読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「ニセコイ」 3人のヒロインと10年前のヤクソクに関する最終推理

【漫画】週刊少年ジャンプ 漫画

この記事は

「ニセコイ」の妄想爆発記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

はじめに

第11巻の内容中心にヤクソクについて考えを巡らしてみたいと思います。
この巻には楽の記憶喪失事件の顛末が収められています。
そこで、かなり重要なヒントが提示されていました。
纏めてみます。

・タイトル不明の絵本を小咲が所持
・絵本は悲しい結末で、楽がハッピーエンドに改竄
・万里花は絵本について何かを隠している素振り
・4本目の鍵の存在
・楽が思い出した千棘の事

・ヤクソクの子の目の色は黒か茶

こんなところです。

ということで、超妄想第2弾。
以前書いた記事と割と違う事を書いてます。
僕の今の考えはこちらということで、ご容赦ください。
参考:「ニセコイ」 超妄想。運命の女の子の正体と約束の謎に関する推論

絵本について

絵本についてもう少し情報を整理してみます。
第5話で初めて出て来た絵本と女の子の件。
話し進んで、62話で華が「千棘と絵本とリボン」について語っています。
華によれば

10年前…
あなた(千棘)と坊や(楽)が夏の間一緒に遊んでた事があってね…?
当時あなたが好きだった絵本の中にそんなリボンを着けた女の子が登場するの
あなたは坊やに「このリボンがきっと似合うよ」って言われて
慌てて私にせがみに来たのよ

とのこと。
千棘の好きな絵本というのは、小咲の部屋にあった絵本と同じもので間違いなくて。
第29話で描かれていた10年前の千棘(楽と出会って暫く経っている状態)は既にリボンをしているので、時系列的にも辻褄が合います。
ここから分かる事は、千棘がこの絵本を10年以上前から好きだったこと。
間違いなく同じ絵本を所持していたのでしょう。

では、小咲はどうか?
彼女の部屋から絵本が出て来たのだから、持っているかどうか検証する事すらバカバカしい。
本当にそうでしょうか。ここも疑ってかかってもいい事ではないかな。

小咲の部屋から出て来た絵本が"誰の物"か。
1つは当然小咲自身の物。
…にしては、小咲の絵本に対する思い入れというのかな。
記憶に関しても、どうも愛着が無さすぎる嫌いがあります。
彼女自身どうして忘れていたのか分からなくなっているようですが、単純に「自分のモノでは無いから」ではないかな?

ということでもう1つのケース。
小咲の部屋から出て来た絵本が、千棘の物だった場合。
このケースに絞って妄想を爆発させてみます。

先ず、丘の上で絵本の結末に悲しくて泣いていた少女というのが千棘ですね。
つまり、楽が絵本の結末を変えてあげたのも千棘であり、楽が記憶している思い出の中の少女の"外見"は千棘という事になります。
以来2人は仲良くなり、一緒に遊ぶことに。

さて。
話を少し変えて、5歳の時の千棘の日記について見てみます。
楽と出会ってから彼と楽しく過ごした日々について書かれた日記。
この日記、少し不自然です。

作中で読まれた日付だけ抜き出してみます。
7月30日
8月2日
8月5日
8月9日
8月12日
8月15日
8月18日
8月21日
基本3日置き。
当時の千棘が毎日書いてなかっただけかもしれない。
毎日書いてたけれど、作中でいちいち描いてなかっただけかもしれない。
日記の記述から7月31日も2人は遊んだようですが、毎日遊んでいた訳では無い可能性も見出せます。
というか、普通に考えれば遊ばなかった日もあったというのはごくごく自然です。

この「千棘と遊んでなかった日」に楽は小咲や万里花と出会い、遊んでいたのかもしれません。
やがて、療養中で外出できない万里花はそのままに、小咲を交えて3人で遊びだした。

楽が3人のヒロインとどの順番で遊び始めたのかは定かではありませんし、それは重要ではありません。
重要なのは5歳にして、3人もの美少女をとっかえひっかえ…

閑話休題。
えと。絵本がヤクソクに大きく関わってくるのは確実ですよね。
ここを抑えて置いて、次に万里花に焦点を当てます。

万里花の物語

万里花初登場時のエピソードを振り返ってみます。
彼女はこの頃から秘密を抱えている節がありました。

引っかかる点は「昔の事を必要以上に思い出さないで欲しがっている」こと。
36話で「もう無理に私の事を思い出さなくても結構ですよ?」と言ってます。
反して、楽が必死に思い出そうとするのを制止してまで思い出させないようしている。
「これからの私」を強く強く強調しているんです。
そういえば、楽が記憶を失った時も似たような事を言ってましたね。

