アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

実際に行ってみなきゃわからなかったAqoursの怪談ダッシュの過酷さ 「ラブライブ!サンシャイン!!」聖地巡礼考察

この記事は

沼津に行って来たずら。


あわしまマリンパーク

という訳で、友人の運転で静岡県は沼津市へと日帰り旅行へ行って参りました。
色々行きたかったところですが、日帰りだと時間もあまり取れません。
片道2時間弱ですからね。
そこで、1か所に絞って、あわしまマリンパークで遊んできましたよ。

ここは、果南の実家のスキューバダイビングショップのモデルとなったカエル館がある為か、でっかい横断幕を掲げて第2回センターおめでとうと島を上げて果南を応援されている様でした。
f:id:nuruta:20161212225932j:plain
(すみません。聖地巡礼記事のくせして、画像は殆ど拾いものです。)

このパークにあった、ありました。
あの階段が。
f:id:nuruta:20161212230421j:plain
Aqoursのメンバーがへとへとになりながらも昇っていたあの階段です。
ここでようやく自分で撮った写真を上げますが、実際の看板がこちら。
f:id:nuruta:20161212230755j:plain
作中第4話でも描かれていましたけれど、この階段の先には淡島神社がありました。
f:id:nuruta:20161212230917j:plain
f:id:nuruta:20161212230928j:plain
小さな神社ですが、熱狂的なラブライバー達の熱い想いが絵馬に込められてましたね。
こういうのあまりよくないなと思いつつも、絵馬の願い事を読んじゃいましたが、殆どの人が1stLIVEの当選を祈願していました。

僕も同じ気持ちです!!
(一次抽選は落ちてしまったんだよな…。)

想いは一つなんだな~と実感したのですが、この神社に辿り着くまでが滅茶苦茶大変。

看板で「がんばって」と書かれていた意味が、自分で昇って見て初めて分かりました。

往復50分に騙されるな

パーク内の案内板には、淡島神社まで往復で50分と書かれており、大したことないじゃんと思う訳です。
が、これが大きな間違いでした。

階段は階段でも、ただの階段じゃないんですもの。

足場が悪いのなんて序の口、当然として、階段そのものが急傾斜になっているので、一段一段上るだけで息が切れるんです。
肺が悲鳴を上げ、頭はくらくら、膝はがくがく。
(椅子のある)休憩スペースは僅か2か所と少なく、途中に自動販売機も無い。

冗談では無くて、10段も昇ったらしんどくて、しんどくて大変。
f:id:nuruta:20161212232232j:plain
滅茶苦茶過酷な階段でした。

これを楽々と上り下りしてる果南は超人だと思いましたね。
てか、初めてで完走したルビィ、恐ろしい子。


正直、花丸の気持ちが一番理解出来ました。
ありゃ無理だわ。

終わりに

実際に降りる方向に向けて「走るな」と書かれた看板がありましたが、決して現地で走ろうなどと思ってはなりません。
恐らくガチで死にます。
勢いがつきすぎて、転がり落ちちゃう危険が非常に高いです。

それほどの急傾斜なので、元々走るようには出来ていないのでしょう。



アニメでは、実際の階段のように自然な感じではなく、きちんと整備された階段として描かれています。
f:id:nuruta:20161212234106j:plain
なので、完全に同一視するのは野暮ですが、それでもモデルとなっている以上しんどさは似たり寄ったりなのだと思います。

そんな階段を走って、体を鍛えたAqours。
彼女達がどれほど過酷な思いをして、アイドルを目指していたのかが身を持って体験出来ました。
僕には無理です。


f:id:nuruta:20161212232852j:plain
しゅかしゅーサインを発見したよーそろー