読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第71話:感想

【漫画】月刊ジャンプSQ. 漫画

この記事は

To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第71話の感想記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

To LOVEる-とらぶる-ダークネス」第71話「The reason that I fight〜守る理由〜」 感想

クロが大変お怒りの様です。
よっぽどヤミがダークネス化したのが気に食わなかったようですね。

そんなクロを逆なでするかのように、まさかのダークネス化ですか?

いつのまにやら自由に変身出来るようになったのでしょうか。
そうなのだとしたら、相当ダークネス状態に身体を慣らしたのでしょう。
変身に慣れて自然体で過ごせるようになれば、興奮状態も沈まるし、好戦的な面も消えると悟空さんも言ってました。
恐らく同様の理屈で、ダークネス化を維持し続けた事で、興奮状態(えっちい気分)を沈められるようになったんじゃないでしょうか。
きっと、そうに違いありません。

兎も角、本格的な戦いは必須。
僕の見たい、最高のデレ顔…というか、デレでは無いですね。
赤面顔ですね。
ヤミの赤面。
これが見れるのは次々回になっちゃうのか。
詰め込んで、次回でエピソード完結。晴れてお披露目まで持って行ってくれるのか。

勝手に前回の感想通りの展開が描かれると思い込んで書いちゃってますが…。
期待してますよ、まだまだw

クロさんの怒りに焦点を当てる。

前回の感想で、クロはヤミに
「人としての感情を持ち人と成り得るのではないかと期待」しており、それをダークネス化で不意にされた事で落胆していると想像し書きました。

今回を読んでも、そうだったんではないかと改めて感じたのです。

クロの依頼内容はあくまでも「リトの抹殺」です。
他の人間はターゲットに含まれておりませんし、クロの仕事に於けるポリシー(のようなもの)として「無関係の人間を巻き込まない」というのがあると想像出来ます。
(この辺若しかしたら無印時代に言及されてるかもですが、今回原作無印を参照せずにこの感想書いてます。)

それなのに、「生態兵器は消滅させる」とまで言ってます。
依頼を受けた時点で決意を固めた…と。

物凄くお怒りです。
ターゲットでは無いメアやネメシス、そして、間違いなくヤミも抹殺対象にしてしまっています。

何をそこまでお怒りなのか…と考えてみても、やっぱり1つしか答えを出せないんですよ。
「期待を裏切られた」。
よっぽど堪えたのでしょう。


物語は進展し、ヤミが登場した際、クロはヤミにこう言ってますよね。

「あの時も…始末しようと思えばできた」
「見逃してやったのはただの気まぐれだ」

と。
ここで言う「あの時」とは、「クロが組織(エデン)を壊滅させた際、初めて顔を合わせた時」でしょう。
この時点で、クロはヤミが「何者であるか」を正しく理解しており、見逃したのは気まぐれでは無いのでしょうね。
「人間になれる」「人間として生きて行ける」
そのような期待なり希望なりをヤミに抱いて、故に、見逃したのではないかと。

この見解は70話の感想にも書きましたが、より具体的にクロの想いが読み取れた気になっているんです。
前回は

兵器としてではなく自由に好きなように生きろとクロは言いたげです。

と書きましたが、もう一歩踏み込めんで、理解出来た気になりました。

だから、やっぱり、「人間として生きてますよ」って示さなければならない。
そうじゃないと引込められないのでしょう。


これは、メアの「リトを守る理由」を聞いても動じなかった点を見ても、そう思います。

無印148話からの「クロ初登場シリーズ」では、ヤミがクロに「人間らしい一面」を見せてるんです。
「友人に手を出したら許しませんよ」という想いをぶつけてるんです。
僕としては、だからこの時クロは手を引いたと考えています。

今回のメアは、当時のヤミ以上に具体的に・想いを込めて「リトを守る」と言っています。
メアの告白を聞いて、誰がメアを兵器だと思えるでしょうか。
自身の経験を踏まえ、感じた気持ちを素直に吐き出している。
心の籠った想いからは、心を感じるし、兵器とは決して思えません。

それでも、クロは鼻で笑った。
「笑わせるな」と。

所詮、お前らは兵器なんだと。


ヤミの「守りたい」という人間的な面を見て、クロとしては間違いなく喜んでいたに違いありません。
しかし、ヤミのダークネス化によって、その時の気持ちを踏みにじられた。
期待は裏切られ、「所詮、兵器は兵器か」という70話の時の気持ちに繋がって…。
だからこそ、同じような理由…「人を守りたい」では、クロは止められないんですよね。
例え、その理由により気持ちが込められていようと。人間味に溢れていようと。


他人を守りたいという人間らしい行動以上のモノをやはりクロには見せる必要性が生まれました。
うん。
告白だよ、告白。


もう、ヤミがリトに告白するしかないんですよ。

終わりに

頑張れクロ(笑

君が意地になってヤミ達を兵器だと言い続ければ、ヤミがリトに告白せざるを得なくなるはず!!
頑張るんだクロw