で、この直後屋上にて「楽、小崎、千棘の3人が10年前に友達だった」と告白した場にいた万里花は、何か覚えてないか振られ「知らなかった」と言っております。
「鍵が3本もあることを知らなかった」
当時は本当に知らないんだと受け取ったのですが、今思えばこれも疑わしい。

万里花は本当は全て覚えているんではないか。
楽達3人の鍵と錠の秘密を知っているんではないでしょうか。

知っていると仮定すると、「絵本について知らんぷりを決め込む態度」にも納得いく説明が付けれるんです。
昔の事を必要以上に思い出させたくない理由にもなる。
僕が思うに楽は10年前に2つの約束をそれぞれ別の子と交わしていたんじゃなかろうかと。

1つは万里花と。
10年前楽と万里花の間で交わされた約束はただ1つ。
「結婚の約束」。
これは本人が36話で言っていて、ここは本当の筈。
嘘を吐く理由が今のところ思いつきませんので。
もう少し正確に言えば「楽がこの約束をしたつもりは無い」可能性が高いんじゃないかなと。
彼自身「約束したのは1人だけ」と断言しているから。
いくら記憶が覚束無いとはいえ、ここまでスッパリと忘れていたら万里花があんまりなので。
楽自身「約束をした」という認識が無かったから、覚えてないのではないでしょうか。

もう1つが、万里花以外の子と「絵本」に関連した約束ですね。
所謂「楽の記憶している女の子と交わしたヤクソク」。
万里花はこれを当時楽から聞かされていたのではないでしょうか。

つまりは「楽の記憶している女の子と交わしたヤクソク」が時系列的には先で、その後に万里花との約束をした。
楽の気持ちが自分では無く別のヤクソクの女の子の方に向いていると感じたからこそ、万里花は10年前の事を楽に思い出させたくない。
この説を補強するなら、万里花と一緒に撮られた写真ですね。
一条家の蔵の中から出て来たこの写真には、幼い楽と万里花が写ってましたが、楽は首からペンダントをぶら下げているんです。
写真を撮った時点で楽は既に「ヤクソク」を交わしていることになります。
その相手は万里花なのでしょうか。
撮影直前にペンダントと鍵を使って、絵本になぞった約束を交わしていたのか?
違うと思います。
もし万里花ならば、関係大有りの絵本とヤクソクの関連性をあの場で皆に自慢げに語っていたでしょうから。
ペンダントの存在そのものが、万里花のヤクソクの子ではない証拠になりそうな気がします。

「髪の長い女」を嫌っていたのは、ヤクソクの女の子の髪が長かったから。
ようは嫉妬ですね。
万里花の鍵も同じような事ではないかなと。
楽から絵本になぞらえてしたヤクソクを聞いていた万里花は、ならば自分もと鍵を持ち始めた。
実際何らかの錠前のついた何かに「楽と交わした約束の証拠」が収められているのかもしれません。
楽に書かせた結婚誓約書の入った箱とかw

もう1つ、万里花の謎と言えば御影と話していた時に出た「あの事」。
何の事でしょうね。
2つほど考えてみました。

1つは楽以外にフィアンセがいるんではなかろうかというもの。
期限が設定されていて、期限内に楽と恋人になれたら楽以外との婚約は破棄されるが、楽と恋人になれなかったら、そっちと結婚しないとならない…とか。
この場合、万里花父は万里花を応援している側ですね。
ただ、そうすると本田さんの役割がイマイチしっくりきません。
何を「監視」してるんだろう?と。
本田さんの役割が分からないんです。

2つ目は、万里花の体調。
正直滅茶苦茶悪いんじゃないのかな。
楽から体調を気遣われたのに嘘を吐いたのは、自分の本当の病状を知られたくないから。
心配かけさせたくないから、それを理由に気を引きたくないから…とか。
例えば、治療の為外国等遠くに長期に亘って行かねばならない予定があって、それまでに楽と「正式な婚約」をしておきたい…。
こうすると、本田さんの立ち位置も一応納得出来そう。
彼女は「万里花の病状・体調を監視」している人。
常に万里花の体調を気遣っていますし、こう言う役目なら「護衛」とは言いませんからね。
あの格好で実は医師又は看護師なのかもしれません。

なんにせよ…です。
万里花は「ヤクソク」の子では無いと僕は思っています。

千棘&小咲の物語

次。
我らが小咲さんです。

絵本は小咲のものではないんじゃないかというのは先程書きました。
では何故彼女の元に絵本があるのか?

