読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」 第5話:4人のヒロインのリアクションと桐乃との関係性から見えるコト。

この記事は

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」第5話の感想記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

はじめに

やはり細かい所は、原作を読んでいると物足りなく感じてしまいますね。
もう少しじっくりと原作のシーンを描いて欲しいと思ってしまいます。
今回で言えば、例えばエンディング曲が流れている部分。ゲー研の皆が慰労に来るシーンとか。
きっちり台詞付きで見たかったんですが、まあ、仕方無いんでしょうね。
時間に制約がありますし。

という事で、必要最低限。
今後の物語に関係してくる部分を抽出して映像化していた印象が強かった第5話の感想です。

ところでブリジット役の久野美咲さんは独特の声というか、演技ですね。
1期の頃から思ってたのですが、普通に子供が声をあてている様にしか聞こえなくて。
でも、成人女性なんですよね。久野さんは。(1期の時は未成年)
特殊かつ凄い才能だな〜って。

閑話休題。
本編感想です。

4人のヒロインのリアクションと桐乃との関係性

京介と桐乃の関係に焦点をあてて(焦点も何も物語全体の軸ですがw)振り返ってみますと、大きなターニングポイントがこの少し先にあると思っております。
寧ろそこで「最終回」と言われてもおかしく無い位の展開が待っていて、その流れの始まりを描いていたのが今回。

だから、その一つのクライマックスに向けて必要なシーンを中心に構成されていたのかなと。
どこがどうとか書く事自体がネタバレになっちゃうので、これについて感想を続けることは出来ないのですが。

ただ一つだけ。
今回京介たちの偽装デートを目撃した4人のヒロインの反応から推測?出来る事を書いてみます。

先ず4人のリアクションを書き出します。

麻奈実。
道中で出会った2人の姿を見て、ビックリ仰天。
2人の間を本気で疑っているように見えました。

ブリジット。
まだまだ幼く、普通にカップルに見えちゃったんでしょうね。
自然とカップルと見做して接していました。

加奈子。
何かと斜に構えている加奈子らしく、普通に見なかったのかな。
2人の関係に疑いを持っていました。

黒猫。
物凄くショックを受けていましたよね。
完全に信じ込んでいました。

で、もう一つ、彼女たちと桐乃の関係を書き出します。

先ずは桐乃と麻奈実。
2人の間はいわば「冷戦」状態ですね。
と言っても桐乃からの一方的な拒絶ですが。
なので、会話などは子供の頃以来現在に至るまで殆ど無く、関係性は薄いとも言えます。
けれど、麻奈実は、色々な筋から桐乃の情報を仕入れているんですよね。
京介やあやせから。
あやせとの関係はアニメでは第2話で描かれていました。
現在では直接の接点は薄い両者ですが、麻奈実はある程度桐乃の事を把握しているんですよね。

次。桐乃とブリジット。
これは今回から分かりますが、桐乃の一方的な片思いw
桐乃がブリジットのファンというだけで、逆は"初対面"。
関係で言えば「何も無い」と言えます。

桐乃と加奈子。
表の友人関係であるんですが、結構微妙な間柄。
加奈子って意外と鋭くて、この時点で桐乃のどこまでを把握しているのかは実は分からない。
まあ、核心は無いけれど、桐乃の本性…裏の顔にも薄々気づいているという状態と見ても良いのかもしれないです。
さておき、友人関係である2人、そこそこお互いの事を知っているという事かな。

桐乃と黒猫。
これはいちいち書く必要も無く、この4人の中では最も桐乃の事を把握している人物です。
桐乃の表も裏も知っていて、桐乃も黒猫の事をまあ把握しているかな。


これを踏まえて進めます。

ここから見えるコト。

さて。
以上の事を纏めると、面白い相関が浮かびます。

加奈子⇒麻奈実⇒黒猫

の順で偽装デートを信じ込み、また、この順で桐乃の事を把握しているという事実ですね。
麻奈実と黒猫の順番は曖昧ですけれど、取り敢えずこの順だとします。
ブリジットは唯一この法則(?)から外れて、「何も知らないから信じている」形。

こうすると、桐乃の事を知っていればいる人物ほど、京介と桐乃の間を信じ込んでいるという事が見えてきます。

桐乃は京介が好きだという事を見破っているんでしょうね。
だから、「遂に行動に起こしやがったのか!!」と信じてしまったのかなと(笑

まあ、今回の京介と桐乃の会話は、いつも以上に痴話喧嘩にしか見えませんでしたしねw
そりゃ、4人のヒロイン達のリアクションも自然とこうなりますよね。

てなわけで、兄に彼女が。妹に彼氏が出来てしまうんじゃないかという事を臭わせていて、桐乃も京介もお互いに嫉妬している事が窺えて。
これがどう収束するかが見物だと個人的には思っていますが、はてさて。

原作を読んでいて、「このシーン、アニメで見てええええええええ」と思っていたシーンがそろそろ来るかと思うと楽しみで仕方ありません。
(結局ネタバレ気味の記述になってしまいました。反省)