読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

アートネイチャーのCMに起用されている声優陣の顔ぶれに関する考察(笑)

この記事は

アートネイチャーのCMに関する記事です(笑)
オチはつまらない事は承知している!!

アートネイチャーのCMに起用されている声優陣の顔ぶれ

ここ数年、髪の毛の悩みに悩まされてます。
生え際が年々後退して行ってる気がするんです。
まだまだ、そんな年齢では無いんですけれどね、一応。

どんどんデコが広がっている。
その内頭頂部まで焼け野原になるんじゃないかと今から戦々恐々としています。
あああ、怖い。

そんな中、琴線に触れるCMが流れています。
アートネイチャーの一連のCMですね。

といってもその内容に惹かれている訳では無いです。
ナレーションに耳が反応しちゃうんです。

池田秀一さん。
古谷徹さん。

シャアとアムロですよ!!
別に役になりきってナレーションを吹きこまれている訳では無いと思いますが、このコンビは誰がどう聞いても「機動戦士ガンダム」を想像しちゃいます。

程なくして、ナレーターが変わりました。

田中真弓さん。
古川登志夫さん。

共演作品も多い両雄ですが、最近のお2人と言えばルフィとエースですね。
「ONE PIECE」での戦争編直後というタイミングでの起用に思えました。
熱き兄弟が、マープソニックを熱く語るという。
「カツラじゃない!!育毛じゃない!!」って。植毛なんでしょうか?よくわかりません。

で、今は3代目にあたるのかな。

野沢雅子さん。
中尾隆聖さん。

「DRAGON BALL Z」の孫悟空とフリーザですね。間違いなく。
嘗て死闘を演じた2人が、「カツラじゃない!!育毛じゃない!!」と叫ぶ。

いやね、なんで、こういう分かりやすい声優さんのカップリングを起用しているのかなって。
ちょいと思う訳です。

起用理由を考えた

ちょっと調べてみたら、若年性脱毛症。
所謂若ハゲが、増えているそうですね。

ストレス社会とか言われて久しいですけれど、そういう生活環境の影響が多いらしいです。
更には、近年は低年齢化してきて、遂には10代にも及んでいるとか。
本来30代くらいまでは、脱毛は「有り得ない」現象らしいですけれど、色々な理由から症状を発症する人が多いとかなんとか。

で、日本では若ハゲを軽蔑する風潮が…ありましたっけ?
wikipediaには

薄毛率が比較的低い東アジア(特に日本と韓国)では、若ハゲは昔から軽蔑される風潮がある。
近年はカツラ業界や育毛剤業界が盛んにテレビコマーシャルを流しており、若年性脱毛症を深刻な悩みの原因とする若い男性は多い。

と記載があり、まあ、そういう風潮も…あるのかな。

確かに小学生くらいの時は、カツラを被っているというだけで恥ずかしいという変な認識はありました。
カツラを被っている事を笑いのネタにする風潮も確かにありますし、そう考えると…成程な…と。
「当事者」になってみると、クスリとも笑えない事ですけれども。

で、「若年性脱毛症を深刻な悩みの原因とする若い男性は多い」のも頷けます。
でも、だからといって、カツラとかに手を出したいとはやっぱり思えない。

さっきは「小学生時代は」とか書きましたけれど、未だにカツラに対しては良いイメージ持ててないので。
抵抗が強いんですよね。
今の若い子(別に薄毛に悩んでいる訳では無い子ら)は、ウィッグなどファッションのアイテムとしての認識の方が強そうで、この辺の感覚は薄そうですけれど。
それでも、抵抗感を持っている人の方が多いんじゃないかな?

んで、アートネイチャーのCMって、そんな僕ら世代に呼びかけているのかもしれないなと。
その方法として、メジャーな…アニメ・漫画に興味が薄い人でも知っているレベルの作品に出ていた(出ている)キャストを呼んでいるのかもしれないと思ったのです。

「機動戦士ガンダム」の世代は、上は40代くらいでしょうか。
未だにシリーズが続いている為、10代にも通じます。

「DRAGON BALL」は30代がメインかな。
今作も映画最新作が作られたり、リメイク「改」の放送など、子供世代にもファン層が広がっている「現役作品」。

「ONE PIECE」は20代が中心。
下の世代への影響は言わずもがな。

3作品とも、「若年性脱毛症」を発する10代〜30代に広く知れ渡っている作品なんですよね。
あくまで個人的な見解ですが、親近感みたいなものは湧きました。
知っている声で、知っている作品を彷彿させ、抵抗を薄めてくれているというか。

「カツラではない!!育毛でもない!!」という宣伝文句も非常にキャッチーです。
カツラに抵抗がある僕なんかに、「そうじゃないんだよ」と呼びかけているようで。

まんまと宣伝戦略に嵌っている気がしないでもないですが、最近のアートネイチャーのCMは巧妙だな〜と唸っています。

おわりに

ま、だからといってやってみようとは思わないんですけれどね。
さて、次はどんな作品なのでしょうね。

10代から30代の幅広い世代に知れ渡っているアニメというと…「コナン」とか?
「エヴァ」なんかも有り得るかもですよね。

でも、僕としては、違う作品に期待したい。
そうですね。

石田彰さん。
阪口大助さん。

石田さん「ヅラじゃない!!カツラだ!!」
阪口さん「オイイイイイ。カツラでも植毛でも無いから。変なこと言わないで下さいよ桂さん。
石田さん「カツラだと言っておろうが」
坂口さん「ちゃんと宣伝しろー!!」

みたいな。