読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「名探偵コナン」 第88巻 感想

この記事は

「名探偵コナン」第88巻感想記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

はじめに

来年公開の「純黒の悪夢<ナイトメア>」は、赤井と安室のバトルが見所らしいですね。
2人の因縁の元になったスコッチの死。
映画に向けて、いよいよスコッチについての「謎解き」が始まった感じでしょうか?
4月に90巻を発売して、その中でスコッチの死に関するエピソードが語られて、直後に映画という流れになるんじゃないかな。
サンデー本誌でそろそろそんな話が掲載されると予想(笑

はい。
88巻感想です。

File.266「ビッグカップルの秘密」

実に綺麗なトリックでした。
布団圧縮袋か…。
そこまで考えつきませんでした。

動機はなんとも独り善がり。
こんなことで殺されちゃ、たまりませんね。

File.267「調味料を使いすぎる容疑者」

盛りだくさんのエピソード。
事件面は、やはりトリックの面白さ。
簡易掃除機のトリックには驚きました。
原理を知ってれば驚くような事ではないんでしょうけれど、知らなかったので素直にビックリ。
犯人が現場に留まってまでホースをぶん回していたという奇妙なシチュエーションを作っていて、ミステリ的な付加価値も大きくてとても面白かったです。

絵にヒントを仕込んでるのも良いですね。
眼鏡の違いには気づかなかった。

世良周りに関しては、はっきりしたことが2点。
もう隠す気ゼロなのか(隠し続ける理由が無さそうですし)、次兄が秀吉だと判明。
今後世良関連の謎解きを進めるにあたって、秀吉は関係してこないのかもですね。
組織とかとは無縁ですし。

2つ目は領域外の妹の本名…なのかな?
しきりに「まりちゃん」連呼してたので、絶対に何か今後の伏線的なものだと思いながら読んでいたら、エピソードの終わりで早々に披露。
世良があっという間に帰ったのは、コナンに「メアリー」という名前を敢えて知らせる為なんでしょうね。

世良のことなので、ハンカチを店に忘れたのも、コナンにハンカチに書かれた名前を見せる為なのかな。
全て計算で、なんらかの理由を付けてラーメン店にコナンを誘って、コナンにハンカチが渡るように仕組んでいた。

携帯の写真といい、世良は「領域外の妹の正体」をコナンに「思い出させようと」している節がありますね。
思い出す事そのものが「領域外の妹」からの信頼を勝ち取ることになっているのかもしれませんね。

File.268「ゾンビの館の惨劇」

事件的には88巻で一番の目玉。
まさか魔王剣を持った鬼まr…じゃなかった。
中の人繋がりでのセルフパロディでしたけれど、実に平次がイキイキとしてました(笑
久々に愛剣を手にしたからでしょうかw
あのままノリでコナンに「勝負だ、鉄刃―!!」と挑んで行ったら完璧でした。

自然にアクションを入れつつ、事件にゾンビの要素が溶け込んでいるのも凄かった。
死体消失トリック、映像トリック、トイレットペーパーによる透かし等々アイディアも盛り沢山で満腹。

中でも一番のお気に入りは、このコマ。

作中での説明が無かったですが、これも映像トリックの伏線になってたんじゃないかなと推測してるのです。
ラーメン店のエピソードでもそうでしたが、ちゃんと絵を見れば謎解きが出来るようになっていて、作中で説明されていたTシャツや顎鬚がその最たる一例。
あからさまにならないように、アップで顎鬚が見えない様にしていたりと工夫の跡が見て取れます。

で、上のコマ。
不自然に「壁に残った血の跡」が中心に来ていて、ちょっと引っ掛かりを覚えました。
遡って恭子が襲われてる際の映像を読み直して、「血の跡が映像の中と実際では異なる」点に気づけました。
映像の中では"F"のような形で残っていたのに対し、実際は"「"とかぎかっこのような形。
ここから「過去に撮られた映像を流用したトリック」だと想像出来たのです。