28話の小咲の証言を振り返ってみます。

私が5歳の時の夏
私はある男の子と仲良くなって
お別れの時にこの鍵を貰ったの
(中略)
その子は一条君と同じペンダントをつけていた気がするの

ポイントは、何時の時点で楽はペンダントをしていたのか…です。
ちょくちょく描かれる5歳の頃の楽は基本的にペンダントをしておりません。
当然ですよね。
あのペンダントは、ヤクソクの際に身に着け始めたものですから。

つまり、この小咲の記憶に出てくる楽は「ヤクソク後」であることが窺えます。
この期に及んで伏せる必要は無いので、僕の考えをそのままストレートに書いちゃいますが…。

千棘がヤクソクの子であり、楽は最初に千棘とヤクソクをした後別れます。
その後、小咲と万里花の順番は不明です。
どちらが先なのか分かりませんが、千棘の後に小咲と別れた。
この時楽は小咲に鍵を渡したのでしょう。

今まで千棘と小咲の2人とヤクソクをしていたのだと頑なに信じ、願っていたのですが、うううん。
冷静になってみると、千棘一択なんですよね(汗
ただ、小咲の鍵は当然ヤクソクに大きく絡んでくると思っているんですね。
絵本を千棘のモノと解釈したのはその為。

そもそも楽と千棘のヤクソクが何だったのか…。
「ごっこ遊び」だったんじゃないのかなって。
絵本を脚本に見立てた「劇」であり、だから2人は絵本の通りの台詞を交わしている。
ただし、ただの遊びでは無く、再会を約束した意味も込められていたのかなと。


千棘と小咲が絵本の一部を"封印"する事から「ヤクソク」は始まります。
2人は、楽が改竄した絵本のクライマックス部分だけを切り取って、ペンダントに入れて月型の鍵で錠を閉めます。
更に十字架型の鍵で二重の錠を掛けると、ペンダントと鍵は一旦千棘に戻し、絵本は記念として小咲へプレゼント。
別の日。楽と千棘が芝居を始めます。
絵本の台詞と共に、千棘が楽にペンダントを渡します。
このシーンが楽の記憶に残っている。
直後、十字型の鍵が千棘から楽に渡されたんじゃないかな。
これが記憶を失くしていた楽が思い出した事。
こうして千棘と別れた楽は、ペンダントを首から下げた状態で小咲に十字型の鍵を渡す。

千棘が小咲と楽、それぞれと「再会」を願ってヤクソクを交わし、ペンダントは二重鍵構造になっている。
月型の鍵(千棘所有)でペンダントの錠が開かなかったのは、先に十字型の錠が掛かっていたから。
小咲⇒千棘の順番でペンダントの錠を開けていき、中から絵本のクライマックス部分のページが出てくる。
3人の友情の証として…。


当時の千棘が「楽と結婚しても良いかも」と思っていたのは本当の事でしょうけれど、ヤクソク時に交わした言葉の中にはそういった感情は籠っておらず…。
絵本の台詞を模したのは、絵本の内容のようにいつか再会が叶う事を祈って…。

3人が揃わないと開錠できない10年前の友情譚が真相…と妄想。

終わりに

4本目の鍵ですか…。
無いということでw
ただのブラフなんじゃないかな。
てなこと書くと、「書いた事が必ず外れる」僕の事。
1年以内に4つ目の鍵を持つ4人目の美少女が現れるかもですけれどw

えと。
取り敢えず、万里花の物語と千棘&小咲の物語は全然別なんじゃないかなと。
万里花の物語は、未来の話。
何かしらに囚われている彼女を楽がどう救うのかが見所になるんではないか。
千棘&小咲の物語は、過去の話。
過去の愛(千棘)と今の愛(小咲)、両方に向き合って、楽がどのような選択をするのか。

この2つの物語に、春や鶫がどのように関わっていくのか。
小野寺姉妹エンドに向けて突き進んで欲しいという願望は置いといて…。
この先の恋物語を楽しみにしていきたいものです。