アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「食戟のソーマ」 ソーマVS美作は熟練度で決して欲しい

この記事は

「食戟のソーマ」の記事…なの?
最近のマイブームは「プーさん 癒される画像」でググる事です。

はじめに

料理漫画って難しいのかもな〜と最近とみに感じています。
文字と絵だけで「味」を表現しないとですからね。
その表現方法の1つとしてリアクションが有るんだろうなという事は以前記事にもしちゃいましたが、それ抜きにすると「うんちく」位しか出来なくなっちゃう。
要は、食材やら香辛料やらの希少性とか高級さとかを謳って、「だから美味いんだ」という論法に持って行く。
若しくは高度な料理手法を取り込んでいるから(=料理人の腕が素晴らしいから)とかね。
読者としては味わった事が無い料理だから、描かれている事実そのままを受け入れるしかない。
何が言いたいのかと言えば、自分の舌で味わった事の無い料理の味は、漫画(勿論ドラマ等々全てのメディアを含む)では分からないという事。

…。
まあ、当然ですね〜。
ここは漫画どうこうの問題では無いですね。
ただ、「対決」を取り込んでいる料理漫画では、無碍に出来ない点なのかもしれないなと。
故に難しそうだなって思うんです。

料理対決とアイディア

そもそも味なんていうのは人によって好き嫌いがあって、単純に優劣を付け難い事。
料理対決って、だから審査員の好みに因る部分がとっても大きい。
とはいえ、「こっちの料理の方が好き」とか審査員が「自分の味覚だけに頼った裁定」だけをしてるとつまらない。
読者としては共感できないんです。
味が分からない上に理由にまで共感できないと、どこで対決の勝敗に納得すれば良いのか分からなくなりそう。

だからかな。
殆どの作品では、なるべく「自分の好み(味覚)だけで判断を下してるんじゃないんだよ」という事に力が入れられているように見受けます。
料理に対する薀蓄もそうだし、食材やらの希少性らを強調する事も然り。

で、もう1つ分かり易いのが「アイディア」ですね。
これを多用する事で、"味に説得力"を付加しているのかなと。

嘗ての「コミックボンボン」読者になら通じると思うんですけれど、「OH!MYコンブ」や「コングルGood」等がとっても分かり易いです。
料理漫画にアイディアを全面的に取り入れた作品であり、前者はリトルグルメとして。
後者はコンビニグルメとして、「お菓子などをアレンジして子供にも作れる手軽な料理」を描いていました。

茶スパ(永谷園のお茶漬けの素をスパゲティにかける)とか未だに覚えてますね。
子供時分にいくつか真似したことありますが、残念なモノもあればイケるモノもありました。
実際の味は兎も角として、普段組み合わせる事の無い食材(お菓子)を組み合わせて1つの新しい料理にするというアイディアに溢れていて、作中ではそれらが「美味い」と絶賛されてる訳です。
納得出来ちゃうんですよね。なんだか。
ワンアイディアを加えられた料理って美味しく見えちゃうんです。

既存の料理にしても、斬新なアイディアを取り入れて「より美味しい料理」にするというのは、田舎のおっかちゃんでもプロの料理人でも当たり前のようにやっている事だから、「アイディアを入れると美味しくなる」というのは説得力があります。

ただ、「アイディアの量」が「より美味い料理」に直結してる展開ばかりだと、それはそれで「うううん」ってなっちゃうという我儘体質…。
そこで注目してるのが「食戟のソーマ」の今の展開です。

「ソーマ」の中で美作昴っていう面白いキャラが出て来てます。
名前のイメージに反してごっつい外見の男で、こいつがまあ嫌らしい料理スタイルを取っているんです。
対戦相手の事を徹底的にストーキングして、「どんな料理を作ってくるか」想像する。
その料理を完璧にトレースした上で、相手がどんなアイディアを取り組むのかまで予測し、その上をいくアイディアを取り入れて、「相手と同じ料理でも相手以上の味の料理」を作り勝利を収める…というもの。

美作と最初に当たったのがタクミ。
僕はこの対決で、タクミに勝って欲しかったんですよね。
美作が「分かり易い悪役」だからとか「タクミの方が好きだから」とか言う理由では無くて。
「アイディアの量」を「料理人の腕」で負かして欲しかったんです。
タクミが何度も作ってきた「自分の料理」の方が、美作が猿まねの上にアイディアを重ねた料理より「熟練度」を理由として上で有って欲しかったのですが…。

美作をより悪役として映えさせることで、主人公であるソーマとの勝負にいっそうの見応えが増しましたけれどね。
是非ソーマには、これまでの経験・作ってきた回数の差という所で、美作を負かして欲しいな。

終わりに

自分でも何が言いたいのかさっぱり要領得ない事をだっらだらと書きました…。
纏める時間が取れなかったので、適当に書き連ねてしまったんですが、えっと。
結局言いたい事は

女性キャラが全員敗退してしまって悲しい

ですね!!(違)