読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第72話:感想

この記事は

To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第72話の感想記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

To LOVEる-とらぶる-ダークネス」第72話「Black and darkness〜伝える想い〜」 感想

キターーーーーーーーーーーーーーーーーー
予想とはちょっと違ってましたが、ついについに。
以下ネタバレ。

ダークネスの制御方法

力ではクロには敵わずに、クロの怒りを抑える為にという流れを想像していたのですが、違ってましたか。
えっちい気持ちの原動力となるリトへの想いを自覚することでダークネスを制御出来るということからの流れとは。
確かに、前回ダークネス解除の際に、リトへの想いを確信してるシーンがありましたが、成程ですね。


でもでも、遂にですよ。
長かった〜。

この漫画のモモと並ぶメインヒロインであろうヤミの告白。
漸く来ましたね。

しかも、ダークネスに絡めてくるところがポイントだったりするのかな。
当初から2本の柱をメインに進められてきた本作。
1つはモモのハーレム計画。
もう1つが、ネメシスが裏で画策していたダークネス計画。

一度はダークネス化の解除に成功したとはいえ、再び発動、暴走の危機感は孕んだままでした。
しかし、それはもう在り得ないと告白に絡めて否定。
首謀者であるところのネメシス自身もリトに片寄った変心をしてる点も鑑みれば、ダークネス計画は完全に終わったと見て良いのでしょう。

とすると、いよいよ本格的にモモのハーレム計画が主題となってくる。

このエピソードは、ダークネス計画の完全なる終焉とハーレム計画の本格始動を兼ねた物となりそうです。
そう思えるからかな。
セフィがモモの真意に触れてきそうな引き方にも納得でした。

終わりに

ハーレム計画がどう姿を変えるのか。
それがポイントになるのかな。

モモが自分自身の気持ちを最優先して、ハーレムを廃止、バトルロイヤル的な風になるのか。
僕の想像を絶する新たなハーレム計画を推進しようとするのか。

モモの反応に期待。