読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 十年目の再会」 感想

ライトノベル

この記事は

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない 十年目の再会」の感想記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

はじめに

あっはっは…。
BD、明日発売だと思ってた。ついさっきまで…。
とっくに発売されてたの知って、慌てて家の中探してしまった。
ネット通販も便利だけれど、あれですね。
ちゃんと確認せんとダメっすね。
最近はメールもろくにチェック出来てないからな〜…。

という事で、1週間遅れの感想です。

ずっと忘れずにいたい

有り体な感想だけれど、作者のメッセージが色濃く出ていた部分に大いに共感です。
桐乃が珠希に言っていた台詞は、まんま作者から読者へのメッセージなのでしょうね。
「漫画でも、小説でも、アニメでも」って部分は。

ここで、「小説」を入れてくるところがミソですよね。
この時の桐乃は、優しく珠希に語りかけています。
珠希の気持ちになって、同じ目線で語りかけている。

そうすると、「小説」というワードが出て来る事は幾らか不自然です。
一般的な観点から見れば、とっても自然ではあるんですが、小1の珠希にとってはちょっと慣れ親しみの無い物。
まだ活字媒体にはあまり縁が無い年頃でしょうから。

完全に珠希の観点に立っての台詞であれば「漫画でも、アニメでも」だけでこと足ります。
だから、僕は思うんです。
このセリフは、珠希への言葉に見せかけた、作者から読者への言葉なのだと…。
「小説」である「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」も、忘れないで居てくれる限り、ずっといつまでも一緒だよ…と。

アニメから入ったとはいえ、原作を滅法気に入り、そして名残惜しさがまだまだ心の中に燻っているのですが。
この言葉で、漸く区切りを付けられた気がします。
これまではスピンオフでも何でも書いて欲しいと思ってましたし、もし関連書籍が発刊されれば喜んで飛びつきますけれど…。
一先ずは、表だって望む事は止そうかなと。

作中で「もう、この作品は終わったんだよ」と言われてしまったので。
先はあるかもしれないけれど…それでも終わった。続きは無い。

10年後の「メルル」リメイクを見た珠希。
「おかえり」と言ってました。
彼女と同じセリフを10年後、原作を読み貸す事で。BDを見返す事で。
僕も言えるようで有りたい。
言えると思うんです。
僕は10年位では忘れる事は無いと思っていますから。
既刊の細かい部分は既にどんどん忘れて行ってますけれど…………。
そこは、まあ、人間だもの…。
今度読み直そう。

はっきりと描かれなくて良かった10年後。

読む前は「原作未読者にとってとんでもないネタバレになるんじゃ?」と思っていたのですが、そうじゃない内容で、ちょっとビックリ。
そして、同時に安心もしました。

10年後の京介らがどうなっているか。
知りたくなかったわけではありませんし、やっぱり興味はありました。
けれど、"知りたく無かった"という思いも同時に抱えていたんです。

なんといいますか‥。
最終回後の未来の姿を描かれると、これまでの物語がいっきに「過去化」しちゃうのが嫌だったんです。
全部「過去の思い出」にされちゃうと、しんみりとした気分になっちゃうというか…。
表現力も語彙も乏しくて、自分の気持ちを言葉に出来ないのですけれど、兎に角嫌だなという部分もあって。

だから、こういう話で良かったです。
確かに時が経ち、10年後の桐乃が描かれてしまった。
けれど、10年後の彼女のドラマは何一つ分かってないんですよね。
「何一つ」というのは間違いですね。
分かった部分もあった。

未だに黒猫との交友が続いている事。
多分平日なのに、家に居る事。(平日が休みの仕事なんて有り触れているので、ここからどうこう推測が出来ない事も良い)

そんで、高坂家に居る事…。

色々と勘繰れば、何とでも想像出来る事。
情報が描かれていないから。
穿った読み方は幾らでも出来ます。
でも、ここは素直に読んでみたい。

10年前の京介の願いは、10年後にも効力を失ってなかったんでしょうね。

「何処にも行くな」

10年後の京介が何処に住んでるかは不明ですが、今もまだ兄弟仲良く実家暮らしをしているのかもしれませんね。
はっきりと描かれずに、この位の想像の余地を残してくれる物語が心地よかった。
「10年前」の本編が色褪せる事無く、何度も読み返せるから。
また、最終回後に一層の希望を頂けるから。

作品の本当の最後を飾るに相応しい、素敵なエピローグでした。