読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「ONE PIECE」 BEST EPISODE TOP5

この記事は

「ONE PIECE」の記事です。
ネタバレあります。

連載20周年!!

今年で「ワンピ」は連載20周年!!
僕も20も歳を取ったのか…。
あの頃は若かった(笑

一応「ジャンプ」で1話からリアルタイムで連載を追い、第1巻は発売日に購入。
そんな「ワンピ通」(どんなだ)な僕が今までのエピソードから、5つ面白かった順に選んでみました。

題して「ONE PIECE」 BEST EPISODE TOP5!!
では、行ってみましょう。
f:id:nuruta:20170108030551j:plain

第5位 ローグタウン編

f:id:nuruta:20170108020415j:plain
短いエピソードながら、非常にワクワクドキドキしながら読んでいたのが「ローグタウン編」。
「始まりと終わりの町」という「ONE PIECE」の世界の中でも重要な町の1つであるローグタウン。
ゴールド・ロジャーが生まれ、そして死んだ町での騒動は非常に面白かったです。

見所はやはり、ルフィの運命でしょうか。
バギーに殺されてしまうのか。
スモーカーに捕まってしまうのか。
はたまた、逃げ切れるのか。

バギーに殺されかけた時、死を受け入れ覚悟して笑ったルフィ。
海賊としての覚悟がこの時の表情に出てたんでしょうね。
海賊として海に出た以上、いつ死んでも構わないというか。
若しかしたら、ロジャーと同じ場所で死ねるのは本望位に考えていたのかも…。


なんにせよ、手に汗握る展開で、1話1話が濃かった。
当時はまだ謎だったドラゴンの正体とか謎も張られ、なにより、いよいよ東の海からグランドラインへと至るという「今後へのワクワク感」を確かなものに変えてくれたような。
そういうシリーズでした。

第4位 頂上戦争編

f:id:nuruta:20170108022406j:plain
史上最大規模の戦いをジェットコースターの如き猛スピードで魅せてくれたことが、この面白さを生んだ最大の要因だったんじゃないでしょうか。
四皇のうち2人が参戦し、七武海が揃って、海軍の猛者が並び立つ。
裏で黒ひげが暗躍して、その中をルフィがエースを救おうと果敢に戦いを挑む。

エースの死は、当時本当に虚を突かれました。
死ぬとは考えていなかったからです。
最終的にはルフィが救い出して、ハッピーエンドだろうと思っていたら、割とあっさりと死んでしまった。
予想だにしてない展開だっただけに、非常に驚かされました。
自分の予想をこうやって裏切ってくれるから、「ワンピ」は面白いんだなと改めて思い知らされたエピソードでもありましたね。

第3位 ウォーターセブン編

f:id:nuruta:20170108023142j:plain
滅茶苦茶長くて、これいつまでやるんだろうと思いつつだったんだけれど、語るべき要素が多過ぎて盛りだくさんなんですよね。
ウソップの件、フランキーの件、ロビンの件、メリー号の件。
麦わらの一味をこれでもかとアクシデントが襲った大変なエピソード。

だからかな。
泣きポイントが多かった。

メリーとの別れも良かったのですが(アニメでは泣いたw)、個人的に一番はロビンの「生きたい」のあたりですね。
f:id:nuruta:20170108023653j:plain
一味が勢揃いして、ロビンの本音を引き出して、世界政府に喧嘩を売る。
滅茶苦茶熱くて格好良い。
読んでいて、大興奮でした。

そうそう。
ここでも予想を裏切られたんでした。
最初仲間になるのはカクだと思ったんですよ。
ウソップと被るけれど、これが仲間になるんだろうなと。
ルッチも候補だけど、どっちかな~とか考えてた。
そしたら、2人とも敵として出て来て、しかもメッチャ強くて「なに~~~~~~~~」って。
CP9の正体には騙されたな~。

第2位 海上レストラン編

f:id:nuruta:20170108024346j:plain
ここ。
ここが大好き。
強がっていたサンジが別れ際に見せた土下座。

こんなにも熱くて、泣ける土下座は後にも先にも無いと思う。
最高の土下座ですよ。

「海上レストラン編」は、初めてグランドラインの脅威が描かれた話なので印象深いんです。
ミホークがあまりにも異次元の強さで、度肝を抜かれたり。
弱いと思い込んでいたギンがとても強くて、格好良いと思ったり。

まだ見ぬ「偉大なる航路」のとんでもなさの一端が描かれていて、本筋のバトルともどもワクワクしながら読んでました。

第1位 魚人アーロン編

f:id:nuruta:20170108025439j:plain
栄えある第1位は「魚人アーロン編」。
個人的にはダントツの第1位ですね。

ナミのドラマは今でも泣ける。
何度でも泣けますもの。

苦しんで苦しみ抜いた末に掴んだ希望。
それをあっさりと奪われ、踏みにじられ…。
本当に本当にどうしようもなくなった時に、ルフィに助けを乞う。
それに全力で答える麦わらの一味。

なんでこんな物語が描けるんだと。
カタルシスが半端無い。

やっぱり悪人の描き方が上手いんですよ。
「海上レストラン編」の首領クリークも嫌な奴でしたが、小狡い分小物臭さもあったんですが、アーロンは本物の悪で。
シリーズで初めての本物の悪だったと思うのですよ。
その上で大物。

素直に「ぶっ飛ばされて欲しい」って思えるクソ野郎が、どこまでもエゲツナイ手でナミを苦しめている。
だからこそナミの悔しさが伝わってくるし、ルフィの怒りに共感出来る。

f:id:nuruta:20170108030019j:plain
苦戦の末にぶっ飛ばした後で、この台詞。
決まった!!って感じですよね。

終わりに

以上です。
コメントが軽くて(中身無くて)どうしようもないんですが、大好きなんですよ本当に。

さて、連載では「そう来るか」って展開になってます。
予想はしてたけど、予想以上にゲスくてビックリでした。

この後どうルフィが巻き返すのか。
さっさとあんなオバサンぶっ飛ばして、サンジを救ってもらいたいものです。