「コナン」は「読者が推理できる伏線が無い」と言われてる事がありますけれど、そんなことはないよという典型的な伏線の1つでした。

File.269「ガールズバンド殺人事件」

日高のり子&山崎和佳奈&松井菜桜子、ベテラン声優がアイドルユニットデビュー!
RBB TODAY / 2015年12月2日 19時18分

 日高のり子、山崎和佳奈、松井菜桜子たちベテラン女性声優がアイドルユニット・backdropsとしてデビューすることがわかった。
 backdropsはPCブラウザゲーム「リングドリーム 女子プロレス大戦」から誕生したユニット。デビュー曲「Don't fly!」をひっさげて、29日に東京・後楽園ホールで行われる「第2回リングドリーム主催 DDTプロレス興行 Encore〜星空プロレス〜」でデビューする。

 日高のり子は「らんま1/2」天道あかね役や「タッチ」朝倉南役、山崎和佳奈は「名探偵コナン」毛利蘭役、松井菜桜子は「名探偵コナン」鈴木園子役などで知られる声優で、全員芸歴20年以上という“新人ユニット”だ。まさかのアイドルユニットデビューがファンに衝撃を与えるなか、松井は2日にTwitterで「マジなんだなこれが」とツイートしている。

ちょっと前に衝撃を受けたニュース。
ここでは触れられてませんが日高さんは世良役を担当されています。

この事を事前に知った先生が、敢えて「コナン」に取り入れたのでしょうか。
今エピソードの掲載時期やユニットの準備期間を考えれば、案外在りえそうな話ではあると思うのですが…。

兎も角として、ガールズバンド(アイドルじゃ無くて)として動き出した蘭達3人。
貸しスタジオに行けば、自然と殺人事件が起こります。
当然ですね。
放課後にティータイムしてる余裕なんてありません。

恐らくまたしても映像にヒントが残っているのでしょうけれど、さっぱり分かりませんw
糸で絞殺して、服に縫い付けたのでしょうか。
随分頑丈な糸でないと無理ですね。
分かりません。

事件は置いといて、世良周りの謎解きですよ。
安室が世良を知っていたようだった伏線は回収されました。
赤井、安室、スコッチが組織の活動(?)で一緒に行動していた時に世良が偶然居合わせたのですね。
少しずつですが伏線の回収がされていて良い感じです。
89巻でスコッチについてより深く踏み込んでくれてたら良いな…。

終わりに

ウェブで考察されているように、世良と灰原は従姉妹なんでしょうね。
秀吉が「父親似」であるということは、領域外の妹メアリーと宮野エレーナが姉妹で確定。
エレーナはイギリス人ですし、父親どうこう無視してもこれ以外の可能性は無いですから。
これで灰原が天涯孤独という悲しい状況に光が差したので、灰原的に救われる事になった訳ですけれど。

問題はジンとの関係かな。
髪の毛を見ただけで、灰原の髪だと分かるとか普通じゃありません。
この伏線はまだ未回収です。
当時はジンと灰原が恋人だったんではとか言われてましたけれど、恋人といえど髪の毛で個人を判別出来るものなのでしょうか。
甚だ疑問です。
もしももっと深い関係だったのならば…。

例えば血縁者。
メアリー、エレーナ、ジンが兄妹説(笑

血縁者だからと言って、髪の毛1本で個人を特定なんてどだい無理ですけれど、そこは何らかの「血縁者同士にしか通じない何か」が髪の毛に残ってるとかなんとか(かなり苦しい)

ううううううん。
無いか。
裏付けするものが何も無いですし。

ところで、領域外の妹は何故にアポトキシンを飲んだんでしょうね。
これもまだまだ謎ですね。

名探偵コナン 88 (少年サンデーコミックス)

名探偵コナン 88 (少年サンデーコミックス)