお願い申し上げます。
f:id:nuruta:20170121182902j:plain

第3位 秘宝島殺人事件

秘密の石でターゲットを赤の鳥居まで呼び寄せて殺害。
その場でバラバラにして、少しずつ遺体を運ぶ。
鶏を殺しては、その血をロッジにばらまいて…。
朝食の準備までしなければならない。
f:id:nuruta:20170121182157j:plain
あ~大変だ。
少年の力で、これを完遂するには大変でしょう。
人間をバラバラにするだけでも多大な労力が必要なのに、それを運ばないとならない。
しかも、これを2人分やったから大したものです。

えいやとターゲットを殺しては、身体を持ち運べる位にバラバラにして。
きっと吐き気だって催すでしょう。
いくら殺したいほど憎い奴らでも。
吐き気と戦いながらも、それでもアリバイを確保する為に少しずつバラして、何往復もする。

金田一が温泉で女刑事の裸を見るというラッキースケベに合ってる間も、金田一が美雪と痴話げんかしてる間も。
少年は1人遺体を運ぶ。
自らのアリバイの為に。

第2位 雪夜叉伝説殺人事件

真犯人・雪夜叉は、4人もの人間を殺害したのですが、最も大変だったのは第2の殺人である加納りえ殺しだったでしょう。
この時のアリバイを確保する為に、雪夜叉は一晩で氷橋(すがばし)を作成。

夜中に人目を盗んで、吹雪の中での力作業。
縄を結んで、わらを運び、雪を被せて、水を掛ける。
それを車1台が通れる分作っていく。

必至に汗水垂らして、極寒の中作業してたのに、ターゲットの1人に目撃される始末。
もうあれですよ。
ここであったが百年目。
積年の恨みと見られてしまったことで、生かして帰す訳には行きませんよ。
さっくりと殺して、死体は今見つかったらマズイので雪だるまにして…。

ああもう、ただでさえ大変な作業がより大変になっちゃいました。
そりゃ、藁を掴まれてたことに気づけませんよ。
それどころじゃないですもの。

大変な重労働です。
アリバイを手に入れる為とはいえ、見合った作業量とは思えません。
そうまでして捕まりたくなかったのかといえば、そうではありませんね。

何故アリバイを確保したのかといえば、ターゲットが複数居たからに他なりません。
加納を殺しても他に3人もいる。
あ。さっき明石を殺しちゃったから、残りは2人だ。
ともかく全員殺すまでは捕まる訳にはいかない。

そりゃ必死に氷橋を造営したことでしょう。
極寒の中ででも。

f:id:nuruta:20170121182319j:plain
この仮面の下では、物凄い苦労をした1人の女性の姿がありました。

ちなみに、氷橋は実際に作られておりました。

「氷橋」と「凍り橋」 : ふるさとの礎 なかしべつ伝成館
川の河口付近の場合には凍った水面に木や枝、枯れ草などを置いて水をかけて凍らせて橋のように使ったり、中流域では長い材木を何本の使って贅沢に氷の橋をつくる場合もあったようですが
上流での冬山造材の場合には傾斜した地形でもあり、お金になる大切な材木を使うのではなく山にいくらでもある枝や細い間伐材などを使って、水の流れを塞き止めないように沢に盛り上げ、その上に針葉樹の枝や葉、ときには筵(むしろ)などをのせて雪が落ちないようにして、その上に水を入れて雪をシャーベット状にしたものをズックのバケツのようなもので何回も被せ、一晩おいて凍らせ、馬で通っても壊れないほどの強さにしたようです。 
ハイブリッド、凍りと木質繊維の複合材とでもいえる優れた方式だと思います。

第1位 蝋人形城殺人事件

復讐だ。
彼を殺し、私を生き埋めにした奴らに復讐せねばならない。

しかしなんてことだ。
彼が埋められた上には、こんな訳の分からない城が建てられてしまった。

ちょうど手元には彼の遺してくれたメモがあるから、ここから奴らに相応しい死を贈ろう。
ん?
蝋人形城殺人事件?
これだ。
目の前には訳の分からない城がある。
この下には彼が埋まっている。

城を手に入れ、彼の遺体をエサに奴らをおびき寄せ、このおあつらえ向きな計画で葬ってやる!!



…。
金が無い。


金が必要だ。
この城を買わねばならない。

ちょうど手元には彼の遺してくれたメモがあるから、ここから推理小説を書いて資金を貯めれば…。



どうして、どうしてなの。
彼の遺したトリックはどれも秀逸よ。
どうしてそのトリックを使った私の本が売れないの?
この編集、見る目無いんじゃないの?
バカなの、死ぬの?
殺されたいの?

いいわ。
我慢してあげる。
これも復讐の為。

待ってて恭次さん。




あれから20年も掛かってしまった。
上手い具合に城は売りに出されている。
今こそ、実行する時だ。

ふむ、蝋人形城殺人事件か。
どんな計画なのかな。


…。
わざと雑に作らせた蝋人形を人数分用意する?
人形と入れ替わってアリバイを作る?

ああああ。蝋人形を発注せねば。
その前に探偵だ。探偵を雇って奴らを含めた招待客の顔写真を手に入れねばならない。

だが、これも彼の為。
わたし、頑張るわ。


…時間が掛かってしまった。
だがこれで、全ての準備は整った。
さあ、Mr.レッドラムによる蝋人形城殺人事件の開幕だ!!!




遂に最後のターゲット坂東を殺したぞ。
これであとは、こいつの蝋人形になりすますだけだ。

さぁ、蝋人形城殺人事件、最後の幕開けだ。ふふふ。
f:id:nuruta:20170121182614j:plain

あ、熱い。
あつい。
なんだこの異常な室温は。
どうなってるんだ。
熱い、死ぬ。
だけど動けない。

今動いたら、金田一に私が蝋人形になりすましてると気付かれてしまう。

くそ、早く出ていけクソガキ。



完璧だ。
ミスは無いはずだ。

ん?
また、あのクソ生意気なガキがなんか言ってるわ。
人形が泣いてる。
バカバカしい。
私の用意したただの蝋人形が泣く訳…。



換気扇が壊れてたですって?
くううううう、これだから古い城は。
だからあの時あんなに暑かったのね。
死ぬかと思ったわ。

だけど、大丈夫。
なんか大量に汗をかいて、かいた汗が塩になるんじゃないかってくらい暑かったけど、なんとか凌いだから。
動かずに我慢したんだからね。


最後に

基本アリバイトリックは大変なんですよね。
アリバイトリックの裏では額に汗かいて頑張る真犯人達が居ると思うと泣けてきます。